空港・航空機

TOP > 夜景・夕景 > 空港・航空機

1 2 古い記事 >>

阪南スカイタウン 展望緑地からの夜景 (大阪府阪南市)

大阪府阪南市の丘陵地帯に開発された阪南スカイタウン。その最上部にある駐車場からさらに階段を登って行くと展望緑地と呼ばれる大規模な公園に辿り着きます。標高は200mほどですが眺めは大変素晴らしいもので、阪南スカイタウンの街並みを始め、関西国際空港や神戸方面の街明かりを楽しむことができます。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 01 案内看板
展望緑地の眺望案内板。右側には関西国際空港の造成時に使用された土砂採掘用スクリューの一部がモニュメントとして展示されています。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 02 展望台
展望緑地の様子。小規模ですが木製の展望塔が設置されています。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 03 桃の木台周辺の街並み
展望緑地からの夜景。手前に広がる阪南スカイタウンはオレンジ色の街灯で統一されており、街の中央部を貫くように遊歩道と公園が整備されています。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 04 泉南エリア
泉南エリアの夜景。弧を描くように広がる大阪湾の眺めが美しい。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 05 りんくうタウン
りんくうタウンを超望遠撮影。りんくうゲートタワービル大観覧車(りんくうの星)田尻スカイブリッジの3大ランドマークが見えています。背後にはあべのハルカスも。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 06 関西国際空港
関西国際空港の夜景。ラッシュ時には次々と航空機が発着していきます。

阪南スカイタウン 展望緑地 夜景 07 全景
阪南スカイタウン展望緑地からの広大な夜景。

最後は動画です。久しぶりに微速度撮影を行いました。雲の動きや関西国際空港周辺の航空機の様子を楽しむことができますので、もし宜しければご覧下さい。

YouTubeの動画ページへ

阪南スカイタウン展望緑地は車があれば手軽に訪れることができる泉南エリアでは一押しの夜景スポットです。展望緑地までの長い階段を登るのが厳しい場合は、駐車場からでも十分夜景が楽しめます。ただし最近は公園内の街灯が点灯しないようなので、夜間に訪れる際は懐中電灯等のライトをご持参下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 阪神高速 13号東大阪線〜4号湾岸線〜関西空港

夜景動画シリーズ、阪神高速 13号東大阪線〜4号湾岸線を公開しました。

阪神高速の中で1号環状線の次にリクエストの多かった4号湾岸線のドライブ夜景動画です。13号東大阪線の水走インターから大阪都心部を経由して16号大阪港線4号湾岸線を通り、関西国際空港第1ターミナルへと至る約60kmのルートです。14分少々と長めの動画になりますが、もしよろしければ御覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

全体を通して映像の速度は3.5倍速、関空連絡橋以降のみ4倍速となっています。環状線の動画と同じく、走行地点を判りやすくするために出口インター等の名称を表示し、ジャンクションでは現地の分岐標識をできる限り再現しました。ドライブ前にルートや走行車線を確認するといった用途にも使って頂けると思います。

さすがに関空までとなると、EOS 6Dの連続撮影可能時間30分の制限内では収まらないので、途中で一旦高速道路を降りて乗り直すという面倒なことをやっています。制限のないLUMIX GF2を使うことも考慮しましたが、今回は画質を優先しました。
(泉大津本線料金所の場面を注意深く見ると映像の繋ぎ目が分かります)

※現在、6号大和川線工事のため三宝出口は閉鎖されていますが、将来に再開された場合を考慮して、映像内ではテロップを表示しています。予めご了承下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 大阪(伊丹)空港 千里川堤防より

夜景動画シリーズ、大阪(伊丹)空港 千里川堤防よりを公開しました。

大阪・伊丹空港の航空機鑑賞スポットの中で最も迫力があると言われている千里川堤防(原田進入灯橋付近)。滑走路32Lの端から約70mの距離にあり、着陸する航空機が頭上の至近距離を通過することで有名な大迫力のスポットです。今回は千里川堤防から見た航空機の発着シーンを夕方〜夜にかけて収録しました。


YouTubeの動画ページへ

千里川堤防は読者から映像化のリクエストが多数寄せられていました。航空ファンにとっては定番のスポットなので、動画も散々撮り尽くされているのですが、昼間のものが多く、夜の動画はあまり見ることができません。夜間はかなり光量が少ないので、普通のビデオカメラ等では撮影すること自体が困難だからだと思います。

今回はEOS 6Dという高感度撮影に優れた機材を導入したことで、その実験を兼ねての撮影となりました。動画の後半ではISO12800という超高感度を使用しましたが、ノイズで映像が破綻することもなく、闇に浮かび上がる滑走路や機体の様子までも鮮明に捉えることができました。以前までのEOS 7Dでは不可能な映像だと思います。

かなり久々に千里川堤防を訪れましたが、やはりその迫力は桁違いで、航空機が真上を通過した時に起こる轟音と突風は身の危険を感じるほどです。さすが日本屈指の航空機ウォッチングスポットと言われるだけはあります。阪急宝塚線の曽根駅から徒歩15分程度と気軽に行けますので、興味のある方はぜひ訪れてみて下さい。

千里川堤防の地図
行き方はひこたん倶楽部さんの千里川堤防へ行こうのページが詳しいです。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

関空展望ホール スカイビューからの夕景・夜景

関西国際空港 展望ホールの続きです。本来は今回の写真を一番最初に紹介するのですが、少しだけパターンを変えてみました。先に紹介した動画と被っている構図がほとんどですけど、写真ならではの良さもあると思いますので見てやって下さい。

関西国際空港 夕景 2012年9月 01
メインホールのスカイデッキから見る関西国際空港の夕景。日が落ちてからしばらくの時間帯は、何ともいえない美しい情景を見せてくれます。

関西国際空港 夕景 2012年9月 02
旅客ターミナルビルと航空機の夕景。流線型の屋根のデザインが素晴らしい。

関西国際空港 夜景 2012年9月 01
上の写真から30分も経たないうちに完全な夜景となります。

関西国際空港 夜景 2012年9月 02
関空展望ホールのシンボル的存在となっている鐘。

関西国際空港 夜景 2012年9月 03
旅客ターミナルビルと航空機の夜景。給油や積載など忙しなく動き続ける空港という巨大システムを見ているだけでも興味深いものがあります。

関西国際空港 夜景 2012年9月 04
整然と並ぶ各社の尾翼。どこかへふらっと旅立ちたい衝動に駆られます。

関西国際空港 夜景 2012年9月 05
展望ホールからだと旅客ターミナルビルの片側しか見えませんが、良く見ると後ろ側にも航空機が並んでいる様子が見えます。右上のビルはエアロプラザです。

関西国際空港 夜景 2012年9月 06
色鮮やかに輝く滑走路誘導灯。

関西国際空港 夜景 2012年9月 07
エントランスホールにあるスカイデッキからメインホールを見下ろす。関空展望ホールは2棟のビルから少し違った角度で眺望を楽しめるのがポイントです。

関空連絡橋 & りんくうタウン 夜景 2012年9月
対岸と空港を結ぶ連絡橋とりんくうタウンの夜景。高さ256mの超高層ビル、りんくうゲートタワービルとシ−クルの観覧車がランドマークになっています。

関空展望ホールの記事もこれでラストです。本格的に関空の夜景を撮影したのは9年ぶりでした。やはり9年も経つと就航している航空会社もかなり変わっていますし、展望ホール自体の設備も大きく変貌していましたので、新鮮な気持ちで撮影に臨むことができました。2期島、そしてLCC専用第2ターミナルの稼動で新たな局面を迎える関西国際空港。この貴重なインフラをより発展させていくことが重要だと思います。

1 2 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 空港・航空機

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top