2011/11

TOP > Archives: 2011.11

1 2 3 古い記事 >>

夜景動画 大阪の摩天楼 夕景 微速度撮影

夜景動画シリーズ、大阪の摩天楼 夕景 微速度撮影を公開しました。

生駒山の麓、東大阪市の上石切第二公園から見た大阪の高層ビル群を微速度撮影したものです。日が落ちて夕景〜夜景へと変化する様子をシームレスに見せることを目標に作成しました。個人的に区切りとなる30本目の動画ということで、写真と動画の良い部分を融合させた大阪 at Nightの集大成的な作品になっています。


YouTubeの動画ページへ

今回は3秒ごとに1枚の写真を90分間に渡って連続撮影しています。高層ビル群の照明や空の明るさ、色合いが刻々と変わっていく非常に難しいシチュエーションなので、カメラに付きっきりでリアルタイムに設定変更を繰り返さなければならず、かなり骨の折れる作業になりました。その分、情景がダイナミックに変化していく過程を表現でき、見ていて飽きさせない映像になっているのではないかと思います。

動画内では構図を変えて3パターンの見せ方をしていますが、全て同じカットを使用しています。微速度撮影は素材が写真データなので、高解像度で撮影しておけば、大胆な構図変更を行ってもフルハイビジョンの解像度が保てるという大きなメリットがあります。そういう意味では非常に自由度が高く、奥が深い撮影手法だと思います。

大阪の摩天楼 夕景 2011年11月

素材となった写真の一部をご紹介します。このような写真を1,800枚使用して今回の微速度撮影動画が作成されています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル


2011年11月27日、40年ぶりのダブル選挙で大阪維新の会が圧勝し、橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が誕生しました。大阪維新の会が提唱する大阪都構想に対して、大阪市民、大阪府民はYESの判断を下したわけです。特筆すべきは60.92%という市長選の投票率です。とにかく現状を打破して欲しいという民意が反映された今回の選挙結果は、間違いなく大阪の新しい歴史の1ページとなるでしょう。壮大な構想をどうやって実現していくのか、新市長、新知事の手腕に期待です。

大阪の将来を決めるダブル選 決戦前日

11月27日は大阪市長選、大阪府知事選の投票日です。状況は完全に大阪を二分する構図になっており、市長選は橋下氏と平松氏、知事選は松井氏と倉田氏の一騎打ちの様相を呈しています。大阪の都市制度を変えるのか、変えないのか、各陣営の思惑が交錯する史上稀に見る大混戦となっています。

以下、決戦前日の難波駅前で行われた街頭演説(大阪維新の会)の様子です。

橋下徹 大阪維新の会 街頭演説 01
前大阪府知事の橋下徹大阪市長候補。

橋下徹 大阪維新の会 街頭演説 02
聴衆の感心を一手に引く橋下節は健在。主張するのは大阪都構想。

松井一郎 大阪維新の会 街頭演説
大阪維新の会の幹事長、松井一郎大阪府知事候補。

石原慎太郎 大阪維新の会 街頭演説
応援に駆けつけた石原慎太郎東京都知事。

難波駅前 大阪維新の会 街頭演説
演説が始まる前から凄い人だかりでした。

公職選挙法により特定の候補を支持するという内容は書けない(個人ブログでもグレーゾーンらしい)ので、選挙の話題にはあまり触れたくなかったのですが、大阪にとってこれほど重要な選挙の話題をスルーすれば後で後悔すると思い、ニュース的な記事だけ書くことにしました。有権者の方はぜひ一票を投じて意思表示して下さい。

大阪の3大再開発プロジェクト 夜景 2011年11月

今回は大阪市内で建設の進んでいる3つの大型プロジェクトの夜景を生駒山方面から捉えてみました。撮影場所は以前にも紹介したことのある上石切第二公園です。

大阪の高層ビル群 夜景 2011 01
中之島から梅田方面の夜景です。手前のOBPやOAPと重なって見えます。左端付近で建設中のビルが中之島フェスティバルタワー、右端で建設中のビルがグランフロント大阪です。ビル頭頂部のライトアップが徐々に復活してきました。

大阪の高層ビル群 夜景 2011 02
グランフロント大阪周辺を拡大。OAPの後ろに沢山のタワークレーンが確認できます。全体の建設状況は40%〜50%といった所でしょうか。完成時すればちょうど空白地帯を埋めるようなスカイラインを形成してくれそうです。

大阪の高層ビル群 夜景 2011 03
中之島フェスティバルタワー周辺を拡大。こちらはほぼ最高部まで達しているようです。工事の照明で既に入居が始まっているようにも見えますね。左端には大阪城。

大阪の高層ビル群 夜景 2011 04
あべのハルカス周辺の夜景です。公式サイトによると現在153mに到達しているそうで、周囲のタワーマンションと肩を並べるくらいまで成長してきました。しかしこれでもまだ300mの半分なのです。やはり日本一の高さというのは半端ではないですね。

大阪の高層ビル群 夜景 2011 05
おまけで大阪都心方面の夜景です。弁天町や心斎橋、本町、谷町4丁目周辺など様々な方面のビルが重なっています。中央には東大阪市役所。

以上、大阪3大再開発プロジェクトの夜景でした。それぞれが大阪最大級のプロジェクトなので建設中の様子も壮観です。贅沢をいえば難波にもインパクトのあるビッグプロジェクトが欲しいところですね。個人的にはなんばパークス南側(ヤマダ電機の隣り)の敷地に期待しているのですが、果たしてどうなるのでしょうか。

夜景動画 大阪城天守閣 微速度撮影

夜景動画シリーズ、大阪城天守閣 微速度撮影を公開しました。

以前からリクエストの多かった大阪城の夜景動画です。美しくライトアップされた大阪城天守閣とその周辺の夜景を動画として収録しました。初の微速度撮影ということで実験的な意味合いの強い動画ではありますが、よろしければご覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

微速度撮影(インターバル撮影)とは数秒間隔に1枚の写真を連続で撮影し、それを繋げて動画にする手法で、雲の動きなど時間の経過を記録する目的で使用されることが多いです。この動画では1秒ごとに1枚、つまり秒間30フレームの動画にすると実際の30倍の時間が記録されているということになります。

大阪城のライトアップは非常に白く明るいため、普通に撮影するとすぐに白飛びしてしまいます。かといってライトアップのみに露出を合わせると周囲が真っ暗という状態になってしまいます。そこでHDR(ハイダイナミックレンジ)写真のノウハウを利用できる微速度撮影を取り入れたというわけです。撮影した写真全てにHDR風の処理を施すことで、通常の動画では描き出せない部分まで表現できていると思います。

微速度撮影のデメリットは恐ろしく時間と手間がかかるということです。今回紹介した3分少々の動画でも、実時間で1時間48分、6,480枚の写真を使用しています。EOS 7Dのシャッター耐久回数が15万回ですから、機械寿命を考えると、あまり頻繁に実行できるものではなさそうです。ここぞという場面でのみ使っていきたいですね。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 古い記事 >>

TOP > Archives: 2011.11

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top