2013/07

TOP > Archives: 2013.07

1 2 古い記事 >>

夜景動画 岸和田港まつり花火大会 2013

夜景動画シリーズ、岸和田港まつり花火大会 2013を公開しました。

岸和田港まつり花火大会は阪南港地蔵浜地区を舞台に約1,500発の花火が打ち上げられる泉南エリアを代表する花火大会です。2013年度で61回目を迎えるこの花火大会は岸和田の夏を彩る風物詩として親しまれています。今回は地蔵浜町の観覧エリアから見た花火をオープニングからラストまでダイジェストで収録しました。


YouTubeの動画ページへ

動画では7分程度にまとめていますが、実際には1時間に渡って打上げられます。1,500発で1時間ということで、密度は大規模な大会と比べると薄いのですが、フィナーレを飾る250連発のスターマインは非常に迫力のあるものでした。途中で雨が降り出すアクシデントに見舞われながらも、何とか最後まで撮影することができました。

岸和田の中心部から離れた埋立地での開催ということで、会場への導線や観覧スペースに余裕があり、天神祭や淀川のように移動や場所取りで苦労するということが全くありませんでした。行き帰りの混雑を気にせず、ゆったりと楽しみたい方には大変お勧めできる花火大会です。周辺に屋台が沢山出るので飲食にも困りません。

実をいうと今回の撮影はなにわ淀川花火大会の予行演習でした。周りのカメラマン達と話すと、やはり同じことを考えている人が多かったです。花火撮影の現場は慌ただしくて余裕がないので、事前に手持ちの機材で設定の目安を付けておくと本番でスムーズに撮影できます。そういう意味でも非常に有意義な撮影となりました。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

USJ ハリー・ポッターエリアの建設状況 2013年7月

2014年後半に開業が予定されているThe Wizarding World of Harry Potter(ハリー・ポッターの魔法の世界)の建設状況です。開業以来最大の投資額となる巨大プロジェクトの発表から1年以上が経ち、徐々にその姿を見せ始めていました。

USJエントランス付近 2013年7月
昨年のクリスマス以来、久々に訪れたUSJ。子供向けエリアのユニバーサル・ワンダーランドの好調が続いていることもあって、パークは大盛況でした。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 01 (ホグワーツ城)
USJの平面駐車場から見るハリー・ポッターエリア。ライドアトラクションの入る大きな建物(左)と、外観上の特徴となるホグワーツ城の主塔が見えます。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 02 (ホグワーツ城)
骨組みによって塔の高さや外観がイメージできるようになってきました。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 03 (ホグワーツ城)
USJの立体駐車場から見るエリアの全景。ホグズミード村が再現される部分など、エリアの広さが良く分かります。ここはウォッチングに最適な場所だと思います。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 04 (ホグワーツ城)
主塔の高さは発表されていませんが40〜50mくらいはあるのではないかと思われます。夜間は安全上の観点からライトアップ等の措置が行われるかもしれません。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 05
ホグズミード村の街並みが再現される部分。右端に少し骨組みが出来ていました。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 06 (ホグワーツ城)
ホテルユニバーサルポートから見たパークの様子。ホグワーツ城は全体的に低層なUSJの施設群の中で、一際シンボリックな建物になることは間違いありません。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 07 (ホグワーツ城)
右側に見えるアトラクションの建物はスパイダーマン以上の大きさがありそう。

USJ ハリー・ポッター 2013年7月 08 (ホグワーツ城)
この角度だとホグワーツ城の塔の並びが分かりやすいかも知れません。左下の方を良く見ると、お城の台座部分となる岩場の装飾工事が始まっています。

USJ ハリー・ポッター ラッピング電車
今年2月頃からJRゆめ咲線にラッピング電車が導入されています。開業の1年以上前から走らせる所に、新テーマエリアに懸けるUSJの意気込みが伝わってきます。

ホテルユニバーサルグランドタワー 2013年7月
スーパーオフィシャルホテルとなる(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワーの建設予定地。2015年開業予定ということで、そろそろ動きがあるかもしれません。

ベストウェスタン プレミアホテル大阪ベイ 2013年7月
こちらはベストウェスタン プレミアホテル大阪ベイの建設予定地。基礎〜1階部分の工事で放置されている状況です。このまま中止になってしまうのでしょうか。

やはりホグワーツ城の外観が見えてくると、どんどん期待値が高まっていきますね。このまま景気回復が続けば絶好のタイミングでオープンできる可能性もあり、そうなれば年間1,500万人クラスの集客も決して夢ではないかもしれません。

ただ懸念を感じたのはハリー・ポッターエリアの建設によって西側に追いやられた駐車場の不便さです。立体駐車場からだとゲートまで15分以上歩くことになります。これでは桜島駅から一駅歩くのとほとんど変わりません。子供やお年寄りのことを考えると、せめて炎天下の時期くらいは送迎バス等を導入した方が良さそうな気がします。

夜景動画 平成OSAKA天の川伝説 2013

夜景動画シリーズ、平成OSAKA天の川伝説 2013を公開しました。

2013年7月7日、大川・八軒家浜周辺で行われた平成OSAKA天の川伝説の動画です。川面に青く輝く光球(いのり星)が放流され、一夜限りの天の川となった大川の夜景と、水辺と親しむ参加者の様子を捉えました。今回の作品も天の川プロジェクトの公式動画としてプロモーション全般で使用されることになっています。


YouTubeの動画ページへ

基本的には昨年と似たような動画ですが、船上からの撮影を横視点に変更したり、東西2ヶ所のビル屋上からの構図を取り入れたりと、昨年までとは違ったものを見せられるように工夫しました。やはり天の川伝説は上から俯瞰で見るのが綺麗です。シティモールやキャッスルホテルの屋上に有料観覧席があればベストだと思います。

これまでも様々な依頼を受けてきましたが、イベントの撮影は一発勝負なのでプレッシャーが半端ないです。タイミングを逃さないようにタイムスケジュールと睨めっこしながら場所の確保と撮影、移動を繰り返さなければなりません。編集内容も自分の意向だけでは決められないので大変です。それはそれで達成感があるもの事実なのですが、やはり個人の趣味の範囲でやっている方が気楽だなと痛感します。

この後も立て続けに撮影の仕事が入っているので、更新が大幅に遅れることになりそうです。今回のように自分のブログ等で一般公開できる契約なら記事にもできるのですが、中々そういう柔軟なものばかりではないので仕方ありません。更新を楽しみにしてくれている方々には大変申し訳ないですが、予めご了承下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 七夕のゆうべ in 四天王寺 2013 中心伽藍

夜景動画シリーズ、七夕のゆうべ in 四天王寺 2013を公開しました。

先日紹介した四天王寺の七夕祭り、七夕のゆうべ in 四天王寺の動画バージョンです。七夕の飾り付けが施された境内、参加者で賑わうイベントの様子を中心に、美しくライトアップされた五重塔などの様子を収録しました。あいにく小雨がぱらつくという天候の為、映像内にお見苦しい点があるかもしれませんがご容赦下さい。


YouTubeの動画ページへ

動画の構成は前半が七夕のゆうべの様子、後半が四天王寺境内の夜景となっています。特に後半の中心伽藍の夜景は必見です。東日本大震災以降はライトアップされることすら少ないですし、しかも夜間に中へ入れる機会というのは滅多にありません。ただ時間の都合で写真を撮れなかったことが悔まれます。

動画内でライトアップされている施設は五重塔金堂講堂六時礼讃堂西大門(極楽門)仁王門(金剛力士像)です。やはり四天王寺の夜景はライトアップがないと始まりません。節電や自粛も大事だと思いますが、観光名所くらいはライトアップを率先していかないと街全体の活力が失われてしまうような気がします。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル


PS:
OSAKAビル景のショーケンさんが本を出版されます。その名も「大阪ビル景」。大阪に特化した建築本というと、近代建築のものは以前にもありましたが、高層ビルを含めたものとなると初めてではないでしょうか。ぜひ多くの方に読んで貰いたいです。

何気に大阪 at Nightも出版社と書籍化の話が進んでいるのですが、私自身が忙しくて保留状態になったりしています。いつになるか分かりませんが、自分が納得できるものを作れる環境になったら、大阪の夜景写真集を出したいと思っています。

1 2 古い記事 >>

TOP > Archives: 2013.07

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top