2011/12

TOP > Archives: 2011.12

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

上棟した中之島フェスティバルタワーの夜景 2011年12月

朝日新聞社が中之島で建設中の超高層ビル、中之島フェスティバルタワーの上棟式が12月13日に行われました。中之島で最大となる高さ約200mの威容を誇る外観がほぼ完成し、今後は2012年10月末の竣工に向けて内装工事が本格化していきます。今回は上棟を記念してブリーゼタワーからの夜景を撮影しました。

中之島フェスティバルタワー 夜景 2011年12月 01
最高部まで組み上がった中之島フェスティバルタワーの夜景。周囲には100mを超える高層ビルが沢山あるのですが、それらが霞んでしまうような存在感があります。

中之島フェスティバルタワー 夜景 2011年12月 02
将来は四つ橋筋を挟んでツインタワーになる予定です。右端の新関電ビル(195m)と供に中之島のランドマークとして君臨していくことになります。

ブリーゼタワーからの大阪夜景 2011年12月 01
中之島東部と淀屋橋方面。大阪都心の冬を彩るOSAKA光のルネサンス御堂筋イルミネーションが始まりました。今年も多くの人で賑わうことでしょう。

ブリーゼタワーからの大阪夜景 2011年12月 02
東方向の夜景。手前の大阪駅前第一ビル、第二ビル、そして右側の北新地周辺の雑居ビル群は時代に取り残されているような印象があります。

ホテルエルセラーン大阪 Xmasイルミネーション2011 01
動画でも紹介したホテルエルセラーン大阪のディスプレイで行われているクリスマスイルミネーション。このホテルは塔屋部分のライトアップも非常に綺麗です。

ホテルエルセラーン大阪 Xmasイルミネーション2011 02
サンタとトナカイ。周辺の街路樹もイメージカラーのピンクでイルミネーション。

ホテルエルセラーン大阪 Xmasイルミネーション2011 03
クリスマスツリーとメッセージ。4つのパターンを繰り返します。

中之島フェスティバルタワーは既にテナントの7割が内定しているとのこと。梅田や本町でテナントが集まらず開業できないビルがある中でこれは驚異的なことです。今後数年は大型ビルの竣工が相次ぐので予断を許しませんが、開業までに8割〜9割程度まで埋めることができれば2期工事の着工に弾みがつくのではないでしょうか。その為にも大阪経済全体の底上げが望まれます。橋下市長、期待してますよ。

エキスポ跡地は三井不動産に パラマウント構想は頓挫

万博記念公園 太陽の塔

大阪府は12日、吹田市の万博記念公園南側ゾーン活用の事業者に不動産大手の「三井不動産」(本社・東京都中央区)を選定したと発表した。同社は、教育的要素をエンターテインメントに融合させた体験型施設やアニメ・漫画を国内外に発信するテーマ施設などの集積を目指すとしており、府は16年9月末までのオープンを見込む。一時は進出が有力視されていた米映画大手「パラマウント・ピクチャーズ」のテーマパーク構想は頓挫した。(引用元:毎日jp)

万博記念公園南側ゾーン 三井不動産案
三井不動産案のイメージ(大阪府報道発表資料より)

パラマウントリゾート大阪構想で注目されていたエキスポランド跡地の再開発ですが、三井不動産が提案するThe Museum City of Expo21というテーマの複合施設に決定しました。内容は教育的要素を融合させたエンターテインメント集客施設です。

提案内容を見ると体験型のテーマパークにショッピングモールを組み合わせたようなイメージです。三井不動産のショッピングモールといえばららぽーと三井アウトレットパークが代表的なので、おそらくこれらの系列が入るものと推測されます。体験型のテーマパークはキッザニアの対象年齢を大人にまで広げたようなものでしょうか。

個人的には燦キャピタルマネージメントのパラマウント構想を実現して欲しかったのですが、おそらく資金力を含めた実現可能性、事業の継続性が多分に考慮されたのだと思います。パラマウント構想は民間の投資資金に頼る計画であり、一旦赤字に陥れば運営自体がままならなくなる可能性を秘めているからです。

大阪には既にUSJがありますし、今回の敷地ではテーマパークとしては狭すぎるので、選定委は現実的な決定を下したと見るのが適切でしょう。知事時代に推進派だった橋下新市長も決定を尊重するとのコメントを出していますし、今後はどんな驚きのある施設を作ってくれるのか、三井不動産の手腕に期待したいと思います。

これまでの流れで燦キャピタルマネージメント社長の大阪にかける情熱は十分に伝わりましたので、パラマウントリゾート構想はまた別の場所で実現して欲しいと願っています。ベイエリアの舞洲、夢洲あたりを上手く活用できないものでしょうか。

夜景動画 大阪梅田のクリスマスイルミネーション 2011

夜景動画シリーズ、梅田のクリスマスイルミネーション 2011を公開しました。

今年も大阪の街中では多彩なクリスマスイルミネーションが行われています。その中で最も多くのスポットが集中する梅田界隈のイルミネーションをダイジェスト的に紹介する動画を作りました。クリスマスシーズンのお出かけの参考になれば幸いです。


YouTubeの動画ページへ

撮影スポットは以下の通りです。

  • 新梅田シティ(ドイツクリスマスマーケット大阪)
  • NU茶屋町 & NU茶屋町プラス
  • 梅田ロフト
  • MBS 毎日放送
  • 阪急三番街(Sweet Hearted Christmas)
  • HEP FIVE(HEP FIVE CHRISTMAS FANTASY)
  • ディアモール大阪(DIAMOR FOREST)
  • 大阪ステーションシティ(RAINBOW CHRISTMAS)
  • ヒルトンプラザ イースト&ウエスト
  • HERBIS PLAZA & HERBIS PLAZA ENT
  • ブリーゼブリーゼ
  • ホテルエルセラーン大阪

新鮮なスポットはやはり大阪ステーションシティですね。館内全ての広場でイメージカラーの異なるイルミネーションが行われています。数が多い分それぞれが小粒かなという印象はありますが、初年度としては十分なのではないでしょうか。それ以外だとNU茶屋町プラスが加わったくらいで、基本的には定番のクリスマスといった雰囲気になっています。マイナーどころではホテルエルセラーン大阪がお勧めかも。

その他の地区は時間があれば続編として公開できると思いますので、ぜひ動画に入れて欲しいというスポットがありましたら、お気軽にリクエストをお寄せ下さい。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITYは今年で12回目を迎える夜のイベントです。夏至と冬至の夜の2時間、電気を消してキャンドルを灯し、思い思いの時間を過ごすと共に、普段の生活を見つめ直すきっかけを作ろうという意味が込められています。今回は2011年12月7日に行われた西梅田ナイトの様子を動画にしてみました。


YouTubeの動画ページへ

イベントではライトダウンされた街中にアート系の学生と地元クリエイターによるキャンドルアートや一般参加型のメッセージキャンドルなどが展示されます。普段は街路樹のライトアップやショーウィンドウで華やかな西梅田の街並みが、まるで別世界のように感じられ、それぞれが優しく暖かい時間を共有していました。

12月14日には茶屋町ナイトがありますので、ぜひ静かな夜を過ごしてみてください。

公式サイト:1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

<< 新しい記事 1 2 3 古い記事 >>

TOP > Archives: 2011.12

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top