2011/10

TOP > Archives: 2011.10

1 2 3 4 古い記事 >>

ダイビル本館 & クレヴィアタワー中之島 2011年10月

ダイビル本館はダイビル、関西電力、関電不動産による中之島3丁目共同開発の締めとなるプロジェクトで、中之島を代表する近代建築だった旧ダイビル本館を22階建て高さ108.19mの高層ビルへと建て替える計画です。

ダイビル本館 完成予想パース
ダイビル本館の完成予想パースです。

ダイビル本館 2011年10月 01
タワークレーンが姿を現しました。旧ダイビルの外観を継承する低層部分の完成が楽しみです。ただし以前より横幅が狭くなるので印象は異なるかもしれません。

ダイビル本館 2011年10月 02
堂島川の対岸から。北西部分(写真右側)には約1,000坪の広場が整備され、川沿いの遊歩道から歩道橋によって土佐堀川方面まで繋がる予定です。



クレヴィアタワー中之島はリーガロイヤルホテルの北側対岸に建設中の高層マンションです。地上36階建て、高さ127.24m、総戸数は250戸となっています。

クレヴィアタワー中之島 完成予想パース
クレヴィアタワー中之島の完成予想パースです。

クレヴィアタワー中之島 2011年10月
10月中旬の建設状況です。60m程度まで伸びてきました。背後に見えるリバーサイドタワー中之島(高さ102m)と密着するように建設されています。

この周辺では他にも新関西電力病院(地上18階建て、高さ81.55m)が建設中だったり、詳細は未定ですが京阪・大林 中之島共同開発リーガロイヤルホテルの建て替え、大阪市立近代美術館の整備等も計画されており、動向次第では今後の大型再開発の中心になる可能性を秘めたエリアといえるでしょう。

夜景動画 通天閣 LEDイルミネーション点灯式

夜景動画シリーズ、通天閣 LEDイルミネーション点灯式を公開しました。

大阪・新世界のシンボルタワーとして親しまれている通天閣。2011年10月28日、12回目となるネオンサインのリニューアルが完了し、点灯記念式典が行われました。ネオン管の大部分をLEDに取り替え、省電力でより多彩な色表現が可能になった新しい通天閣のイルミネーションを動画として収録しました。


YouTubeの動画ページへ

前半はレーザーショーと6種類の色彩パターンが一通り披露された点灯式の様子をノーカット(1.5倍速)で収録。後半は季節ごとに異なる色の変化を順番に解説付きで紹介しています。今回のネオンは塔の内側だけではなくてライン自体を様々に発色させることができるので以前より格段に鮮やかに、そして美しくなっています。

1〜2月は雪をイメージする白色、3〜4月は桜色、5〜6月は新緑の緑色、7〜8月は海と空の水色、9〜11月は稲穂の金色、12月は青緑色で樅の木を表現しています。特に印象的だったのは見慣れていない桜色と水色ですね。白色も紫色がかっているように見えて綺麗でした。過去にあった緑色のパターンが復活したのも嬉しい所です。

今回、現地で撮るか離れた場所から撮るかでギリギリまで悩んだ結果、マスコミとは違う視点の方が面白いかなと思い、あべのルシアスから撮影することにしました。どちらが良かったのかは分かりませんが、ルシアスから撮っていたのは私一人だけだったと思うので、そういう意味では貴重な映像かもしれません。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 道頓堀川 ナイトクルーズ

夜景動画シリーズ、道頓堀川 ナイトクルーズを公開しました。

くいだおれの街、大阪ミナミを東西に流れる道頓堀川。近年、川沿いにとんぼりリバーウォークという遊歩道の整備が進められ、グリコネオン等の観光スポットを巡る遊覧船、とんぼりリバークルーズが運行されるようになりました。見違えるように変貌した道頓堀川の夜景を映像作品として編集しましたので、ぜひご覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

動画の構成としては、クルーズ船からの視点と遊歩道や橋の上からの視点を交互に織り交ぜることで、道頓堀川全体を把握できるように工夫してあります。えびす橋やグリコネオン、湊町リバープレイス、キャナルテラス堀江など、主要な見所を網羅していますのでバーチャルクルーズ的に楽しんで頂けるのではないかと思います。

どこの観光地でもそうですが、地元の人間が遊覧船に乗ることは稀だと思いますので、大阪人にこそ見て欲しい動画なのかもしれません。遊歩道の整備や橋の改修、ライトアップによって水辺の景観がどんどん良くなっていることに驚かれると思います。今回、観光客の目線で街を見ることの重要性を再認識しました。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

中之島フェスティバルタワー 東地区 2011年10月

中之島フェスティバルタワーの建設状況です。

中之島フェスティバルタワーは四つ橋筋を挟む新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200m(198.96m)のツインタワーへと建替えるプロジェクトです。東地区は2012年秋、西地区は2018年の完成予定です。

中之島フェスティバルタワー 完成予想パース
中之島フェスティバルタワーの完成予想パースです。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2011年10月 01
北西側、渡辺橋から見た建設状況です。前回の取材時と比べて一段と上に伸びていました。低層部にはレンガ張りの美しい外壁が姿を見せ始めています。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2011年10月 02
南西側、肥後橋からの様子。超広角レンズを使用しても横位置ではもうすぐ全景が収まりきらなくなりそうです。この時点で160m程度にまで達していると思われます。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2011年10月 03
南側、錦橋からの様子。完成予想図を見ると旧フェスティバルホールにあったレリーフ「牧神、音楽を楽しむの図」も再現されるようで非常に楽しみです。

中之島の超高層ビル群 2011年10月
進化を続ける中之島の超高層ビル群。中之島フェスティバルタワーが加わり、さらに手前ではダイビル本館のクレーンが地上に姿を現しました。

2012年秋のオープンに向けて、工事は佳境に入っている段階です。外観のイメージが想像できるようになり、徐々に期待が高まってきました。オフィス市況等の不安要素はありますが、ぜひ美しいツインタワーとして完成させて欲しいと願っています。

1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > Archives: 2011.10

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top