自然・風景写真

TOP > 自然・風景写真

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

大阪城公園の桃と梅 2012年4月

新年度が始まりました。巷では入学式、入社式などが行われており、電車に乗っている若者を見ていると、自分も気を引き締め直して頑張ろうという気持ちになります。

先週末、晴天の大阪城公園へ行ってきました。桜にはまだ早く、梅や桃には少し遅い微妙な時期でしたが、まだ花が残っている木々もありました。

大阪城 桃園 2012年4月 01
大阪城公園の桃とクリスタルタワー。ガラス張りのビルは青空に映えます。

大阪城 桃園 2012年4月 02
桃園 その2。園内には12品種200本の桃が植えられています。

大阪城 梅林 2012年4月 01
こちらは梅です。殆ど散っていましたので、僅かに残っている花を撮影。

大阪城 梅林 2012年4月 02
梅林 その2。梅と桃と桜はパッと見て区別できないことがありますね。

OBP 大阪ビジネスパーク 2012年4月
OBP 大阪ビジネスパーク方面。爽やかな春の一日でした。

大阪城天守閣 2012年4月 01
極楽橋と大阪城。春休みということで天守閣は観光客で溢れかえっていました。

大阪城天守閣 2012年4月 02
大阪城天守閣を正面から。まもなく大阪城公園内や大川沿いの桜が咲き始めることでしょう。また満開の時期にゆっくり訪れたいと思っています。

京都・青蓮院門跡 夜間特別拝観 紅葉ライトアップ

今回は青蓮院門跡の夜間特別拝観の様子を紹介します。

青蓮院門跡は京都東山にある天台宗の門跡寺院で、京都五箇室門跡の一つとして知られています。毎年春と秋には夜の特別拝観が実施されており、諸堂の内部やライトアップされた庭園内を自由に散策することができます。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 01
青蓮院門跡の入口。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 10
境内にある京都市天然記念物のクスノキ。親鸞聖人の手植えと伝えられている。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 02
大玄関と紅葉のライトアップ。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 03
寺内で最も大きな建物である宸殿と庭園の青いライトアップ。夜間特別拝観のイメージ写真にもなっています。一定の間隔で明滅を繰り返します。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 04
龍心池と紅葉のライトアップ。背後にある竹林のライトアップと相まって、まるで絵画の様な美しさを見せていました。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 05
小堀遠州の作とされる霧島の庭の紅葉ライトアップ。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 06
霧島の庭、紅葉ライトアップ その2。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 07
霧島の庭、紅葉ライトアップ その3。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 08
霧島の庭のライトアップは非常に芸術性が高いと思います。

青蓮院門跡 夜間特別拝観 09
庭園から竹林へと続く階段があります。ここだけ見ると嵐山っぽいかも。

以上、青蓮院門跡の夜間特別拝観でした。京都の名所は三脚使用禁止の場所が多いので夜間の撮影はかなり苦労するのですが、今回はEOS 7Dがその高感度撮影能力を存分に発揮してくれました。一昔前なら手持ち撮影を諦めていたようなシチュエーションでも鑑賞に堪えうる写真が撮れる、本当に良い時代になったものです。

京都五山 東福寺の紅葉 2011

京都五山の一つ、東福寺の紅葉を見に行ってきました。

東福寺は鎌倉時代に創建された禅宗(臨済宗)のお寺で、当時は京都最大の伽藍を持っていたと言われています。紅葉の名所としても有名で、特に方丈と開山堂を結ぶ通天橋からの眺めは絶景です。12月に入り紅葉シーズンも終わりに近づいていましたが、十分に色づいた木々の様子を楽しむことができました。

東福寺 本堂
東福寺の本堂です。昭和9年に再建されたもの。

京都・東福寺の紅葉2011 01
赤と黄金色の対比が美しい。

京都・東福寺の紅葉2011 08
通天橋からの眺め。吉野の千本桜の紅葉版といった感じ。

京都・東福寺の紅葉2011 02
通天橋からの眺め その2。下は洗玉澗という渓谷になっています。

京都・東福寺の紅葉2011 03

京都・東福寺の紅葉2011 04

京都・東福寺の紅葉2011 05
ここが巨大ターミナル・京都駅の隣駅の近くとは思えません。

京都・東福寺の紅葉2011 06
バックに見えているのが通天橋です。

京都・東福寺の紅葉2011 07
渓谷、洗玉澗の紅葉。

さすが噂に聞く京都屈指の紅葉名所、その眺めは大変素晴らしいものでした。JRと京阪の東福寺駅から数分なので、嵐山や清水寺方面へ足を伸ばすよりもお手軽で満足度は高いかもしれません。来年もまた訪れたいなと思わせる紅葉スポットでした。

鶴見緑地の桜とチューリップ 2011年4月

ここ最近は快晴の日が多く、自然と散歩に出かけたくなります。鶴見緑地では桜とチューリップが見ごろを迎えており、身軽なレンズを1本持って撮影してきました。

鶴見緑地 2011年4月
鶴見緑地の中央通り。雲一つない快晴で最高に気持ちの良い一日でした。

鶴見緑地の桜 2011年4月 01

鶴見緑地の桜 2011年4月 02

鶴見緑地の桜 2011年4月 03

鶴見緑地の桜 2011年4月 04
大池付近の桜は満開、日本庭園では一部散り始めている桜もありましたが、まだ十分見ごろと言ってもよい状態でした。

鶴見緑地の桜 2011年4月 05
日本庭園の桜とアオサギ。あまり桜には留まってくれないのでラッキーなショット。

鶴見緑地の桜 2011年4月 06
水面に散った桜が集まって綺麗でした。

鶴見緑地のチューリップ 2011年4月
鶴見緑地の春の定番、風車の丘とチューリップ。今年は赤一色の絨毯でした。眩しいくらいの色彩コントラストが鮮烈な印象を与えていました。

そういえば大阪造幣局の桜の通り抜けも始まりましたね。奈良の吉野山でも満開を迎えている頃ではないでしょうか。暗い話題ばかりが溢れる昨今ですが、先行きが見えない状況でも前を向いて歩いていかなければなりません。これからは西日本、特に関西地方が率先して経済を引っぱっていかなければならない時期が続くかもしれません。自分も今まで以上に元気を出して頑張っていきたいという思いで一杯です。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

TOP > 自然・風景写真

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top