大阪 at Night ブログ

うめきた2期地区再開発 大阪市が地区計画の原案を公表

2016年8月26日、大阪市はうめきた2期地区の地区計画原案の公衆縦覧を開始しました。 「みどり」と「イノベーション」の融合拠点を目標に、約17.1ヘクタールのうち、約4.5ヘクタールを緑地としながら、新産業創出、国際集客・交流及び知的人材育成の機能の導入を中心とした質の高い都市機能の集積を図るというものです。

うめきた2期 地区計画 説明図
うめきた2期の地区計画説明図(大阪市資料より)。メインとなるA地区、南側の道路を隔てたB地区、グランフロント大阪の北側を含むC地区という構成になっています。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 01
うめきた2期 A地区の俯瞰。まさに再開発の顔となる地区です。中央に約4.5ヘクタールの都市公園、右下にJR大阪駅と接する大阪西口広場が整備されます。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 01
うめきた2期 A地区南側の様子。東西道路沿いに約2ヘクタールの都市公園、その南側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区南側 2016年8月 02
うめきた2期 A地区南東側の様子。関空特急はるかの停車する新駅の整備と共に、大阪西口広場が整備されます。既存のうめきた広場を拡張するイメージでしょうか。

うめきた2期 A地区北側 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の様子。東西道路沿いに約2.5ヘクタールの都市公園、その北側に商業、業務、居住、宿泊などの複合機能が導入されることになっています。

うめきた2期 A地区北側 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 A地区北側の俯瞰。この範囲の殆どが緑地になるイメージ。敷地の北側では、新駅設置のためのJR東海道線支線地下化工事が進行しています。

大阪駅北1号線 2016年8月
グランフロント大阪の北館と南館の間からうめきた2期地区方向。将来、写真奥の梅田スカイビル方面へ東西道路(大阪駅北1号線)が開通することになります。

うめきた2期 B地区 俯瞰 2016年8月
うめきた2期 B地区の俯瞰。以前の提案募集区域には含まれていませんでしたが、この場所も再開発されることが今回明らかになりました。現在は日本通運の関連施設が建っています。業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 B地区 2016年8月
うめきた2期 B地区の様子。もしかしたら左側にある大阪ステーションシティ駐車場を含めて一体的に再開発が行われる可能性もあります。

うめきた2期 C地区 2016年8月 01
うめきた2期 C地区の様子。南側はグランフロント大阪に、東側は済生会中津病院に接するエリアです。居住、業務、商業機能等の導入が計画されています。

うめきた2期 C地区 2016年8月 02
うめきた2期 C地区の様子。中央右側が関空特急はるかの走るJR東海道線支線。C地区は位置的に高層マンションや医療施設等が建設される可能性が高そうです。

うめきた2期地区 全体俯瞰 2016年8月 02
うめきた2期地区の全景俯瞰。地区計画原案が公開され、徐々に期待感が高まってきました。改めて2014年3月に公開された優秀案を見るのも面白いと思います。

以上、うめきた2期地区の現況でした。再開発が本格化する前の2019年3月までは、まちづくりのプロモーションを兼ねて暫定利用が行われることになっています。敷地が開放されることにより、一気に再開発のムードが高まっていくのではないでしょうか。うめきた2期については、決して一時的な景気状況に左右されることなく、大阪最後の一等地に相応しい、将来を見据えた再開発が行われることを期待します。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016

淀川河川敷で行われる夏の風物詩、第28回なにわ淀川花火大会が2016年8月6日に開催されました。昨年に続いて今年も夕方前に雨が降り、若干不安な雲行きとなりましたが、打ち上げ中には一滴も降ることなく、無事に全てのプログラムが行われました。少しですがパノラマスタンドからの写真と動画を紹介しておきます。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 01
19時40分に打ち上げスタート。オープニングから息をつかせぬ展開で圧倒されます。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 02
細かい花火による百花繚乱のイメージ。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 03
怪しげなハリー・ポッターのテーマに合わせて打ち上げられた銀色の花火。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 04
赤色系の花火はやはり派手で夜空に映えます。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 05
なにわ淀川花火大会の代名詞にもなっている大迫力の水中花火。普通の広角レンズでは収め切れません。ここはぜひ正面から楽しんで欲しいプログラムです。

第28回 なにわ淀川花火大会 2016 06
エルガー作曲の威風堂々に合わせて打ち上げられる圧巻のフィナーレ。一気に畳み掛けるような怒涛の連射で最後は本当に真っ昼間のように明るくなります。

最後はダイジェスト動画でお楽しみ下さい。

YouTubeの動画ページへ

撮影場所は昨年と同じく真正面に近いパノラマレフトスタンド1からとなります。梅田の高層ビル群と花火のコラボレーション、そして各プログラムのクライマックスシーンを時系列で見せるという基本姿勢は変わりませんが、流れの途中で細かくカットして繋ぐことは極力せず、できるだけ花火の連続性を意識して編集しました。

映像を見ていただけると分かると思いますが、今年は左右に動きを付けた花火や水中花火が多用されていて、例年と比較して非常にダイナミックさを感じさせる内容となっています。ノーカットで収録したフィナーレは本当に圧巻です。これだけの花火を大都会のど真ん中で見られるのは本当に幸せなことだと思います。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 天神祭 船渡御 & 奉納花火 2016

夜景動画シリーズ、天神祭 船渡御 & 奉納花火 2016を公開しました。

前回の記事で紹介した天神祭の動画バージョンとなります。祭りがピークを迎える本宮の夜を、日没から奉納花火の終了まで時系列で収録しました。撮影場所の都合上、花火はビルの隙間から小さく見えるだけでしたが、船渡御を含めた全体の雰囲気は十分に伝わるかと思います。お時間宜しければぜひご覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

今回は仕事の関係でOMMビルに撮影場所をお借りしました。高さがあるので地上と比べると祭りの熱気は少し遠く感じてしまうのですが、やはり見やすさは抜群でした。天神祭を俯瞰という形で見るのも新鮮だと思います。OMMビルには屋上に有料の観覧席があるようですので、興味のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

天神祭 船渡御 & 奉納花火 2016

今年も大阪を代表する夏の風物詩、天神祭が行われました。最終日となる本宮の夜は雨が心配されましたが、祭りの熱気が勝ったのかほとんど降ることはなく、船渡御と奉納花火で祭りはピークを迎えていました。少しですが写真を紹介しておきます。

天神祭 2016 夕景
奉納花火を待つ大川の夕景。

天神祭 2016 天満橋と高層ビル群
天満橋と中之島の高層ビル群。天満橋は祭りイメージの特別カラーにライトアップ。

天神祭 2016 船渡御と奉納花火 01
午後7時半頃から奉納花火が上がり始めます。

天神祭 2016 船渡御と奉納花火 02
角度的に花火の見え方は今一でしたが、祭り全体の雰囲気は十分に楽しめました。

天神祭 2016 船渡御 01
奉納花火とともに船渡御もピークに。

天神祭 2016 船渡御 02 天満橋
天満橋と船渡御。それぞれの船が競いあうように大阪締めを響かせます。

天神祭 2016 船渡御 03
船から天神祭を楽しむのも風流だと思います。一度は乗ってみたいですね。

天神祭 2016 船渡御 04
様々な企業がスポンサーとなって天神祭を支えています。

天神祭 2016 船渡御 05 川崎橋
川崎橋周辺の様子。花火中は通行止めとなります。

天神祭 2016 船渡御と奉納花火 03
メイン側の打ち上げ花火も何とか見えました。大川周辺にも高い建物が増えて、綺麗に花火が見える場所はどんどん減っているのかもしれません。

今年は俯瞰での撮影、鑑賞となりましたが、川を埋め尽くす船渡御や毛馬桜之宮公園の縁日など、参加者たちの凄い熱気が伝わってきました。さすが日本三大祭の一つです。このような伝統はずっと守り続けていきたいものです。

<< 新しい記事 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 古い記事 >>

TOP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top