中之島

TOP > 高層ビル・再開発 > 中之島

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

箕面スカイアリーナから見た大阪市中心部の眺め

読者から箕面スカイアリーナの写真を掲載して欲しいというリクエストがあり、箕面スカイアリーナとは何ぞや?と思って調べてみるとリンク先の大阪情報サロンさん等、いくつか紹介されているブログを発見、確かに大阪方面の眺望はかなり良さそう。箕面にはあまり土地勘が無いので、ナビを頼りにして早速行ってみました。

箕面スカイアリーナと中池公園
箕面スカイアリーナと中池公園。バックには箕面山が広がっています。

箕面スカイアリーナ 正面
箕面スカイアリーナ、正式名称は箕面市立第一総合運動場市民体育館となっています。正面玄関にあるエレベーター棟の中央部分が展望台のような形になっており、そこから遮る物のない広大なパノラマを楽しむことができます。

箕面スカイアリーナ ブリッジ
エレベーター棟から体育館へと続くブリッジの様子。

箕面スカイアリーナから大阪方面の眺望
箕面スカイアリーナからの眺望。写真左側に箕面市、右側に池田市の住宅街が広がっています。遠くには大阪市内の摩天楼がうっすらと見えています。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 1
大阪市中心部をクローズアップ。箕面から都心までは15kmほど離れていますので、距離感が圧縮されてまるで一つの高層ビル群のように見えます。背後の山並みは良くわかりませんが葛城山〜金剛山のあたりでしょうか。高野山方面かも。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 2
梅田、中之島方面を中心にさらに寄ってみる。ビルの重なり具合が凄く良い感じです。雲一つない快晴だったのが逆に災いして霞んでしまったのが残念。

箕面スカイアリーナから見た大阪の高層ビル群 3
さらに梅田中心部へ。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーあべのハルカスという大阪の三大プロジェクトが横一線に並んでいるように見えます。

アクセスですが、大阪市内からだと新御堂筋を北へ向かって萱野交差点を左折、国道171号に入って牧落交差点を右折、箕面市役所の横を通り箕面五丁目交差点を左折、阪急線の踏切を超えて1kmほどでスカイアリーナの案内板が見えてきます。公共交通機関だと阪急箕面駅から徒歩25分程度と少し距離があります。千里中央駅から路線バスが出ているようなので、そちらの方が良さそうです。地図はこちら

メインサイトではパノラマ写真を公開していますので興味のある方はご覧下さい。

新・新ダイビル(仮称) 2012年2月

新・新ダイビル(仮称)は、堂島川の北側にあった新ダイビル(旧・新大阪ビルヂング)の建替えプロジェクトです。地上31階、高さ148.5m、公開空地を広く取った余裕のある設計です。2012年3月着工、2014年11月の竣工を予定しています。

新・新ダイビル(仮称)完成予想パース
新・新ダイビル(仮称)の完成予想パース。現在の仮称はかなり変なネーミングなので、元通りの新ダイビルか、または全く別の名称に変わるものと推測されます。

新・新ダイビル(仮称) 2012年2月 01
現地の状況。完全に更地となり着工を待つばかりです。

新・新ダイビル(仮称) 2012年2月 02
旧・新ダイビルは巨大なビルだったので敷地面積はかなり広いです。西隣にもダイビルが所有する堂島ダイビル(ANAクラウンプラザ大阪)があります。

大阪三菱ビル 2012年2月
東隣の街区にある大阪三菱ビル。現在ほぼ全てのテナントが移転している為、近々建替えられるのではないでしょうか。実現すれば中々面白い案件になりそう。

新・新ダイビル(仮称) 2012年2月 03
新・新ダイビル建設予定地周辺の様子。梅田と中之島に挟まれた堂島地区には90m前後の建物が多く、中途半端な印象がありました。ここに約150mの新・新ダイビルが完成すれば結構なインパクトがあると思います。進捗が楽しみですね。

天満橋 OMMビルからの眺め 2012

天満橋にある大阪マーチャンダイズ・マートビル(OMMビル)の21階屋上庭園(スカイガーデン)からの眺望、2012年版です。中之島方面の写真はフェスティバルタワーの記事で使用しましたので、今回は梅田方面を中心に紹介します。

OMMビルから見た梅田方面2012 01
梅田方面の眺めです。昨年は大阪ステーションシティの開業もあって、話題を独り占めにしていた印象がありました。新規参入の三越伊勢丹は苦戦していたようですが、大丸やルクアは好調で梅田地区全体の活気は間違いなくアップしたと思います。

OMMビルから見た梅田方面2012 02
梅田阪急ビル越しにグランフロント大阪が顔を覗かせてきました。今年中頃には外観が完成するはずなので、徐々に開業に向けての期待が高まっていくと思います。梅田の街を歩いていると「あれは何?」という声を良く耳にするようになってきました。

OMMビルから見た梅田方面2012 03
茶屋町方面です。昨年はNU茶屋町プラスが開業し、再開発が一段落したと思った矢先、ヤンマー本社や梅田東小学校跡地の再開発計画が持ち上がってきました。梅田の再開発は勢いが止まらないという感じです。

OMMビルから見た都島方面2012
都島方面の眺め。巨大な大阪市立総合医療センター病院の背後にタワーマンション群が控えています。セントプレイスタワー(133m)の外観が完成しています。

OMMビルから見た中之島〜梅田の高層ビル群 パノラマ 2012
最後に中之島〜梅田方面のパノラマです。川の流れを入れると景観に潤いが生まれます。無機質なビル群だけではない大阪の街並みは素晴らしいと再確認できました。今後の都市開発はやはり水辺を生かしていくことが重要になっていくと思います。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月

中之島フェスティバルタワーの建設状況です。

中之島フェスティバルタワーは四つ橋筋を挟む新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200m(198.96m)のツインタワーへと建替えるプロジェクトです。先行してスタートした東地区は昨年末に上棟しており、2012年秋の開業に向けて着々と工事が進んでいます。西地区は2018年の完成予定。

中之島フェスティバルタワー 完成予想パース
中之島フェスティバルタワーの完成予想パースです。

OMMビルから見た中之島 2012年1月 01
今回は少し距離を置いて天満橋のOMMビル屋上から眺めてみました。これぞ水都大阪といった構図の中に誕生した中之島フェスティバルタワー、その存在感は他を圧倒しており、景観的にも1本芯が通ったように感じられます。

OMMビルから見た中之島 2012年1月 02
風格のあるオーソドックスなデザインのビルが建ち並ぶ中之島の中心部。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 01
北西側、渡辺橋から見た建設状況です。かなり完成に近づいてきました。レンガ張りの低層部には商業施設とフェスティバルホール等が入ります。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 02
低層部分の拡大。フェスティバルホールと高層オフィスの間にある4フロアに朝日新聞大阪本社が入居します。ガラス張りの部分にはシャトルエレベーターが設置され、地下から12階のスカイロビー(オフィスのエントランス)までを結びます。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 03
南西側、肥後橋からの様子。こちら側はシンプルであっさりとした感じ。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年1月 04
南側、錦橋からの様子。

前回の撮影から3ヶ月でここまで工事が進んでいるとは驚きでした。オフィスフロアも2011年12月の段階で7割が埋まっているとのことで、そろそろ2期工事の着工も見えてきたのではないでしょうか。先の需要を読むというのは難しいですが、慎重になりすぎて開発の機運を逃した例も沢山あります。ぜひ頑張ってもらいたいですね。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 中之島

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top