2011/07

TOP > Archives: 2011.07

1 2 3 4 古い記事 >>

セントプレイスタワー(都島区善源寺町II計画) 2011年7月

セントプレイスタワーは都島区善源寺町2丁目に建設中のタワーマンションです。日本製紙都島工場跡地の再開発プロジェクトとして建設が進められているセントプレイスシティの最後を飾る物件であり、総戸数は445戸、地区全体で1,170戸(西隣のセントプレイス大阪を含めると2,254戸)と関西最大級の規模を誇ります。

セントプレイスタワー 完成予想パース
セントプレイスシティの完成予想図です。セントプレイスタワーは地上38階、高さ133.53m、2012年3月の完成予定です。タワーに先行して右側のグランドプレミオ、グランドコンフォルトが2009年に完成しました。

セントプレイスタワー 2011年7月 01

セントプレイスタワー 2011年7月 02
7月上旬頃の様子です。30階程度まで組み上がってきているようです。大規模な再開発地区だけあって周辺の空間にも余裕がありますし、温浴施設などの充実した供用施設もあるようで、住環境はかなり良さそうな感じです。

セントプレイスタワー 2011年7月 03
善源寺公園から見たセントプレイスシティです。

日本初の高さ100m超マンション、ベルパークシティ・トライスタワーをはじめ、桜宮リバーシティ等、多数の高層マンションが林立する都島区。そんな関西有数の高層マンション密集地区に誕生するセントプレイスタワー、完成が非常に楽しみです。

千里中央駅周辺の再開発 2011年7月

千里ニュータウンは大阪府豊中市〜吹田市に跨る千里丘陵に建設された日本発の大規模なニュータウンです。その中心となるのが北大阪急行(地下鉄御堂筋線直結)と大阪モノレールの千里中央駅で、周辺は大阪郊外で最大規模と言っていいほどの商業地区、及び業務地区となっています。

千里中央駅周辺 2011年7月
千里中央駅周辺です。せんちゅうパルという大型ショッピングセンターを中心に、その周りをデパートやオフィスビル等が取り囲んでいます。多少の古さは感じられるものの、大阪では数少ない一から作られた街並みは今でも十分に通用するものです。

ザ・千里タワー 2011年7月 01
駅周辺で一際目立つザ・千里タワーです。地上50階建て、高さ164.2mの超高層マンションは千里中央地区再整備事業の一環として2009年に完成しました。右隣にもザ・千里レジデンスと言う新しいマンションが完成しています。

ザ・千里タワー 2011年7月 02
ザ・千里タワー その2。白亜のタワーが青空に映えます。左側は豊中市千里文化センター コラボ、右側はせんちゅうパルです。

ヤマダ電機 LABI千里
2008年に開業したヤマダ電機のLABI千里です。難波のLABI1なんばと似たような外観です。郊外だけではなく都心部への出店も加速させているヤマダ電機はやはり強いですね。大阪人としてはできるだけ上新電機を応援したいと思っていますが。

阪急百貨店 千里阪急
大阪万博の1970年に開業した千里阪急です。もう開業40年以上になるんですね。大阪郊外の本格的な百貨店はここが最初だったのではないかと思います。その後、高槻西武、松阪屋高槻店、八尾西武、京阪百貨店守口店と続いていきます。うろ覚えなので開業の順番は前後するかもしれません。

千里大丸プラザ
せんちゅうパル西側にある千里大丸プラザ(大丸ピーコックストア)です。調べてみると、あの有名なオイルショックのトイレットペーパー騒動はこの店舗が発端だそうです。大阪に住んでいながら今まで知りませんでした。

せんちゅうパル
1970年開業の千里中央地区センター専門店街を前身とするせんちゅうパルです。千里中央駅の駅ビルを兼ねており、この地区の回遊の中心となっている施設です。今でいうモール型商業施設の走りみたいな感じですね。

千里セルシー
せんちゅうパルと一体化しているようにも見える複合商業施設、千里セルシーです。一時、千里中華街が話題になりましたが閉店してしまいました。1階のセルシー広場では毎週沢山のイベントが開催されています。

千里朝日阪急ビル
朝日新聞社と阪急電鉄によって1992年に建設された千里朝日阪急ビルです。22階建て、高さ97.56m。多目的ホールやクリニック、レストランフロア等を備えています。

千里ライフサイエンスセンタービル
同じく1992年に完成した千里ライフサイエンスセンタービルです。21階建て、高さ96.11m。会議室や展示場、2つのホール、商業施設を備える複合ビルです。

大阪モノレール 千里中央駅
大阪(伊丹)空港、門真市、彩都西方面へと繋がる大阪モノレール 千里中央駅です。北大阪急行とモノレールによって多方面からのアクセスが可能な点が、この地区の魅力を飛躍的に高めていると思われます。

久々に千里中央を訪問しましたが、やはり整備された街並を歩くのは本当に気持ちがいいです。大阪郊外の場合、既成市街地の問題でどうしても雑多な印象を受けてしまうことが多いので、改めてこの地区の存在は貴重だと感じました。

現在、千里ニュータウンでは高齢化、人口減少などの問題が騒がれるようになってきました。しかしこれだけ豊かな自然と充実した商業施設に囲まれているのですから、古い住宅の再生を進めていけば、きっと若い世代を呼び戻せるはずです。

夜景動画 天神祭奉納花火 2011

夜景動画シリーズ、天神祭奉納花火 2011を公開しました。

天神祭は日本三大祭りの一つであり、水都大阪の夏を代表するイベントです。本宮の夜、祭りのフィナーレを飾るのが大川で打ち上げられる3,000発の奉納花火です。2ヶ所で打ち上げられる花火を同時に見られる大阪城公園から撮影しました。


YouTubeの動画ページへ

基本的には時間軸に沿って全体を見渡す構図と花火のみの構図を組み合わせて編集しました。天神祭奉納花火では1時間半程度に渡り間隔を空けて打ち上げられるので、1台のカメラでも撮影中の構図変更は容易です。迫力あるオープニングとクライマックスはほぼノーカットで収録しています。

今回はBGMを使用せず現地の音のみの映像にしました。花火は音も大事な要素なので、下手に編集を加えるよりは良かったと思います。実際は音速の関係で花火の閃光よりも数秒遅れて爆発音が届くのですが、映像との整合性を考えて時間差を補正してあります。録音マイクはオーディオテクニカのAT9941を使用しました。

昔からきちんと花火の動画を撮りたいと思っていましたが、ようやく実現することが出来ました。映像の出来映えも個人的に満足のいくレベルで、夢がかなった気分です。バックの夜景と花火を同時に映しこめたのは懐の深いEOS Movieのおかげですね。

この後も大阪ではPL花火芸術(8/1)やなにわ淀川花火大会(8/6)が続きます。こちらも余裕があればチャレンジしてみたいと思っています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

松屋町駅周辺の再開発 2011年7月

松屋町筋は堺筋と谷町筋の間を南北に走る主要道で、古くから人形店や玩具、駄菓子の問屋などが軒を連ねる個性的な商店街として有名です。最近になって松屋町交差点の周辺にタワーマンションが増えてきましたので、まとめて撮影してみました。

松屋町筋商店街 2011年7月
松屋町筋商店街です。大阪では親しみを込めてまっちゃまちと呼ばれています。しかし近年は問屋街の衰退が進んでおり、シャッターが目立つようになってきました。

松屋タワー 2011年7月
松屋町交差点の南東にそびえる松屋タワーです。29階建て、高さ103.73m、2009年に完成しました。地下鉄松屋町駅直結でとても利便性が高そうです。

松屋町交差点 2011年7月
交差点の東側を見るとさらに2本の高層マンションが見えます。ちょうど上町台地を登っていく坂になっているので、ここから見ると実際の高さ以上に迫力があります。

マストタワー安堂寺 2011年7月
2010年に完成したマストタワー安堂寺です。32階建て、高さ99.98m(最高部不明)。低層階の一部の角が取れたような変わった外観をしています。

エスリード長堀タワー 2011年7月
マストタワー安堂寺のすぐ近くに建設されたエスリード長堀タワーです。26階建て、高さ88.3m。施工会社の倒産により工事が中断されましたが、2011年1月にようやく完成しました。右側の建物は駐車場棟です。

松屋町筋商店街には子供のころ良く親に連れられて花火を買いにきた思い出があるので、昔ながらの店舗が消えていくのを見るのは辛いです。松屋町をはじめ、電気街の日本橋、難波の道具屋筋、繊維の船場センタービルなど専門的な商店街の存在は商都大阪の歴史そのものです。このような昔から根付いてきた文化を生かして観光資源にすることが、今後の大阪にとって重要なのではないかと思います。

1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > Archives: 2011.07

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top