2012/01

TOP > Archives: 2012.01

1 2 古い記事 >>

グランフロント大阪(うめきた) 2012年1月

グランフロント大阪の建設状況です。

グランフロント大阪はJR大阪駅北側に広がる梅田北ヤード(うめきた)で建設が進んでいる先行開発区域の全体名称です。三菱地所など12社が合同で建設する4棟の高層ビルに、オフィスやホテル、ナレッジキャピタル、商業施設、分譲マンションが入居する関西最大級の複合再開発プロジェクトです。2013年春開業予定。

グランフロント大阪 完成予想パース2
グランフロント大阪の完成予想パースです。

グランフロント大阪(うめきた) 2012年1月 01
阪急グランドビルから見たグランフロント大阪。左から順番にAブロック(179.5m)、Bブロック南タワー(175.2m)、Bブロック北タワー(154m)、グランフロント大阪オーナーズタワー(174.2m)です。梅田スカイビルが完全に見えなくなりました。

グランフロント大阪 Aブロック&Bブロック南タワー 2012年1月 01
AブロックとBブロック南タワー。Aブロックは既に最高部まで到達し、塔屋部分やヘリポートの形が見えてきました。Bブロック南タワーも間もなく最高部まで到達するでしょう。エメラルドグリーンのようなガラスの色合いがとても綺麗です。

グランフロント大阪 Bブロック北タワー&オーナーズタワー 2012年1月
インターコンチネンタルホテルの入るBブロック北タワーと分譲マンションのグランフロント大阪オーナーズタワー。先の2棟に比べると少しペースが遅いような感じです。果たして来春の開業に間に合うのか少し心配になってきました。

グランフロント大阪 Aブロック&Bブロック南タワー 2012年1月 02
東側、新阪急ホテル前からの様子。手前のヨドバシカメラ駐車場も再開発が予定されています。クレーンがあったので何か動き始めたのかなと思いましたが、ヨドバシ梅田の屋上で何か作業をする為のものだったようです。こちらも続報に期待です。

グランフロント大阪(うめきた) 2012年1月 02
北側、中津付近からの様子。一番左が分譲マンションのグランフロント大阪オーナーズタワー。第2期分譲まで終えた段階で90%以上の成約率とのこと。関西で最高額となる4億円超の物件をはじめ、1億円超の物件が50戸以上売れているそうで大変驚きました。こんな所でも昨今の格差社会を感じずにはいられません。

グランフロント大阪(うめきた) 2012年1月 03
これほどの数のクレーンを一度に見ることは今後中々できないかもしれませんね。

グランフロント大阪(うめきた) 2012年1月 04
西側、梅田スカイビル付近からの様子。手前に広がる2期地区の利用方法はまだ決まっていませんが、橋下市長はリニア中央新幹線の誘致を目指し暫定的に緑地として活用することを検討している模様。ぜひ臨機応変に対応して欲しい所です。

JR大阪駅周辺 俯瞰撮影 2012年1月
阪急グランドビルから見たJR大阪駅周辺の俯瞰。手前のクレーンは梅田阪急ビル(阪急百貨店)の2期工事。完成すれば延べ床面積8万4000屬汎本最大級の百貨店となります。こちらは2012年度中の開業を予定しています。

あべのハルカス from 通天閣展望台 2012年1月

通天閣展望台から見たあべのハルカスの建設状況です。

あべのハルカスは阿部野橋ターミナルビル(近鉄百貨店阿倍野本店)の建替えプロジェクトとして着工し、2014年の完成を目指して建設が進んでいます。地上60階建て、高さは日本一となる300m。低層階に近鉄百貨店、美術館、高層階にオフィス、大阪マリオット都ホテルが入り、最上階には展望台が設けられる予定です。

あべのハルカス 完成予想パース
あべのハルカスの完成予想パース。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 01
通天閣展望台から見た天王寺・阿倍野エリア全景。手前には天王寺公園(天王寺動物園)大阪市立美術館などがあります。せっかくターミナル至近にある公園なのに、有料である為に利用率が低いのが現状。いずれ無料化すべきだと思います。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 02
あべのハルカスと阿倍野再開発エリア。阿倍野再開発は残り数棟を残すのみとなっており、都市計画決定から30年以上をかけて、ようやく完成を迎えようとしています。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 03
天に向かって伸びゆくあべのハルカス。公式サイトによると現在38階、193mまで建設が進んでいるとのこと。既にこの界隈で最も高い建物となっており、このまま梅田に持っていってもハービス大阪の189.7mを超え、最高層となります。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 04
あべのハルカスの低層部分とターミナル周辺。左側がJR天王寺駅天王寺MIO、バックにはシティタワーグラン天王寺(161m)、右側にはまもなく開業するあべのnini(96m)が建っています。リニューアル中の阿倍野歩道橋も見えています。

あべのハルカス from 通天閣 2012年1月 05
残り107m。300mに到達するのはいつ頃でしょうか。

天王寺・阿倍野周辺のパノラマ 2012年1月
天王寺、阿倍野周辺のミニパノラマ。ここ数年で第3ターミナルらしくなってきました。



通天閣の3階は2010年12月にリニューアルされ、大阪の歴史に関する資料館及び展示スペースになっています。中でも新世界の前身であるルナパークを再現したジオラマが興味深かったです。今まで写真でしか見たことがなかったので。

新世界 ルナパーク ジオラマ 01
1912年に都市型遊園地として完成したルナパーク。バックには初代通天閣。

新世界 ルナパーク ジオラマ 02
夕景〜夜景への変化やイルミネーションも再現されています。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月

中之島フェスティバルタワーの建設状況です。

中之島フェスティバルタワーは四つ橋筋を挟む新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200m(198.96m)のツインタワーへと建替えるプロジェクトです。先行してスタートした東地区は昨年末に上棟しており、2012年秋の開業に向けて着々と工事が進んでいます。西地区は2018年の完成予定。

中之島フェスティバルタワー 完成予想パース
中之島フェスティバルタワーの完成予想パースです。

OMMビルから見た中之島 2012年1月 01
今回は少し距離を置いて天満橋のOMMビル屋上から眺めてみました。これぞ水都大阪といった構図の中に誕生した中之島フェスティバルタワー、その存在感は他を圧倒しており、景観的にも1本芯が通ったように感じられます。

OMMビルから見た中之島 2012年1月 02
風格のあるオーソドックスなデザインのビルが建ち並ぶ中之島の中心部。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 01
北西側、渡辺橋から見た建設状況です。かなり完成に近づいてきました。レンガ張りの低層部には商業施設とフェスティバルホール等が入ります。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 02
低層部分の拡大。フェスティバルホールと高層オフィスの間にある4フロアに朝日新聞大阪本社が入居します。ガラス張りの部分にはシャトルエレベーターが設置され、地下から12階のスカイロビー(オフィスのエントランス)までを結びます。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 03
南西側、肥後橋からの様子。こちら側はシンプルであっさりとした感じ。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 04
南側、錦橋からの様子。

前回の撮影から3ヶ月でここまで工事が進んでいるとは驚きでした。オフィスフロアも2011年12月の段階で7割が埋まっているとのことで、そろそろ2期工事の着工も見えてきたのではないでしょうか。先の需要を読むというのは難しいですが、慎重になりすぎて開発の機運を逃した例も沢山あります。ぜひ頑張ってもらいたいですね。

大阪市中心部の夜景パノラマ 2012

お久しぶりです。新年に入ってから出張続きで大阪にいる時間が少なく、中々更新ができる状態ではありません。ただずっとブログを放置するのも申し訳ないので、少し前に撮影した上石切第二公園からの写真を使ってパノラマ画像を作成しました。便宜上タイトルに2012と付けていますが、実際は2011年末の撮影です。

生駒山から見た大阪市中心部の夜景パノラマ

天王寺・阿倍野から都心部を挟んで中之島、梅田周辺までを繋いでいます。あべのハルカス中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪等の再開発ビルが新たに加わっている様子が良く分かると思います。やはり街並みに変化があるのは楽しいものですね。また現地でウォッチングしていきたいと思っています。

1 2 古い記事 >>

TOP > Archives: 2012.01

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top