大阪 at Night ブログ

@関西人さんが「日本のビルベスト100」を出版

ビルブロガー会のメンバーで、いつもお世話になっている@関西人さんが「日本のビルベスト100」を出版されました。@関西人さんは知る人ぞ知るビルマニア界の重鎮的存在でありながら、これまであえて積極的に表舞台には出てこられなかった方です。今回初めて完全に著者としてデビューされたということで非常に嬉しく思っています。

それでは本の内容を少しだけ紹介します。

日本のビルベスト100 @関西人 / エクスナレッジ
@関西人さんの著書「日本のビルベスト100」の表紙。株式会社エクスナレッジからの発行です。イメージは新宿にあるモード学園コクーンタワー。「日本の美しい超高層ビルの魅力に迫る」という帯の紹介文がわくわく感を高めてくれます。

日本のビルベスト100 六本木ヒルズ森タワー
第1章はLANDMARK。文字通り地域のランドマーク(目印、象徴)となっている高層ビルを紹介。トップバッターは六本木ヒルズ森タワー(高さ238m)。文句無しです。

日本のビルベスト100 JRセントラルタワーズ
JR名古屋駅前に建つJRセントラルタワーズ(高さ245m)。名古屋の景観と人の流れを大きく変えたビルです。これをきっかけに名駅の高層化が進んでいきます。

日本のビルベスト100 クリスタルタワー
大阪ビジネスパークに建つクリスタルタワー(高さ157m)。ランドマークというのは決して絶対的な高さだけではなく、立地や外観も重要という視点が非常に良いです。

日本のビルベスト100 門司港レトロハイマート
第2章はFORM。特徴的な外観を持つ高層ビルを紹介しています。このページは黒川紀章氏設計による北九州市の門司港レトロハイマート(高さ127m)。

日本のビルベスト100 フェニックスタワー&大津プリンスホテル
関西からは梅田のあいおいニッセイ同和損害保険フェニックスタワー(高さ145m)、滋賀の大津プリンスホテル(高さ137m)など。この辺りは納得の選出です。

日本のビルベスト100 東京スカイツリーイーストタワー&NTTドコモ川崎ビル
東京スカイツリーイーストタワー(高さ158m)とNTTドコモ川崎ビル(高さ130m)。やはり第2章はテーマ的にマニアックなビルが多く選出されている印象です。

日本のビルベスト100 霞が関ビルディング
第3章はHISTORY。歴史的なストーリーを持つビルやエポックメイキングなビルを紹介。これは日本で初めて100mを超えた霞が関ビルディング(高さ147m)

日本のビルベスト100 GINZA KABUKIZA
先代歌舞伎座の外観を継承したGINZA KABUKIZA(高さ146m)。

日本のビルベスト100 TWIN21&山王パークタワー
日本初の本格的ツインタワーとなった、TWIN21(高さ157m)と山王パークタワー(高さ194m)。第3章は読み物としても非常に興味深いものが多いです。

日本のビルベスト100 梅田スカイビル
第4章はTECHNOLOGY。建築技術の粋を集めたビルを紹介。まずはツインビルの上空を空中庭園と呼ばれるブリッジで連結した大阪の梅田スカイビル(高さ173m)。

日本のビルベスト100 横浜ランドマークタワー
地震国の日本でも300mクラスが実現可能であることを証明した横浜ランドマークタワー(高さ296m)。20年以上、日本一の高さを誇る超高層ビルとして君臨しました。

日本のビルベスト100 P&G日本本社&あべのハルカス
最後のページは現時点で日本一の高さの超高層ビル、あべのハルカス(高さ300m)。これを最後にもってくる辺りに@関西人さんのこだわりを感じます。

日本のビルベスト100 用語解説
巻末にはビルの構造にまつわる用語解説付き。勉強になります。

日本のビルベスト100」では著者本人による写真以外にも、超高層ビビルシリーズの中谷幸司氏大阪ビル景石原祥氏から写真の提供を受けており、まさに日本を代表するビルマニア達の合作と呼べる高品質な写真集でもあります。また100本に厳選して贅沢にページを使用したことで、非常に迫力のある画面構成になっています。

これまで高層ビル本は、全国のビルを網羅したデータベース的なもの、地域に特化したもの、建築学的な視点のもの等が既に出ていますが、@関西人さんの本は長年の経験と取材によって積み上げらた知識の豊富さによる独自の切り口でビルの魅力を紹介しています。そこには心底からビルが好きなんだという情熱があります。

日本のビルベスト100」は、高層ビルに興味を持ち始めたばかりの方には入門書として、また既にビルに造詣が深い方には知識の補助となる素晴らしい書籍だと思います。興味のある方はぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

@関西人さんのサイトとブログ

夜景写真家 岩崎拓哉氏が撮影ガイド本を出版

古くから交流のある夜景写真家の岩崎拓哉氏が初の著作を出版しました。近年の夜景本は、高価格で部数が見込めない写真集から、手頃な価格で部数が見込めるガイドブック的なもの(当方の大阪夜景など)へとシフトしつつあり、またカメラ初心者をターゲットにした撮影の手引書も増えてきています。今回紹介する岩崎氏の本は、写真集、ガイドブック、撮影の手引書の全要素を持った新しいタイプの本となります。

岩崎拓哉氏の夜景本
岩崎氏の著作。左が「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック」、
右が「ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72」。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 01
まずは2016年2月19日出版の「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック」。日経ナショナルジオグラフィック社からの発行です。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 02
本の基本骨格となっている撮影地ガイドのページ例。北海道から沖縄まで全国の161スポットを、おすすめの撮影時間や方向、機材等の解説付きで紹介しています。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 03
大阪の定番スポットはこのような感じ。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 05
後半は撮影機材と撮影テクニックの解説となります。被写体は夜景を対象としていますが、内容的には風景撮影の基本を学ぶのにも使えると思います。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 04
夜景を印象的に見せる為のテクニックも充実。花火、紅葉、イルミネーション等の撮影シチュエーション別に、覚えておいて損はない技法を紹介しています。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 01
もう一冊は2016年8月25日出版の「ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72」。アスペクト社からの発行です。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 02
内容は前作の工場夜景特化版となります。工場夜景の歴史から鑑賞スタイル、アクセス方法、マナーに至るまで、長年の経験を活かして執筆されています。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 03
前半は撮影テクニック。前作と共通する部分もありますが、応用編ではより実践的に突っ込んだ内容となっています。こちらは中級者も対象にしている印象です。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 04
後半は北海道から九州まで、全国から厳選された72の工場夜景スポットを、アクセスガイド付きで紹介。こちらは工場夜景の代名詞にもなっている川崎のページ。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 05
こちらも全国屈指の工場夜景スポット、三重県四日市。地上から見る工場夜景だけではなく山や展望台からの撮影スポットを紹介されているのが非常に有り難い。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 06
関西では和歌山、尼崎、姫路を紹介。大阪人としては堺泉北が選出されなかったのは残念。夜景観光に対する地元の取り組みが遅れている証拠かもしれません。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 07
巻末にはRAW現像講座を掲載。現在、夜景写真はRAW現像までを一つの流れとして完成させることが多いので、初心者の方には非常に参考になると思います。

以上、岩崎拓哉氏の本の紹介でした。私がウェブサイトを立ち上げたのとほぼ同時期から活動されていて、夜景サイトが文字による情報中心から、高画質な写真を含めたビジュアル志向へと移行していく真っ只中の時代を供に切磋琢磨した方が著作を出版されるというのは非常に感慨深いです。彼の著作をきっかけに多くの方が夜景撮影に親しみ、裾野が広がっていけば素晴らしいことだと思います。

岩崎拓哉氏の代表サイト 夜景info

大阪・夢洲に万博誘致 2025年開催を目指す

大阪府が誘致に向けて動いていた2025年大阪万博ですが、松井知事が菅官房長官と面会、政府が協力の方針を示したことで一気に報道が加熱してきました。

万博記念公園 太陽の塔

安倍政権が、2025年の国際博覧会(万博)の大阪誘致に向け、立候補の調整に入ったことが分かった。20年の東京五輪後の景気浮揚策として有効と判断した。来春にも博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)に立候補を届け出る方向だ。(毎日新聞)

大阪府は29日、大阪湾の人工島、夢洲(大阪市此花区)を会場に2025年開催を目指す国際博覧会(万博)の基本構想素案を発表した。テーマは「人類の健康・長寿への挑戦」。高齢社会を迎え、安全な食や健康法、医療・福祉の最先端技術、体に優しい生活スタイルなどを世界の参加国のパビリオンで来場者が体験する。開催費用は約2000億円と試算した。(日経新聞)

会場は以前からIR(統合型リゾート)の誘致を働きかけている夢洲で面積は約100ヘクタール。「人類の健康・長寿への挑戦」をテーマに、日本のほか参加国、企業のパビリオン、公園やイベント会場などを整備する計画。来場者数は約3千万人。開催費用は約2000億円。万博とカジノ等の整備を同時進行で進める方針とのこと。

問題はやはり2000億円の開催費用になると思います。夢洲の埋め立て前倒しや鉄道アクセスの地下鉄中央線延伸を含めると莫大な金額となります。国の威信をかけていた1970年大阪万博や、バブル期の1990年花博、トヨタがバックに付いていた2005年愛知万博と比べると、一筋縄でいかないことは容易に想像できます。

大阪人としては将来世代の負担が膨らまないような費用計画であればぜひ実現して欲しいところですが、イベントの効果は一過性でしかないなので、開催後の跡地利用を見据えた計画が重要になってくると思います。個人的には絶好調を維持するUSJがIRを含めた第2パークを建設、なんて結構現実味があるのではと思っています。

夢洲〜舞洲 夕景 2013年11月
大阪湾の夕景。中央の埋立地が会場候補となる夢洲。既にコンテナターミナル、メガソーラー施設が稼働している。手前側が咲洲コスモスクエア地区

夜の東横堀川 探検クルーズ(御舟かもめ)

先日、ビルブロガー会のメンバーと御舟かもめさんを貸し切って船上飲み会ツアーを開催しました。最初はビル夜景中心のコースを組もうと考えていたのですが、時期的に潮位が高く淀屋橋を通過できないということで、八軒家浜から中之島東部、OBP、OAPを巡った後、東横堀川を抜けて道頓堀方面に向かうというルートになりました。

今回はその中から普段あまり見ることのない東横堀川の夜景を紹介します。

北浜 ル・ポンドシエル 夜景 2016年9月
土佐堀川の天神橋と難波橋の中間付近、北浜の近代建築、ルポンドシエルビル(大林組旧本店ビル)前あたりから東横堀川へと分岐します。

東横堀川クルーズ 高麗橋の桁下 夜景 2016年9月
高麗橋の桁下を進む御舟かもめ号。既にディープな雰囲気が漂っています。

東横堀川クルーズ 東横堀川水門 夜景 2016年9月
高麗橋平野橋間には潮の満ち干きで上下する河川の水位を一定に保つ目的で、東横堀川水門が設置されています。前方の水門が開くまでしばらく待機。

東横堀川クルーズ 東横堀川水門 高麗橋 夜景 01 2016年9月
後方では遠隔操作により水門の開閉がスタート。左右から吹き出す水は付近の船に注意を促す遮断機の役割を果たしています。背後の橋が高麗橋です。

東横堀川クルーズ 東横堀川水門 高麗橋 夜景 02 2016年9月
門が閉まって上流からの水が堰き止められました。その後、逆側の門の一部が開いて水位調整が行われます。厳密には閘門(こうもん)と呼ばれている機能です。

東横堀川クルーズ 平野橋 夜景 2016年9月
前方の水門が開きクルーズ再スタート。平野橋をくぐります。

東横堀川クルーズ 阪神高速本町出口 夜景 01 2016年9月
この辺りから阪神高速環状線にほぼ蓋をされる形になります。東横堀川は水の回廊の一角を構成していますが、本当に迷宮のような雰囲気があります。

東横堀川クルーズ 阪神高速本町出口 夜景 02 2016年9月
阪神高速本町出口付近。左側にシティプラザ大阪、右側に大阪産業創造館

東横堀川クルーズ 本町橋 夜景 01 2016年9月
現存する大阪最古の橋、本町橋が見えてきました。これは大正2年(1913年)に架け替えられたもので、昭和57年(1982年)に大規模改修され今に至ります。

東横堀川クルーズ 本町橋 夜景 02 2016年9月
威風堂々とした外観の本町橋。歴史ある橋が高速道路に蓋をされているという状況は、東京の日本橋を彷彿とさせます。高度経済成長期の暗部と言えるでしょう。

東横堀川クルーズ 農人橋 夜景 2016年9月
中央大通の一部となる農人橋阪神高速東船場ジャンクション。ここは少し開放感があります。東横堀川はこの先でS字カーブを描き南進します。(本町の曲り

東横堀川クルーズ 久宝寺橋〜安堂寺橋間 夜景 2016年9月
久宝寺橋安堂寺橋間を進む。この支柱が延々と続くダンジョン感が何とも言えない雰囲気。写真ではそこそこ明るく撮影していますが、実際はかなり暗いです。

東横堀川クルーズ 上大和橋 夜景 2016年9月
東横堀川の最下流に架かる上大和橋。橋名は道頓堀大和町という旧地名に由来するそうです。東横堀川はこの先で直角に曲がり、道頓堀川となって西進します。

東横堀川クルーズ 道頓堀川 夜景 2016年9月
おなじみの道頓堀川へ。一気に明るく視界が開ける様子もダイナミックです。

東横堀川の夜はまるで異世界のような雰囲気で、メンバーもビルそっちのけで楽しんでいました。水都大阪といえば中之島や道頓堀等の明るいイメージを想像しますが、以前の記事で紹介したドボククルーズや今回の東横堀川などのディープな部分も非常に面白いです。興味のある方はぜひ探検してみてはいかがでしょうか。

同乗したロングさんのレポートも一緒にどうぞ。

<< 新しい記事 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 古い記事 >>

TOP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top