2017/11

TOP > Archives: 2017.11

1

生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

10月中は台風による雨や曇りの日がほとんどで、中々撮影機会に恵まれませんでしたが、11月に入ってからは爽やかな秋晴れの日が増えてきました。この時期から冬場にかけては1年のうちで最も夕景〜夜景が綺麗な時期でもあるので、久々に生駒山地の麓から大阪方面を超望遠レンズで撮影してみました。
八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 2017年11月
大阪方面のトワイライト。素晴らしい染まり具合でした。撮影場所は八尾・十三峠線の入り口付近にあるヘアピンカーブ。住所的には八尾市楽音寺となります。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 あべのハルカス 2017年11月
天王寺方面の夕景を超望遠撮影。あべのハルカス通天閣天保山大観覧車が見えます。バックの山は神戸市須磨区の鉢伏山〜高取山あたりだと思います。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 大阪市中心部 2017年11月
大阪都心部〜梅田〜京橋方面の夕景を超望遠撮影。くっきりと見える六甲山地の稜線をバックに建ち並ぶ超高層ビル群は非常に壮観な眺め。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  01 2017年11月
夜になると高層ビル群の明かりがさらに際立ちます。標高は約125m。超望遠で高層ビル群を撮影する場合には、このくらいの標高からの方が写真に迫力が出ます。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  021 2017年11月
大阪城を中心にさらにクローズアップ。焦点距離800mm相当。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 パノラマ夜景 2017年11月
最後はパノラマ夜景です。どんどん増え続ける高層ビル群の様子が分かります。

以上、生駒山地から見る夕景〜夜景でした。山からの夜景撮影では基本的に光の絨毯的な写真が定番となりますが、超望遠レンズでスポットをピンポイントで捉えるのも非常に面白いですし、地形や街並みの特徴をより深く知ることができます。空気の澄んだ日が増えるこれからの季節にはピッタリの楽しみ方かもしれません。

OBP 大阪ビジネスパークの夜景 2017年11月

1969年に構想がスタートした大阪ビジネスパーク(OBP)は、1986年〜1990年にかけて複数のビルが完成しましたが、それ以降は2005年のマルイトOBPビル以外に目立った動きはなく、しばらく停滞の時代が続いていました。しかし近年、一気に再開発の機運が持ち上がり、複数の大型プロジェクトが進行しています。今後、大きく景観が変わっていくので、2017年時点での夜景を記録しておくことにします。

OBP 大阪ビジネスパーク 夜景 2017年11月 01
大阪城天守閣直下の石垣から見るOBPの夜景。この展望地は少し分かりにくい場所にあるうえ、周囲はかなり暗いので穴場的な夜景スポットとなっています。

OBP 大阪ビジネスパーク 夜景 2017年11月 02
OBP全景。高さを157mに揃えられた高層ビル4棟を筆頭に、70m〜130mのビルが整然と立ち並び、大阪で最も美しいビル街と呼んでも過言ではないかもしれません。

OBP 大阪ビジネスパーク 夜景 2017年11月 03
OBPの中心となる高層ビル群。

OBP 大阪ビジネスパーク 夜景 2017年11月 04
クリスタルタワーツイン21の間では、建設中のケイ・オプティコムビル(新MID大阪京橋ビル)がほぼ完成しています。まもなく稼働が始まるでしょう。

OBP 大阪ビジネスパーク 夜景 2017年11月 05
円盤のような大阪城ホールの向こう側では、読売テレビ新社屋が建設中。移転後の現社屋にはパナソニックが一棟借りで入居するとの報道がありました。

さらに富士通関西システムラボラトリKDDI大阪第2ビルの間の敷地では、京阪神ビルディングが2020年の完成を目処に100m程度のオフィスビルを建設予定となっており、最初の構想から半世紀をかけて遂に全てのビルが完成することになります。居住区の一切ない真の副都心の完成は、まさに関係者の努力の賜物だと思います。

以下、2020年の全街区完成時のビルリストです。

  • TWIN21 OBPパナソニックタワー (地上38階、高さ157m、1986年)
  • TWIN21 MIDタワー (地上38階、高さ157m、1986年)
  • OBPキャッスルタワー (地上38階、高さ157m、1988年)
  • クリスタルタワー (地上37階、高さ156.7m、1990年)
  • KDDI大阪第2ビル (地上20階、高さ130m、2015年)
  • 松下IMPビル (地上26階、高さ125m、1990年)
  • 大阪東京海上日動ビルディング (地上27階、高さ118.3m、1990年)
  • ケイ・オプティコムビル (地上22階、高さ116.27m、2017年)
  • 京阪神ビルディングの新ビル (地上15階、高さ約100m、2020年)
  • マルイトOBPビル (地上22階、高さ98.73m、2005年)
  • 読売テレビ新社屋 (地上17階、高さ85.06m、2019年)
  • 住友生命本社ビル (地上17階、高さ77.4m、2001年)
  • 読売テレビ本社ビル (地上14階、高さ77m、1988年)
  • 住友生命OBPプラザビル (地上17階、高さ74.7m、1990年)
  • ホテルニューオータニ大阪 (地上18階、高さ74.5m、1986年)
  • KDDI大阪ビル (地上12階、高さ64m、1988年)
  • 富士通関西システムラボラトリ (地上8階、高さ不明、1986年)

1

TOP > Archives: 2017.11

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top