堺市

TOP > 夜景・夕景 > 堺市

<< 新しい記事 1 2 3 4 古い記事 >>

日本最古の木造洋式灯台 旧堺燈台の夜景

16世紀に南蛮貿易の拠点として発展した堺港のシンボルとなっている旧堺燈台。堺の人々の寄付などにより築造された高さ11.3mの木造洋式灯台は、現在まで国の指定史跡として保存され、平成18年度には保存修理工事が完了しました。

旧堺燈台 夕景 01
旧堺燈台の夕景。西側に開けた大阪湾ならではの美しい夕日が楽しめるスポットです。周辺の沿岸には親水プロムナードが整備され、ゆったりと眺めることができます。

旧堺燈台 夕景 02
初代は1689年に建築、現在のものは1877年建造で7代目だそうです。堺泉北臨海工業地帯の造成で埋め立てが進み、既に灯台として機能はありません。

旧堺燈台 案内板
灯台の側にある案内板。戦前の写真などが掲載されています。

旧堺燈台 トワイライト 01
日が落ちて薄明かり(トワイライト)になりました。ライトアップが行われていないので、全体の雰囲気を考えると、このくらいの時間帯に撮影するのがベストだと思います。

旧堺燈台 トワイライト 02
阪神高速4号湾岸線と旧堺燈台。時代の流れを感じさせる風景です。

旧堺燈台 トワイライト 03
期間限定で内部の公開が行われることもあります。

旧堺燈台 夜景 01
旧堺燈台の夜景。街灯の照り返しのみですが、夜に浮かび上がる様も中々です。

旧堺燈台 夜景 02
夜間は散歩する周辺住民がいるくらいで、静かな時間が流れています。

旧堺燈台 夜景 03
史跡を示す石碑と旧堺燈台。

阪神高速湾岸線 大浜IC 夜景
大浜公園を取り囲むように建設されている阪神高速湾岸線の大浜インターチェンジ。単なる出入口ですがカーブがあるのでジャンクションのようにも見えます。

以上、旧堺燈台の夜景でした。以前は期間限定で内部公開とライトアップが行われていましたが、最近は節電の風潮も合って行われていないようです。堺市が観光都市としての再生を目指すなら、常時公開&ライトアップするくらいの気合いが必要でしょう。堺の歴史を象徴するものであり、市民の理解も得られると思います。


PS: 2020年夏季五輪の開催地が東京に決定しました。前評判ではリードしつつもソウルに敗れた名古屋、北京に大敗した大阪に続いて3度目の正直といいますか、ようやく日本で2回目の夏季五輪が開催されます。東日本大震災以降、暗い話題の多い日本に前向きなマインドをもたらす効果は非常に大きいはず。数々の苦難を乗り越え、新時代の日本を世界へ示す絶好の機会となることを期待します。

堺泉北臨海工業地帯の夜景 Vol.8 築港浜寺西町

堺泉北臨海工業地帯の夜景シリーズ、第8回目は築港浜寺西町です。

前回紹介した高石市高砂の工場群を抜け、埋立地の北東端あたりまで進むと視界の開けた場所があります。そこから対岸の東燃ゼネラル石油堺工場三井化学大阪工場を見ることができます。一般道路沿いなので立入りは問題ありません。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 東燃ゼネラル石油堺工場 01
左が東燃ゼネラル石油堺工場、右が大阪ガス泉北製造所第一工場です。プラント中心だった浜寺公園側とは違い、主に備蓄タンク群の様子を見ることができます。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 01
三井化学大阪工場。地上からまともに見られる場所は貴重です。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 02
対岸南側のほとんどが広大な三井化学大阪工場となります。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 関西電力堺港発電所
ここからは望遠写真で見ていきます。まずは少し北側に見える関西電力堺港発電所の煙突群。原発停止の影響で火力発電はフル稼働を強いられているようです。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 東燃ゼネラル石油堺工場 02
東燃ゼネラル石油堺工場。煙突から立ち上る煙、炎、蒸気など、工場夜景を象徴する要素が詰まっています。工場夜景には独特の色があって、とても綺麗です。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 大阪ガス泉北製造所第一工場
大阪ガス泉北製造所第一工場。左の巨大なLNGタンクが目立ちます。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 03
三井化学大阪工場の前に停泊する大型タンカー。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 04
三井化学大阪工場。LPGのタンク群が並びます。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 05
三井化学大阪工場。立ち上る煙、怪しく光るプラントやタンク群の夜景は、まるでSF映画に出てくる未来都市のような景観です。ここは一見の価値があります。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 三井化学大阪工場 06
三井化学大阪工場。何の設備かは知りませんが、いかにも工場という感じです。

堺泉北臨海工業地帯 築港浜寺西町 夜景
月明かりに照らされる工業地帯。

以上、久しぶりの工場夜景でした。築港浜寺西町は工業地帯の広大なパノラマ夜景が楽しめる素晴らしいスポットです。もしかしたら堺泉北臨海工業地帯のベストスポットかもしれません。ただし距離的に徒歩でのアクセスは厳しいので、何らかの移動手段が必要です。工場夜景に興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

一応これで堺泉北臨海工業地帯シリーズは完結となりそうですが、引き続きスポット情報はお待ちしております。ここぞという場所がありましたら、ぜひお寄せ下さい。

撮影場所周辺の地図

堺泉北臨海工業地帯の夜景 Vol.7 高砂(JX日鉱日石)

堺泉北臨海工業地帯の夜景、シリーズ第7回目は高石市高砂です。

臨海工業地帯の南側半分にあたる浜寺公園対岸の埋立地は堺市と高石市にまたがっており、以前に紹介した東燃ゼネラル石油の工場は堺市、三井化学JX日鉱日石エネルギーの工場等その他の大部分は高石市高砂となります。

堺泉北臨海工業地帯 高砂 JX日鉱日石エネルギー 01
JX日鉱日石エネルギー大阪製油所。かつてはJOMOブランドの新日本石油の工場でしたが、3社の経営統合によりJX日鉱日石エネルギーとなりました。

堺泉北臨海工業地帯 高砂 JX日鉱日石エネルギー 02
この工場は道路のすぐ側にプラントがあるので撮影は比較的容易です。

堺泉北臨海工業地帯 高砂 JX日鉱日石エネルギー 03
黄色い建屋が目を引きました。公式サイトによるとこれは発電設備で、重質油を燃料として発電した電気を関西電力へ供給しているそうです。

堺泉北臨海工業地帯 高砂 JX日鉱日石エネルギー 04
ブルーのカラーリングが施された色鮮やかなプラント。

堺泉北臨海工業地帯 高砂 JX日鉱日石エネルギー 05
LPガスタンク群。ヨットの帆が風を受けているように見えるようカラーリングされているそうです。似たような設備でも会社によって雰囲気が異なるのが面白いです。

高砂地区には他にも三井化学の巨大工場がありますが、近くからは工場の様子をほとんど見ることができません。浜寺公園からも高速道路の高架が邪魔をして良く見えないので、もう少し撮影スポットを調査してみようと思っています。

撮影場所周辺の地図

堺泉北臨海工業地帯の夜景 Vol.6 築港新町(コスモ石油)

堺泉北臨海工業地帯の夜景、シリーズ第6回目は築港新町です。

これまでは少し離れた場所から見た工業地帯の眺めを紹介してきましたが、埋立地の内部からでも石油プラントが見える場所がありますので少しだけ紹介しておきます。まずは堺市西区築港新町のコスモ石油堺製油所です。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 01
工場周辺は高い外壁で囲まれており、中の様子を垣間見ることは難しいのですが、高さのあるプラントの見える場所が所々にあります。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 02
電柱が邪魔ですが、望遠気味で撮影すると結構面白い構図になります。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 03
立ち上る蒸気。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 04
コスモ石油のプラントは白色のライトアップが綺麗です。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 05

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 06
鉄の錆びついた様子がSF的な雰囲気を高めています。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 07
聳え立つ煙突とプラント群。

堺泉北臨海工業地帯 築港新町 コスモ石油 08
怪しい光を放っているのは防爆仕様の特殊な照明を使っているからでしょうか。

コスモ石油等の工場の敷地は広大なので、周囲を少しずつ移動しながら撮影場所を探す必要があり、かなり根気の要る作業になります。Googleマップのストリートビュー等を駆使して事前にある程度の下調べをしておくと効率が良いかもしれません。

撮影場所周辺の地図

<< 新しい記事 1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 堺市

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top