2011/09

TOP > Archives: 2011.09

1 2 3 古い記事 >>

南海会館ビル建て替え 155mの超高層ビルへ

南海電気鉄道は南海難波駅に直結する「南海会館ビル」(大阪市)の建て替え計画の概要を固めた。地上29階建てで、高さは155メートル前後の見通し。2016年に着工し、18年の完成を目指す。百貨店など大型商業施設の誘致を検討している。(引用元:日経新聞)

スイスホテル南海大阪と南海会館ビル
南海難波駅ターミナルとスイスホテル南海大阪。中央左側、ガラス張りの低層ビルが現在の南海会館ビル。敷地はかなり細長い形状になっています。

通天閣と難波の高層ビル群
難波の高層ビル群全景。この景観に新しい高層ビルが加わることになりそう。

南海難波駅に直結する南海会館ビル建て替えの続報です。新ビルは地上29階建て、高さは155m前後、2016年着工、2018年完成予定とのこと。ここまで詳細な情報が出てくるということは着工に向けて本格的に動き出したと見て間違いないと思います。南海電鉄は難波に集中投資といった感じですね。

気になるのは百貨店も含めた大型商業施設の誘致という点かもしれません。ご存知の通り南海難波駅ビルには高島屋大阪店が入居しており大規模な増床を完了したばかり。そして北側になんばマルイ、南側になんばパークスが立地しています。どこの系列が進出するのかは分かりませんが、実現すれば梅田に負けないほどの激戦区になりそうです。心斎橋はさらに厳しくなるかもしれません。

梅田、難波、阿倍野、この3拠点を中心にした集客戦争は果たして大阪活性化の起爆剤となるのか、単なる消耗戦になるだけなのか、その動向に注目していく必要がありそうです。東京メディアは店舗過剰だの何だの必死にネガキャンしていますが、個人的には大阪市中心部にはまだ集客の余地はあると考えています。

夜景動画 海遊館 ナイトアクアリウム

夜景動画シリーズ、海遊館 ナイトアクアリウムを公開しました。

前回少しだけ写真で紹介した夜の海遊館を動画にしてみました。海遊館では毎日夕方5時以降に館内が暗くなり、水槽の照明が青系に変わることで夜の海の雰囲気を再現しています。できるだけそのイメージが伝わるように撮影しました。


YouTubeの動画ページへ

動画ではジンベエザメのいる巨大な太平洋水槽を中心に、主要な水槽をほぼ網羅できていると思います。ペンギンラッコゴマフアザラシイルカクリオネ等の人気者たちも収録しました。多彩な生き物を飼育している海遊館ならではですね。

水槽越しの撮影は反射が大敵となります。三脚と暗幕の使用で回避する手段はありますが、混雑する水族館内では常識的に難しいです。PLフィルターという手もありますが、露出が暗くなるので水族館の撮影には向きません。今回の撮影では、できるだけレンズを水槽に近付けて撮影する基本的な技術で反射を軽減しています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

天王寺公園から見たあべのハルカス 2011年9月

台風が過ぎ去って3連休は絶好の行楽日和に。散歩がてら天王寺公園へ行ってきました。少し前の猛暑が嘘のような涼しさで快適な一日でした。

天王寺公園から見たあべのハルカス 2011年9月 01
天王寺公園から見た建設中のあべのハルカス。ほのぼのとした公園内とのギャップが面白いです。駅からの半径200m以内にほとんどの商業施設が集中する天王寺・阿倍野地区。その中心に巨大なランドマークが誕生しようとしています。

天王寺公園から見たあべのハルカス 2011年9月 02
隣のあべのniniと比較すると現在高さ120mくらいでしょうか。この状態でも全体で見るとまだ3分の1を少し超えた程度ということで、完成後の規模をまだ想像できません。少しずつ伸びていくを見るのが楽しくなりそうです。

公園、動物園、美術館に大型商業施設も続々と誕生、梅田、難波にはない独特の落ち着き感もあり、天王寺は改めていい街になってきたなぁと思いました。再開発によって今後は文字通り第3の拠点として認識されていくようになるのではと思います。

夜の海遊館とイルカたち

天保山の夜景撮影のついでに海遊館へ。

夕方5時以降の海遊館は館内の照明が暗くなり、夜の海の雰囲気を楽しむことができます。ブルーの照明が追加された夜の水槽はとても綺麗で、昼間とはまた違った印象を受けます。夕方5時以降に入館できるアフター5ペアチケットがあるので少しお得に楽しめるのもポイント。今回はイルカのみですが写真で紹介します。

海遊館前の広場 夜景
海遊館の夜景。水槽の照明を兼ねているライトアップが綺麗です。

海遊館 イルカ 01

海遊館 イルカ 02

海遊館 イルカ 03

海遊館 イルカ 04

海遊館 イルカ 05

海遊館 イルカ 06

こんな感じで夜でも愛想よく泳ぎまわってくれるので被写体としては最高です。暗い照明の中、高速で泳ぐイルカたちを撮影するのは結構大変でした。高感度と連写で強引に押さえ込むといった感じです。でも写真だと昼なのか夜なのか分かりませんね。ジンベエザメのいる大型水槽の様子は後日動画で紹介する予定です。

1 2 3 古い記事 >>

TOP > Archives: 2011.09

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top