2013/10

TOP > Archives: 2013.10

1 2 古い記事 >>

地下鉄なんば駅コンコースに「ekimoなんば」が開業

2013年10月31日、大阪市営地下鉄の駅ナカ商業施設としては最大の規模となるekimoなんばが開業しました。北改札のNORTHゾーンと南改札のSOUTHゾーンの2つのエリアに全19店舗が出店し、年商19億円の売上を目標としています。

ekimoなんば NORTH 01
北改札(近鉄・阪神側)にあるekimoなんば NORTHゾーンの様子。以前は駅事務所くらいしか無かった場所が、お洒落な商業施設に変貌していました。

ekimoなんば NORTH 02
関西初出店のランキンランキンです。あらゆるジャンルのランキング上位の商品と注目商品だけを集めた雑貨店だそうです。以前は観光案内所がありました。

ekimoなんば NORTH 03
namba HIPS方面へと続く通路も商業施設に。

ekimoなんば NORTH 04
ここがコインロッカーや定期券売り場のあった通路とは思えません。

ekimoなんば NORTH 05
開業日ということで、マスコミ数社が取材に来ていました。

ekimoなんば ショップガイド
ekimoなんばのショップガイド。

ekimoなんば SOUTH 01
南改札(マルイ・高島屋側)を出るとSOUTHゾーンがあります。

ekimoなんば SOUTH 03
SOUTHゾーンにはファッション関連の店舗が集まっています。

ekimoなんば SOUTH 02
店舗ができることで通路幅の縮小を懸念していたのですが、以前よりも広くなったように感じます。大きな柱を利用して店舗と通路の空間を上手く分けています。

ekimoなんば SOUTH 04
ちょっと距離のある近鉄→南海の乗り換えが楽しくなりそうです。

以上、ekimoなんば開業日の様子でした。先に開業したekimo天王寺と同じく、木目調の天井にすることで、駅の通路であることを感じさせない上品な空間を演出していました。イメージ的には既存地下街のなんばウォークNAMBAなんなんの拡張に近く、難波の地下街全体として回遊性と魅力が大きくアップしたように思います。

あべのハルカス 2014年3月7日に全館開業

高さ300mとなる日本一の超高層ビル、あべのハルカスの全館開業日が2014年3月7日に決定したという公式発表がありました。2013年6月13日に近鉄百貨店の一部、10月10日にウイング館の一部が先行開業と、グランドオープンに向けて着々と準備が進んでいる本プロジェクトも、とうとう最終段階に入ってきました。

近畿日本鉄道は22日、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の全面開業日を来年3月7日に決めたと発表した。これまで「来年春」としていた。高さ約288メートルの展望台やホテルがオープンし、近鉄百貨店本店も全ての売り場が新装開業する。(引用元:MSN産経)

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
あべのハルカスの外観。高さ300mの威容は見る者を圧倒する。

2014年3月7日に開業するのはあべのハルカス近鉄本店の全館、大阪マリオット都ホテル、展望台のハルカス300の3施設となっています。残るあべのハルカス美術館は3月22日の開業、オフィスフロアは2月から入居が始まるようです。

最も注目を集めるであろう展望台のハルカス300ですが、大阪 at Nightのこれまでの経験を元に、照明の配置、光量や展望窓の構造など、いくつかのアイデアを提案させていただきました。おそらく南港のコスモタワー展望台に負けない超絶景の夜景スポットになると思いますので、個人的にも非常に期待しています。

あべのハルカスの開業は、これまで影に隠れていた天王寺・阿倍野エリアを名実ともに大阪第3のターミナル繁華街に押し上げる可能性を秘めています。高さ日本一の売り文句は全国メディアでも伝わり易いですし、既に観光地として定着している新世界と連動させることで、更に観光客を呼び込めるのではないかと思います。

夜景動画 住吉大社 御本殿&反橋(太鼓橋)

夜景動画シリーズ、住吉大社 御本殿&反橋(太鼓橋)を公開しました。

以前から多くのリクエストを頂いていた住吉大社ですが、夜景スポットとしては太鼓橋のライトアップ以外に目立った要素がなく、全体としてどのように構成したものかと悩んでいました。最終的には昼と夜の2部構成にすることで紀行番組(旅番組)のような側面を持たせるという所に落ち着きました。お時間宜しければ御覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

前半は昼景、後半は夕景〜夜景という構成です。日中の様子を動画に組み込むのは大阪の夜景動画チャンネルでは初の試みとなりますが、昼と夜の様子を対比的に見せることで、より一層スポットの魅力を引き出せたように思います。手間は2倍になりますが、この手法は今後の動画制作においても大いに役立ちそうです。

ここしばらく四天王寺や旧堺燈台、岸和田城といった歴史関連の作品を作っていますが、これらの動画を通じて大阪の歴史を見つめ直すきっかけになってくれればという思いを込めています。大阪の魅力をアップさせるためには、大阪人自身がもっと土地の歴史、文化を知り、そして発信していく必要性があると考えています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

住吉大社の夜景 太鼓橋のライトアップ 写真特集

住吉大社の写真特集、夜景編です。

前回の記事で紹介した昼間の様子とは全く異なった表情を見せる住吉大社の夜景を撮影しました。御本殿は午後5時に閉門されますが、その他の境内には終日立ち入ることができます。特に反橋(太鼓橋)のライトアップは必見です。

住吉大社 西大鳥居(一の鳥居) 夜景
静かな時間が流れる西大鳥居(一の鳥居)の夜景。

住吉大社 反橋(太鼓橋) 夜景 01
夜の反橋(太鼓橋)。周囲に茂る松の木が印象的です。

住吉大社 反橋(太鼓橋) 夜景 02
夜の反橋(太鼓橋) その2。常夜灯があるので結構明るいです。

住吉大社 反橋(太鼓橋) 夜景 03
反橋(太鼓橋)の頂上から西大鳥居を眺める。

住吉大社 反橋(太鼓橋) 夜景 04
反橋(太鼓橋)の頂上から手水舎住吉鳥居を眺める。

住吉大社 反橋(太鼓橋) 夜景 05
住吉鳥居前から見る太鼓橋の夜景。

住吉大社 反橋(太鼓橋) ライトアップ夜景 01
反橋(太鼓橋)のライトアップ。北側面のみですが21時までライトアップが行われています。関西経済同友会発行の関西夜景100選にも選ばれています。

住吉大社 反橋(太鼓橋) ライトアップ夜景 02
紅白の対比と、水面に映るアーチが非常に美しいです。

住吉大社 反橋(太鼓橋) ライトアップ夜景 03
太鼓橋のライトアップはどの角度から見ても絵になります。

住吉大社 住吉鳥居(角鳥居) 夜景
住吉鳥居(角鳥居)の夜景。夜でも途切れることなく参拝客が訪れていました。

住吉大社 御本殿 第三本宮 夜景
夜間は御本殿に入れませんので、門の隙間から撮影した第三本宮です。夜間に訪れる参拝客の為に明かりが灯されており、金扉が浮かび上がっています。

住吉大社 船玉神社 夜景
境内にある摂社の一つ、船玉神社(右)の夜景。

住吉大社 誕生石 夜景 01
源頼朝の寵愛を受けた丹後局(たんごのつぼね) が薩摩藩島津氏の始祖である島津忠久公を出産したと伝えられている場所です。誕生石が祀られています。

住吉大社 誕生石 夜景 02
これが誕生石です。安産祈願に訪れる女性が絶えないそうです。

住吉大社 境内の灯籠 夜景
沢山立ち並ぶ石灯籠。境内には約600基の灯籠があるとのこと。

以上、住吉大社の夜景でした。あまり夜景スポットとして認識されている場所ではありませんが、その厳かで神聖な雰囲気は他では中々味わうことができないでしょう。温故知新とはよく言ったもので、歴史を知ることで見えてくる大阪の奥深さがあります。京都や奈良に引けをとらない歴史文化を持っているにもかかわらず、商業都市というイメージから抜け出せないのは非常に勿体無いことだと感じています。

1 2 古い記事 >>

TOP > Archives: 2013.10

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top