大阪 at Night ブログ

さよなら梅北地下道 閉鎖前日の夜

大阪駅北側と新梅田シティ方面を結ぶ北梅田地下道(梅北地下道)が2017年12月19日午前10時に閉鎖され、地上ルートへの切り替えが行われました。

梅田貨物ヤードの整備によって分断された周辺住民の移動ルート確保の為、昭和3年(1928年)に建設されたこの地下道は、なんと90年もの歴史があります。近年は梅田スカイビルへのアクセス手段として広く認知されていましたが、うめきた2期地区で行われている新駅整備や今後の再開発に向けて閉鎖されることになりました。

梅北地下道 2017年12月 01
閉鎖前日の地下道入口。

梅北地下道 2017年12月 02
入口の脇には閉鎖を知らせる工事看板がありました。

梅北地下道 2017年12月 03
地下道へと続く階段とスロープ。

梅北地下道 2017年12月 04
地下道の様子。全長約200m。大阪駅のすぐそばとは思えない異世界のような空気感があります。私はここを通る観光客が悪い印象を持たないか心配でした。

梅北地下道 2017年12月 05
地下道自体は1991年の新梅田シティ竣工を契機に、排水溝や換気設備、街灯が整備されたようです。それ以前の様子はどんな感じだったのでしょうか。

梅北地下道 2017年12月 06
所々に出口までの距離を示した看板があります。

梅北地下道 2017年12月 07
自転車走行禁止の表示。とはいえ時間帯によってはどんどん自転車に抜かされていきます。この決まりはもはや有名無実化していたような印象。

梅北地下道 2017年12月 08
新しい地上ルートからの階段が見えました。西側はJR東海道線支線の下の40mほど地下道が残ります。新駅が完成すればこちらも地上化されることでしょう。

梅北地下道 2017年12月 09
西側の地下道入口付近。

うめきた二期地区とグランフロント大阪 夜景 2017年12月
うめきた2期地区とグランフロント大阪(1期地区)の夜景。2期地区は緑地を中心としたものになりそうだが、果たして将来どんな景色が広がるのだろうか。

約1世紀に渡って親しまれた昭和の遺物的な地下道の閉鎖は少し寂しいものがありますが、1987年の再開発計画始動からここに至るまでが遅すぎたのではないかという思いもあります。来年以降はうめきた2期地区の再開発も本格化していきます。新時代の大阪の玄関口に相応しい施設ができることを期待しましょう。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017

中之島西部エリアでは大阪・光の饗宴のエリアプログラム、中之島ウエスト 冬ものがたり 2017が開催されています。福島(ほたるまち)港をメイン会場に、周辺の遊歩道やビル等で様々な趣向を凝らしたイルミネーションが行われています。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 中之島ウォーターファンタジア 01
メインプログラムとなる中之島ウォーターファンタジア。玉江橋の特別ライトアップと音楽が連動した噴水ショーが15分おきに上演されます。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 中之島ウォーターファンタジア 02
ほたるまち全景とウォーターファンタジア。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 ほたるまち港イルミネーション
ほたるまち港のイルミネーション。右奥の関電ビルディング頂上部の「Liv-Lit(リブリット)」も復活。現在は大阪万博誘致ロゴの5色でライティングしています。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 エビシーきらきらクリスマス 01
朝日放送前で行われているエビシー★きらきら★クリスマス

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 エビシーきらきらクリスマス 02
リバーデッキにはエビシーがいました。

中之島ウエスト 冬ものがたり 2017 ほたるまちファンタジーイルミネーション
堂島クロスウォーク中央広場のHotarumachi fantasy illumination

最後は中之島ウォーターファンタジアの動画です。

YouTubeの動画ページへ

以上、中之島ウエスト 冬ものがたり 2017の様子でした。既に定番となっている中之島東部エリアのOSAKA光のルネサンスと比べると全体的な人出は少なめですが、ぜひこちらにも足を伸ばして頂きたいと思います。

開催日程など: 大阪イルミネーション情報

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS ROOF TOP TERRACEの夜景

以前の記事で開業直後の様子を紹介したミライザ大阪城(MIRAIZA OSAKA-JO)。前回もオープニングフェスタの期間中で特別に屋上テラスが公開されていたのですが、時間の関係で入ることができず残念に思っていたところ、11月中でもまだ公開されているとの情報が入ってきたので、後日改めて訪れてみました。

ミライザ大阪城 旧第四師団司令部庁舎 外観 夜景 02
美しくライトアップされたミライザ大阪城。これだけでも復活した価値があります。

ミライザ大阪城 屋上からのトワイライト夜景
無事に屋上に入ることができました。公開は18時まででしたが、季節的に日没後の様子まで見ることができました。大阪城天守閣を絡めたトワイライト夜景が見事。

ミライザ大阪城 屋上から谷町四丁目方面のトワイライト夜景
谷町四丁目方面。おなじみの大阪歴史博物館とNHK大阪、大阪府警本部の横に、大阪国際がんセンター(旧大阪府立成人病センター)が完成しています。

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS  ROOF TOP TERRACE 夜景 01
屋上フロアにはBBQ&ブッフェが楽しめるBLUE BIRDS ROOF TOP TERRACEが3月〜10月のみオープン予定。写真は入り口にあるバーカウンターの様子。

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS  ROOF TOP TERRACE 夜景 02
天守閣と大阪城公園を一望できるテラスダイニングの様子。

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS  ROOF TOP TERRACE 夜景 03
ソファーのあるテーブルが沢山あり、大勢でもゆったりと食事を楽しめる構造。

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS  ROOF TOP TERRACE 夜景 04
これだけのスペースがあれば様々なイベントも開催できると思います。

ミライザ大阪城 BLUE BIRDS  ROOF TOP TERRACE 夜景 05
大阪城がよく見える席は人気が高そうです。

ミライザ大阪城 屋上から見た大阪城天守閣のライトアップ
大阪城天守閣のライトアップ。

以上、ミライザ大阪城の屋上テラスの夜景でした。普段は見られない角度から眺める大阪城天守閣は中々新鮮で、開業後も観光客を中心に人気のレストランになるのではないかと思います。屋上の公開は11月30日で終わってしまいましたが、クリスマスイベントとして12月20日〜21日にSnow Dome NIGHTが開催される予定です。スノードームに見立てたテントを色鮮やかにライティングするという面白そうな企画なので、興味のある方は参加してみてはいががでしょうか。

ミライザ大阪城JO-TERRACE OSAKAの動画はこちら。


YouTubeの動画ページへ

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夕景・夜景撮影の教科書 (岩崎拓哉著 / 技術評論社)

2017年11月22日に岩崎拓哉氏の著書「夕景・夜景撮影の教科書」が技術評論社より出版されました。彼の3作目はその名の通り、夕景・夜景の撮影技法に徹した解説書となっています。初作も解説書ではありましたが、撮影スポットの紹介に重点を置いたことで解説が手薄になっていた部分もありました。そこで本書では贅沢にページを使って、中級〜上級者向けの技法まで踏み込んだ内容となっています。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 01
夕景・夜景撮影の教科書」の表紙。B5判で全160ページという圧巻のボリューム。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 02
第1章は基礎知識編。気象条件や移動手段、ロケハンのコツなど、撮影地に赴く上での知識を解説。特にトワイライトタイムの条件は絶対に知っておくべきでしょう。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 03
第2章は機材選び編。ボディの選択からレンズ、三脚の基本を解説。夜景撮影は高価な機材が必要だと思われがちですが、意外に安めの機材でも十分です。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 04
第3章はカメラ設定編。露出は複数の設定値が連動するため混乱してしまいがちですが、シャッター速度、絞り、ISO感度などの基本原理を抑えることで理解できます。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 05
第4章は基本テクニック編。いよいよこの本の核心部分。夕景、パノラマ、工場、ジャンクション、夜桜、花火、紅葉、イルミなど、シチュエーション別の撮影方法を解説。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 06
第5章は応用テクニック編。フィルター、多重露光、人物と夜景、手持ち撮影、RAW現像など、単純に撮ること以上のものを求める場合に必要となる技法を解説。

夕景・夜景撮影の教科書(岩崎拓哉 / 技術評論社) 07
第6章は撮影スポット編。夕景・夜景撮影に最適な全国のスポットを紹介。

以上、「夕景・夜景撮影の教科書」の内容紹介でした。本書は岩崎氏の14年に及ぶ撮影経験を惜しみなく詰め込んだ夜景解説本の決定版と言えるでしょう。また掲載写真のほぼ全てに撮影データが記載されており、非常に実用性の高い一冊になっていることも大きなポイントです。これから夜景撮影を始めようという方、さらに深い知識を得たいという方は、ぜひ書店で手に取ってみてはいかがでしょうか。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top