中之島

TOP > 高層ビル・再開発 > 中之島

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

大阪 梅田〜中之島の超高層ビル群 2012年5月

約1年ぶりにオリックス本町ビルからの眺めを撮影しました。
前回はオリックス本町ビルのオープン直後だったこともあり、展望テラスのレストラン(クロステラス本町)には、あまり人の気配がなかったのですが、現在はオリックスグループの社員や一般客を含め、お昼時はかなりの賑わいを見せています。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 01
梅田〜中之島方面。グランフロント大阪中之島フェスティバルタワーダイビル本館が最高部まで立ち上がり、さらに密度が増した様子を確認できます。

梅田〜中之島 超高層ビル群 2012年5月 02
梅田中心部をクローズアップ。既に日本最大規模の高層ビル群となっていますが、景色を見るたびに航空法による高さ規制が無ければと感じてしまいます。

大阪都心360度パノラマ (オリックス本町ビル 展望テラスより)
360度パノラマも最新版に更新しました。南側にはあべのハルカスも確認できます。天候的にはこれ以上の条件は無いというくらいの快晴でした。ただ順光と逆光の明暗差が激しいので、もう少し時間が早ければベストだったのかもしれません。

ダイビル本館 (中之島3丁目共同開発) 2012年5月

ダイビル本館はダイビル、関西電力、関電不動産による中之島3丁目共同開発の締めを飾るプロジェクトで、中之島を代表する近代建築だった旧ダイビル本館を22階建て高さ108.19mの高層ビルへと建て替える計画です。2013年2月竣工予定。

ダイビル本館 完成予想パース2
ダイビル本館の完成予想パース。低層部には旧ダイビルの意匠が再現されます。

ダイビル本館 2012年5月 01
パースと同じ北西側から。駆体の一部は最高部まで到達していました。右手前ではダイビル本館横の広場と堂島川を結ぶ歩道橋の工事も進んでいます。

ダイビル本館 2012年5月 02
北側から見上げる。低層部を含め完成予想図よりも若干細いような感じがします。

ダイビル本館 2012年5月 03
オリックス本町ビルから。ダイビル本館の周囲には関電ビルディング(195m)や中之島ダイビル(160m)等の大型ビルが建っていてあまり目立ちません。

大阪中之島超高層ビル群 2012年5月
中之島2丁目〜3丁目に建ち並ぶ超高層ビル群。本記事のダイビル本館や中之島フェスティバルタワーが加わり、さらに重厚な街並みに変貌しました。

クレヴィアタワー中之島 & 新関西電力病院 2012年5月

中之島5丁目の北側対岸(福島区)で建設が進んでいる2棟の状況です。

クレヴィアタワー中之島は地上36階建て、高さ127.24m、総戸数250戸の高層タワーマンション、そしてそのすぐ東側の新関西電力病院は関西電力病院を2期に分けて建て替えるプロジェクトで、現在は旧駐車場部分に地上18階建て、高さ81.55mの新病棟が建設中です。それぞれ2012年8月、2013年5月竣工予定。

クレヴィアタワー中之島 完成予想パース
クレヴィアタワー中之島の完成予想パースです。

新関西電力病院 完成予想パース
新関西電力病院の完成予想パースです。

クレヴィアタワー中之島 2012年5月
クレヴィアタワー中之島を南側から。既に最高部まで到達し、塔屋部の工事まで進んでいるようです。左隣にはリバーサイドタワー中之島(高さ102m)が建っています。

新関西電力病院 2012年5月
新関西電力病院を南西側から。低層部の工事が本格化してきました。左側が旧病棟、右側にはほたるまちの朝日放送やザ・タワー大阪などが見えています。

クレヴィアタワー中之島 & 新関西電力病院 2012年5月 01
田蓑橋から見た建設中の2棟。陸の孤島と言われた中之島西部地区も京阪中之島線が開通したことで利便性が高まり、開発が活発化してきました。

クレヴィアタワー中之島 & 新関西電力病院 2012年5月 02
リーガロイヤルホテル前から見た建設中の2棟。

中之島西部と福島の高層ビル群
オリックス本町ビルから見た中之島西部と福島周辺の高層ビル群。ここ数年で福島区のタワーマンションが大幅に増加し、密集度が凄いことになってきました。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年5月

中之島フェスティバルタワーの建設状況です。

中之島フェスティバルタワーは四つ橋筋を挟む新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200m(198.96m)のツインタワーへと建替えるプロジェクトです。2012年10月の竣工まで半年を切りました。

中之島フェスティバルタワー 完成予想パース
中之島フェスティバルタワーの完成予想パースです。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年5月 01
南側、錦橋からの様子。4階から8階に入るフェスティバルホールの壁面にはレリーフ、牧神、音楽を楽しむの図が再現されました。2013年4月10日のこけら落とし公演はイタリアの名門オペラハウス、フェニーチェ歌劇場に決定しています。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年5月 02
北西側、渡辺橋からの様子。通行人の誰もが見上げてしまうくらい存在感があります。既にオフィス部分は内装工事の段階、低層部の外装も完成に近づいています。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年5月 03
西側エントランス部分。B1〜2階と37階には飲食店を中心とした約30店舗からなる商業施設、フェスティバルプラザがオープンします。最上階は凄い眺めになりそう。

中之島フェスティバルタワー 東地区 2012年5月 04
オリックス本町ビルからの様子。周囲のビルと比べると頭一つ抜きん出ています。背後には大阪駅北地区で建設中のグランフロント大阪が見えています。

工事も大詰めを迎え少しずつ開業への期待感が高まってきた中之島フェスティバルタワー。そろそろ2012年オープンの新スポットとして関西の情報誌への露出も増えてくるであろうと思われます。ここまでくると気になるのは西地区のスケジュールですね。ぜひ壮大なツインタワーとして完成させて欲しいプロジェクトです。

中之島フェスティバルタワー公式サイト

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 中之島

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top