2013/04

TOP > Archives: 2013.04

1 2 3 古い記事 >>

夜景動画 再開発で変わりゆく大阪・阿倍野

夜景動画シリーズ、再開発で変わりゆく大阪・阿倍野を公開しました。

現在、再開発によって目まぐるしく変化を続けている天王寺・阿倍野エリアの夜景を動画としてまとめました。リニューアルされた阿倍野歩道橋を中心に、天王寺MIOプラザ館あべのハルカスあべのキューズモール等を加えて構成しました。


YouTubeの動画ページへ

長年に渡って再開発工事が進められてきた天王寺・阿倍野エリアですが、新歩道橋が完成したことで、見た目上は一通りの施設が出揃ったことになります。そして2014年春にあべのハルカスが開業、2015年末にあべの筋の拡幅と、それに伴う阪堺線の移設工事が完了し、ようやく一連の再開発が終りを迎えることになります。

そろそろ落ち着いてきたとはいえ、あべの筋を中心にまだまだカオスのような街並みが広がっており、記録として残すには少し気まずい部分もあるのですが、おそらく10年〜20年経てば貴重な映像資料になっているのではないかと思います。果たして将来の阿倍野は一体どんな街並みになっているのでしょうか。非常に楽しみです。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (夜景編)

新しい阿倍野歩道橋の写真特集、今回は夜景編です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋の夜景。歩道橋内部の照明が天井の膜を透過し、屋根のトラス構造がくっきりと浮かび上がっています。さながら芸術作品のようです。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 02
歩道橋中心部を拡大。暖色系の色合いが落ち着いた印象を与えています。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 03
歩道橋内部の様子です。この場所はあべのハルカス天王寺MIOプラザ館を結ぶ最も幅の広い部分。中央に大きな案内板が設置され、イベント等をPRしています。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 04
歩道を直接的に照らすライトと、天井に反射した光が合わさって、照明の本数のわりには非常に明るい空間になっています。洗練されていて非常に綺麗です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 05
照明の裏側は見えませんが、おそらく上方向にも光が出ているのだろうと思います。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 06
単なる移動のための通路から、街歩きの一部となる華やかな空間に変化しました。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 07 (天王寺ミオ プラザ館)
阿倍野歩道橋と天王寺MIOプラザ館。前回も書きましたが、変貌ぶりが凄いです。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 08 (天王寺ミオ プラザ館)
天王寺MIOプラザ館外壁の大型ディスプレイと新歩道橋とのマッチング。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 09
あべのnini&あべのキューズモール方面。これで地上・地下・歩道橋という3通りの導線が完成しました。新しい商業施設にとっても、これからが本番です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 10
あびこ筋方面。以前の様子と比べると同じ場所とは思えない程です。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 11
歩道橋がランドマークになるというのは全国的にも珍しい事例だと思います。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 12 (あべのnini 草間彌生 あべのから未来へ)
あべのnini外壁の大型アート作品。草間彌生作、「あべのから未来へ」。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 13
天王寺MIOからの夜景。歩道橋が阿倍野の新たなシンボルになりました。

阿倍野歩道橋 ライトアップ夜景 2013年4月 14 (あべのハルカス)
阿倍野歩道橋とあべのハルカス、夜景バージョン。

以上、阿倍野歩道橋の夜景でした。実をいうと阿倍野歩道橋のライトアップには正直あまり期待していませんでした。夜間のイメージパースも公表されていませんでしたし、テント構造の屋根とはいえ、あまり外に光は漏れないだろうと想像していたからです。ところが実際に目にすると、その光景は幻想的で目を見張るものでした。

事前に多額の追加費用が必要な難工事だと分かっていれば、もしかしたらこの特殊なデザイン案は採用されなかったかもしれません。それほど凝りに凝っていますし、芸術性という意味でも群を抜いています。税金をかけて作ったからには、ぜひ街全体でアピールして貰いたいですし、またその価値がある建築物だと思います。


2013年4月26日、大阪梅田にグランフロント大阪が開業しました。関西最大級の大型プロジェクトということもあって、開業当日はお昼のワイドショーから夜のニュースまでグランフロント一色だったようです。三菱地所が関わっていることもあって、全国のニュースでも数多く取り上げられていました。しばらくは大混雑が予想されます。

新・阿倍野歩道橋が全面開通 写真特集 (昼景編)

長期間にわたって工事が進められてきたJR天王寺駅、大阪阿部野橋駅前の阿倍野歩道橋が2013年4月24日に全面開通しました。コンペによって最終デザインが決定したものの、施工業者の選定に3度失敗、4度目の入札でようやく業者が決定しましたが、施工難度の高さにより予定から1年以上遅れての完成となりました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 01
上から見る阿倍野歩道橋。反対から見るとアルファベットの「a」の形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 02
リニューアルされた天王寺MIOプラザ館と阿倍野歩道橋。以前は古臭い印象があったこの場所も、2つの相乗効果によって本当に見違えるような景観に変貌しました。

阿倍野歩道橋 2013年4月 03
あべのハルカス側から見た歩道橋の様子。路面のカラーもお洒落で良い感じです。

阿倍野歩道橋 2013年4月 04
エコーアクロスビル側から見た歩道橋の様子。

阿倍野歩道橋 2013年4月 05
太陽光が天井の膜を透過し、屋根付きながら暗い印象が全くありません。夜間は照明が点灯し、逆に屋根の内側からライトアップされるような形になります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 06
天王寺MIOプラザ館との接続部分。1階と2階へアクセスできます。

阿倍野歩道橋 2013年4月 07
あべのnini側からJR天王寺駅と谷町筋。複雑な屋根の形状が良く分かります。

阿倍野歩道橋 2013年4月 08
歩道橋というよりはペデストリアンデッキと呼んだ方が適切かもしれません。

阿倍野歩道橋 2013年4月 09
下から見上げると円弧の形が強調され、さらに大迫力になります。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 01
阿倍野歩道橋とあべのハルカス。この角度から見る阿倍野歩道橋は本当に素晴らしいデザイン。超高層ビルとの組み合わせが近未来的な景観を演出しています。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 02
阿倍野歩道橋とあべのハルカス その2。

阿倍野歩道橋 2013年4月 10
上から見た阿倍野歩道橋。縦バージョン。

阿倍野歩道橋とあべのハルカス 2013年4月 03
阿倍野歩道橋とあべのハルカス 縦バージョン。

新しい阿倍野歩道橋は斬新なデザインで本当に素晴らしい出来栄えでした。屋根があることで暗い感じになるのではと危惧していましたが、光を透過する屋根と、歩道橋の全面を覆わない構造によって、非常に開放的な空間になっています。今後は地域のランドマークとして親しまれていくことでしょう。次回は夜景編をお届けします。

四天王寺 中心伽藍 & 聖霊会(舞楽大法要)

四天王寺では毎月21日の大師会と22日の太子会の二日間、中心伽藍を無料で開放しています。基本的に昼間しか入れないのでスルーしていたのですが、内部の様子を写真に残しておくことも必要だと思い、改めて訪れてみました。

四天王寺 中心伽藍 五重塔 01
中心伽藍の中に入ると五重塔が目の前に聳え立ちます。昭和34年建立の八代目で高さは39.2m。下部の様子をじっくりと見る機会は少ないので新鮮でした。

四天王寺 中心伽藍 五重塔 02
中心伽藍を構成する主要建築物。五重塔金堂講堂と南北一直線に並ぶ構造は四天王寺式伽藍配置と呼ばれています。歴史の教科書にも出てきますね。

四天王寺 中心伽藍 五重塔 03
五重塔は内部の見学も可能です。最上階まで登ることもできますが、小さな窓しかないので外の様子を良く見ることはできません。内部の写真撮影も禁止です。

四天王寺 中心伽藍 金堂 01
本尊である救世観音が祀られている金堂の様子。

四天王寺 中心伽藍 金堂 02
金堂の背後に聳える五重塔。

四天王寺 中心伽藍 回廊
中心伽藍の周りを取り囲む回廊の様子。

以下、毎年4月22日に行われる聖霊会(しょうりょうえ)舞楽大法要の様子です。六時堂前、亀の池中央にある石舞台の上で、四天王寺一山衆僧による声明と、天王寺楽所による雅楽が繰り広げられる、四天王寺を代表する年間行事です。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 01
亀の池石舞台(重要文化財)の様子。舞台の四隅を極赤色の曼珠沙華を模したオブジェが飾り、独特の演技空間を作り出しています。誰でも無料で観覧できます。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 02
牛四頭分の皮からなる大太鼓が左右に二つ並び、その威容を誇っています。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 03
今年は中心伽藍復興50周年ということで特別なプログラム、六時堂の裏の梅の木を回って行進する梅の木 大行道が34年ぶりに行われました。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 04
梅の木 大行道の様子 その2。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 05
梅の木 大行道の様子 その3。

四天王寺 聖霊会 舞楽大法要 06
梅の木 大行道の様子 その4。

四天王寺 中心伽藍 五重塔 04
中心伽藍から見る五重塔とあべのハルカス

この日は快晴で、資料的にも使える良い写真を撮ることができました。聖霊会(舞楽大法要)は昨年まで3年連続の雨天で、久々に晴天下での開催となったようです。また34年ぶりの梅の木 大行道を見ることができ、大変貴重な体験ができました。

1 2 3 古い記事 >>

TOP > Archives: 2013.04

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top