TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 阪急阪神HD 梅田1丁目1番地計画ビルの概要を発表

阪急阪神HD 梅田1丁目1番地計画ビルの概要を発表

阪神百貨店本店の入る大阪神ビルと南側に隣接する新阪急ビルを、高さ190mの高層ビルへと一体的に建て替える計画の詳細が阪急阪神HDから発表されました。

プロジェクトの名称は(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル。容積率2000%が認められたことで、地上38階建て、高さ190m、延床面積257,000屬猟饗膩織咼襪実現。2つのビルの間にある市道を跨ぐことで完全に一体化させることが可能となり、低層部に阪神百貨店、高層部にオフィスが入居します。2023年の完成を予定しています。

大阪神ビル&新阪急ビル 2013年3月
手前右側が大阪神ビル、左側が新阪急ビルです。

梅田1丁目1番地計画 完成予想パース
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビルの完成予想パース。(公式発表資料より)

梅田1丁目1番地計画 用途構成
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビルの用途構成イメージ図。(公式発表資料より)

梅田1丁目1番地計画 概要
(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル計画概要。(公式発表資料より)

パースを見ると、高さ85mの高さ制限とされたきた低層部分は、周囲の建物と比較すると実際は50m〜60mくらいでしょうか。現在より少し高い程度に収めるようです。巨大な壁が出現することによる圧迫感を危惧していましたので、これは一安心です。

用途構成図を見ると低層部のほぼ全てが百貨店ゾーンとなっており、公式発表資料には「新しい百貨店部分の規模は現在と同程度」と書かれています。現在の売場面積53,000屬剖瓩い發里砲覆襪箸いΠ嫐9腓い里茲Δ任垢、1フロアあたりの面積は新阪急ビル方向への拡張部分を含めると相当に大きくなるはずなので、通路や休憩スペース、バックヤード等にかなり余裕をもたせた構成になるのかもしれません。

毎年のように報道されては延期を繰り返してきたこの計画、ようやく概要が発表されたことで、今後は着工に向けて準備が進んでいくことでしょう。おそらく年度内にも新阪急ビルの取り壊しが始まるのではないでしょうか。百貨店を営業しながらの建替えとなり、工事は長期間に及ぶことになりますが、早く完成した姿を見たいですね。

高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース カテゴリの最新記事

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.osakanight.com/sb.cgi/402
Listed below are links to weblogs that reference
阪急阪神HD 梅田1丁目1番地計画ビルの概要を発表 from 大阪 at Night ブログ
トラックバックはありません。

TOP > 高層ビル・再開発 > 再開発関連ニュース > 阪急阪神HD 梅田1丁目1番地計画ビルの概要を発表

スポンサーリンク


Feeds
ブログ内検索

Page Top