TOP > 大阪の話題 > 全日空が関空にLCC拠点、高速バス並みの運賃目指す

全日空が関空にLCC拠点、高速バス並みの運賃目指す

全日本空輸が、国内に低コストで運営する格安航空会社(LCC)を新設し、関西国際空港を拠点に国際線と国内線の運航に乗り出す方向で検討に入ったことが19日、明らかになった。国際線は大手航空会社の半額程度、国内線は高速バス並みの片道1万円以下の運賃を目指す。台頭するアジアのLCCに対抗する狙いがあり、早ければ来年度中にも運航を始めたい考えだ。

関西国際空港

ワールドカップで盛り上がる中、関空関連のビッグニュースが飛び込んできました。全日空が関空を拠点とする格安航空会社(LCC)を新設するというものです。

伊丹廃港や伊丹関空の一体運営など、どちらかといえば空港の仕組みそのものに対する議論はさかんに行われていますが、旅客需要をどう増やすべきかという議論が疎かになっていたような気がします。これは関空リニア等のアクセス改善だけでは限界があるので、今回のような具体的な動きが出てきたことは大歓迎すべきでしょう。

それにしても国内線が1万円以下という運賃は物凄いインパクトですね。新幹線より安く目的地に着けるなら多少アクセスが悪くても関空からの空路を選ぶ人は間違いなく増えます。まとまった便数があれば関空の弱点だった国内線の乗り継ぎの悪さも改善できるかもしれません。

しかも全日空という日本を代表する航空会社による運営というのも心強いです。国土交通省が着陸料の引き下げや規制緩和を推し進め、全面バックアップする態勢が出来れば、関空のハブ空港化へ大きく前進する可能性があります。

2本目の滑走路を使って貨物需要を集める関空に、国際線、国内線までもが集中することになれば、伊丹を廃港することも、関空リニアに投資することもなく関空が躍進するという信じられないような展開になるかもしれませんね。

大阪の話題 カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/105
Listed below are links to weblogs that reference
全日空が関空にLCC拠点、高速バス並みの運賃目指す from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 大阪の話題 > 全日空が関空にLCC拠点、高速バス並みの運賃目指す

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top