TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 難波 精華小学校跡地の再開発予定地が転売?

難波 精華小学校跡地の再開発予定地が転売?

株式会社成信に売却された元精華小学校跡地ですが、精華小校舎愛好会代表のツイッターに大阪市会議員の辻よしたか氏との会話があり、プロポーザル提案による再開発を条件に売却したにもかかわらず、早くも転売に出ているそうです。

精華小学校跡地再開発計画 01
元精華小学校跡地の周辺模型。成信の提案内容は過去記事を参照のこと。

精華小学校の門には「管理 MK管財」という看板がかかっており、MK管財に問い合わせた所、売却予定との返答があったそうです。さすがにこのタイミングだとプロポーザルを踏み台にした計画的な転売なのではと勘ぐってしまいます。募集時の要項を見直すと、事業承継以外では8年以内の売却はできないことになっていますが…。

約36億円という一等地にしては破格に安い落札価格、たった2社しかまともな提案がなかった事実、そして何を作りたいのか曖昧な提案内容など、最初から怪しい雰囲気が漂っていた今回のプロポーザル提案。大阪市が関わっていることなので、のちのち大問題に発展する可能性もあります。何かの間違いであることを祈っています。

事実関係を追っていきたいので、何か知っている方はぜひメールを下さい。


(追記)早速この件に関する情報を頂きました。週刊文春3月7日号に精華小跡地に関する記事が載っていたようです。「橋下“赤字”府政の後始末 優良資産300億円が叩き売られる」という見出しで、以下、該当部分の引用と要約。

精華小学校跡地が売却されようとしている。増田清の手による名建築の誉高く、95年になってからも学習ルームや小劇場として利用されてきた。橋下市長は当初、「ゼロベースで見直す」と言っていたのに、たった1年で、買い手を恣意的に選べる方式で、しかも25億円スタートで公募した。精華小跡地を落札したのは株式会社「成信」。この企業は一昨年5月、アデランス創業者の根本信男氏が大阪市中央区に設置したものだ。いったいなぜカツラメーカー創業者が小学校跡地などを購入するのか?地元ではこんな憶測が飛びかっている。「精華小跡地は転売できないが、会社M&Aはできる。成信はダミーでそのうち最終的な買い手が姿を現すのではないか」(大手不動産業者)

橋下市長叩きで有名な週刊文春なので、内容を100%鵜呑みにする必要はありませんが、精華小跡地の現状はまさしく同誌で指摘された状況になっています。なるほど事業承継の特約を利用したM&Aですか。しかしそれだと管財会社から出た土地売却という言葉が不可解です。最終的な買い手とは表立ってプロポーザルに参加できない(特殊な事情のある)企業ということなのでしょうか。まだまだ謎だらけです。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/401
Listed below are links to weblogs that reference
難波 精華小学校跡地の再開発予定地が転売? from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 難波 精華小学校跡地の再開発予定地が転売?

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top