2016/01

TOP > Archives: 2016.01

1

超高層ビル情報誌 高層画報が創刊

超高層ビルを愛する者たちが集まるサークル「超高層ビルを愛でる会」から高層ビル情報誌「高層画報」が創刊されました。その中の特集の一つ、「山から高層ビルを見てみよう<関西編>」に当方が夜景写真の提供で参加しています。

高層画報 表紙
高層画報の表紙。300〜400m級が林立するドバイの空撮。

高層画報 特集1 ドバイ高層ビル観光のすゝめ
特集1は超高層ビビルシリーズで有名な中谷幸司氏による「ドバイ高層ビル観光のすゝめ」。ビル紹介と観光案内が分かりやすくまとめられています。

高層画報 特集2 山から高層ビルを見てみよう 1
特集2はすぴら氏(文)と当方(写真)による「山から高層ビルをみてみよう<関西編>」。大阪、神戸、京都エリアの山々から見た迫力のあるビル夜景を紹介しています。

高層画報 特集2 山から高層ビルを見てみよう 2
当方の撮影した神戸夜景は貴重なのでファンの方は必見かも(笑)。

高層画報 Buildboard JAPAN 2015 RANKING
2015年に日本で竣工した超高層ビルを高さ順に紹介する「Buildboard JAPAN 2015 RANKING」。中谷氏によるビルデータと解説付きです。

その他、数々の高層ビルや建造物を擬人化されているモエストロ氏による「ドバイ超高層ビル娘イラスト」など盛りだくさんの内容となっており、昨年12月に東京ビッグサイトで行われたコミックマーケット89ではかなりの数が出たそうです。

大阪では1月31日にインテックス大阪で行われるこみっく★トレジャー27の【カ14ab】ブースにて頒布する予定ですので、興味のある方はぜひご参加下さい。(もしかしたら私も当日ブースにいるかも!?) イベントに参加できない方は、メロンブックスとらのあなCOMIC ZINで委託販売されておりますので、ぜひご利用下さい。

東大阪市役所 展望ロビーからの夜景 (東大阪ジャンクション)

大阪府下第3位の人口(約50万人)を抱える東大阪市。その行政機能の中心を担っているのが東大阪市役所本庁舎です。庁舎の22階には無料の展望ロビーが設けられており、大阪東部エリア周辺を一望。特に阪神高速東大阪線と近畿自動車道が交差する東大阪ジャンクションの夜景は非常に迫力があります。

東大阪市役所本庁舎 ライトアップ 01
東大阪市役所本庁舎の夜景。地上24階建て、高さ115.8m。近鉄荒本駅北西側に整備された東大阪新都心地区のランドマークとなっています。

東大阪市役所本庁舎 ライトアップ 02
撮影時は最近では珍しくライトアップされていました。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 01
東方向の広大な夜景。遥か大阪市内方面まで一望できます。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 02 東大阪ジャンクション
左右対称の美しい構造を持つ東大阪ジャンクション。この規模のジャンクションを上から見られる場所があるというのは全国的に見ても大変貴重だと思います。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 03 東大阪ジャンクション
綺麗な円弧を描くジャンクションのループ部分。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 04 東大阪ジャンクション
ジャンクションの一部を切り取るとかなりSFチックな印象になります。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 05
背後に広がるのは大阪市内の超高層ビル群。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 06 梅田〜中之島
梅田〜中之島方面のビル群を超望遠撮影。中央は大阪ビジネスパーク。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 07 大阪都心
阪神高速東大阪線と本町〜難波方面のビル群。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 08 あべのハルカス
天王寺・阿倍野方面。飛び抜けたランドマーク性を持つあべのハルカス

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 09
南方向の夜景。東大阪市内〜八尾方面の住宅街が広がる。

東大阪市役所からの夜景 2016年1月 10 近畿自動車道
近畿自動車道、東大阪南〜八尾インター付近。大阪中央環状線と並走する。右側奥に聳え立つのはJR久宝寺駅前のツインタワーマンション、メガシティタワーズ

最後は動画です。東大阪ジャンクションの夜景を中心に、クールな雰囲気で仕上げてみました。ジャンクションを行き交う車の流れをゆっくりお楽しみ下さい。

YouTubeの動画ページへ

以上、東大阪市役所本庁舎からの夜景でした。ここからの撮影はかなり久々で、仕事での商用撮影を除けば10年ぶりくらいになるかもしれません。一時期、展望ロビーからの撮影は全面禁止となっていたのですが、現在、南方向と東方向の一部に限り、一般でも許可されるようになっています。展望ロビー内にはお洒落なバーもありますので、美しい夜景を見ながらグラスを酌み交わすのも一興ではないでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

神戸イルミナージュ 2015-2016

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

神戸市北区にあるテーマパーク、神戸フルーツ・フラワーパークでは5回目の開催となる神戸イルミナージュが開催されています。会場内を4つのエリアに分け、HIKARIのルネッサンスパークをテーマとした幻想的な非日常の世界を表現しています。

神戸イルミナージュ 2015-2016 01
洋館のようなホテル フルーツ・フラワーの外壁を使ったイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 02
ホテル前の中央広場は一面が白亜の世界。

神戸イルミナージュ 2015-2016 03
もはやイルミネーションイベントの定番、光のトンネル。

神戸イルミナージュ 2015-2016 04
イエロー系のトンネルは珍しいかもしれません。

神戸イルミナージュ 2015-2016 05
テーマエリア、HIKARIの赤ずきんちゃん。ウサギがいっぱい。

神戸イルミナージュ 2015-2016 06
テーマエリア、HIKARIの千夜一夜。魔法のランプと魔人。

神戸イルミナージュ 2015-2016 07
テーマエリア、HIKARIの人魚姫。海のブルーが神秘的な雰囲気。

神戸イルミナージュ 2015-2016 08
テーマエリア、HIKARIの妖精の国。ミニチュア感のあるお城。

神戸イルミナージュ 2015-2016 09
サンタとクマのイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 10
エントランス広場の街路樹と光の海のようなイルミネーションが印象的。

神戸イルミナージュ 2015-2016 11
開催中はフードコートになっているイベント広場と大屋根のイルミネーション。

神戸イルミナージュ 2015-2016 12
ルネサンス広場周辺の様子。

以上、神戸イルミナージュ2015-2016でした。フルーツフラワーパークという会場自体が西洋風の佇まいを持っているので、イルミネーションとの相性も抜群です。すぐ近くにある神戸三田プレミアム・アウトレットと一緒に訪れれば一日中楽しめるでしょう。神戸イルミナージュは2016年1月31日まで開催。期間中は駐車場無料です。

1

TOP > Archives: 2016.01

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top