神社仏閣・歴史建築

TOP > 夜景・夕景 > 神社仏閣・歴史建築

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

平城宮跡 第一次大極殿と朱雀門のライトアップ夜景

ライトアッププロムナードならの続きです。

平城宮跡は奈良の古都平城京の大内裏にあたる部分で、現在は文化庁によって遺跡の整備と建造物の復元が進んでいます。1998年には朱雀門が、平城遷都1300年となる2010年には第一次大極殿の復元が完了しました。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 01
第一次大極殿の夜景です。広大な草原に浮かび上がる宮殿の様子は圧巻です。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 02
第一次大極殿の夜景 その2。大極殿の建物は平成13年から10年の歳月をかけて復元されました。平城遷都1300年祭の時には内部も公開されていました。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 03
第一次大極殿の夜景 その3。今は周囲に何もありませんが、将来は大極殿を取り巻く南門や廻廊などの復元整備も検討されているそうです。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 04
第一次大極殿の夜景 その4。平城宮跡内は砂利道と草原になっており、さらに暗い場所に小さな川のようなものもあるので夜間の移動はかなり危険です。この辺りは今後さらに整備が望まれる部分だと思います。

平城宮跡 朱雀門 ライトアップ夜景 01
大内裏南側の正門にあたる朱雀門のライトアップ夜景です。朱雀大路の一部も復元されています。ドラマ鹿男あをによしの撮影でも使用されました。

平城宮跡 朱雀門 ライトアップ夜景 02
朱雀門のライトアップ夜景 その2。現在この手前すぐの所に近鉄奈良線の電車が走っており、導線的にも景観的にも台無しとなっています。線路の移設や地下化などが検討されているそうですが、実現したとしてもかなり先のことになるでしょう。

この平城宮跡ですが、ライトアッププロムナードのプログラムに入っているのにほとんど人がいませんでした。やはり近鉄大和西大寺駅から大極殿の近くまで徒歩20分以上かかるアクセスの悪さがネックなのでしょうか。奈良公園の人の多さに比べると寂しいかぎりですが、逆に落ち着いて楽しめるスポットなのかもしれません。

ライトアッププロムナード奈良 薬師寺の夕景・夜景

奈良ではライトアッププロムナードならという夜のイベントが2011年9月25日まで開催されており、主要な歴史的建造物が美しくライトアップされています。

薬師寺は法相宗の大本山で南都七大寺のひとつです。近鉄西ノ京駅からすぐの場所に立地しており、西側の大池から見る2本の塔の様子は絶景といわれています。

奈良 薬師寺と大池 01
大池(勝間田池)から見る薬師寺。地図で見れば近くのように見えるのですが、西ノ京駅からこの場所に来るまでに意外と時間がかかります。さらに周辺は住宅街でお店などが何も無いのでライトアップまで時間を潰すのが大変でした…。

奈良 薬師寺と大池 02
右側が国宝の東塔、中央が1981年に再建された西塔、左側が金堂です。背後は若草山で、1月の山焼きの際には絶好の観覧スポットになります。

奈良 薬師寺のライトアップと大池 夕景
夕方の7時頃、日が落ち始めるとライトアップがスタートします。空と池に映えるライトアップが美しいです。この日も沢山のカメラマンが集結していました。

奈良 薬師寺のライトアップと大池 夜景 01
薬師寺のライトアップ夜景。やはり2本の塔が並び建つ様子は素晴らしいと思いました。この写真では大池の表面を写しこむ為にハーフNDフィルターを使用しています。

奈良 薬師寺のライトアップと大池 夜景 02
薬師寺のライトアップ夜景 その2。

薬師寺は奈良公園から少し離れているので、このライトアップの為だけに足を伸ばすのは余裕がないと難しいかもしれませんが、一見の価値はあると思います。

次回は平城宮跡の夜景を紹介する予定です。

春日大社 中元万灯籠 & 奈良大文字送り火

今年のお盆休みは奈良の夜景を中心に撮影してきました。

春日大社では8月14〜15日に中元万灯籠が行われ、境内にある3000基の灯籠に火が灯りました。15日は奈良大文字送り火も同時に行われるということで、強行スケジュールとなりましたが何とか無事に撮影することができました。

春日大社 南門 ライトアップ 01
春日大社 南門のライトアップです。入場制限されていたので、ここに辿りつくまでにも結構時間がかかってしまいました。普段はお目にかかれない貴重なライトアップ。

春日大社 南門 ライトアップ 02
春日大社 南門のライトアップと境内の様子です。

春日大社 中元万灯籠 01
春日大社 中元万灯籠の様子です。大文字送り火の撮影が控えていたので、時間の都合で有料の特別拝観は利用せず、外側から頑張って撮影しました。

春日大社 中元万灯籠 02
回廊を取り囲むように延々と続く灯籠。

春日大社 中元万灯籠 03
灯籠は一つ一つデザインが異なり、寄進した人の名前や年号などが書かれています。800年前から行われている伝統行事だけあって、どこか神秘的な感じがします。

春日大社 一之鳥居 01
春日大社参道の玄関口となる一之鳥居です。ライトアッププロムナードならの期間中は美しいライトアップが施され、朱色が夜空に映えます。

春日大社 一之鳥居 02
一之鳥居 その2。春日大社からでは奈良大文字送り火は近すぎて見え辛いので、大急ぎで奈良公園内の見晴らしのいい場所まで行かなければなりません。この移動は事前に地図でルートを確認しておかないと結構大変だと思います。

奈良大文字送り火 01
午後8時から行われた奈良大文字送り火の様子です。残念ながら点火の瞬間を見ることはできませんでしたが、高円山にくっきりと大の字が浮かび上がっていました。

奈良大文字送り火 02
奈良大文字送り火は昭和35年から奈良県出身の戦没者供養の為に行われるようになったそうです。火床の数は108個、人間の煩悩の数と同じです。

次回以降は世界遺産である古都奈良の文化財の美しい夜景、そしてライトアッププロムナードならの様子を写真と動画でじっくりと紹介していこうと思っています。

奈良 ライトアッププロムナードと燈花会の夜景

今回はちょっと趣向を変えて古都・奈良の夜景をご紹介します。

奈良を代表する夜景イベントである2010年7月17日〜2010年9月26日のライトアッププロムナードならと、2010年8月5日〜14日のなら燈花会とが重なっている日程を選びました。しかも今年は平城遷都1300年祭ということで物凄い人出でした。

奈良・興福寺のライトアップ
興福寺五重塔のライトアップです。左は東金堂。奈良公園の中でも一際目立つ存在。ライトアッププロムナード観光はここからスタートする人が多いようです。

奈良・猿沢池のライトアップ夜景
興福寺から続く大階段を下りると猿沢池です。周囲の柳がグリーンにライトアップされ幻想的な風景を演出しています。周囲には燈花会の燈篭が並びます。

奈良・猿沢池と北円堂の夜景
猿沢池北円堂の夜景。日本に現存する八角円堂のうち最も美しいと言われています。立ち並ぶ屋台から出る煙が夏の雰囲気を高めていました。

奈良・猿沢池と興福寺のライトアップ
猿沢池から見た興福寺のライトアップです。有名な構図なので気合を入れて撮影したのですが、五重塔と池の明暗差が激しくかなり難しい被写体。仕方なくHDR処理をして違和感なく見られる形にしました。それでも不満が残る一枚。

奈良・浮見堂のライトアップ
鶯池に浮かぶ浮見堂のライトアップです。六角形の建物と池のコントラストが美しいです。この池には貸しボートがあり、有数のデートスポットとなっています。

東大寺 南大門のライトアップ
東大寺・南大門のライトアップです。何度見てもその厳かな存在感に圧倒されます。この門をくぐると中門、大仏殿へと続いていきます。

東大寺 鏡池の夜景
東大寺の鏡池越しに見る中門と大仏殿のライトアップです。朱色が映える中門と、ライトアップされた大仏殿、それらが映る鏡池の組み合わせが素晴らしいです。

東大寺 大仏殿のライトアップ
東大寺・大仏殿のライトアップです。外から大仏様は見えませんが、建物だけでも十分存在感があります。ここは三脚使用禁止なのでISO3200で手持ち撮影。

奈良・燈花会
東大寺中門前の燈篭です。燈篭がある時と無い時とでは夜の雰囲気が全然違ってくると思います。古都奈良の夜景を楽しむならやはり燈花会の時期がお勧めです。

やはり世界遺産でもある古都奈良の文化財は本当に見ごたえがあります。改めて日本の原点ともいえる奈良の風景を大事にしていきたいと思いました。

他にも春日大社の中元万燈篭平城京・朱雀門のライトアップ薬師寺のライトアップ等、沢山のイベントが行われていたのですが、今回は時間的にここまでしか周れませんでした。来年はもっとじっくり時間を作って堪能したいと思っています。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 神社仏閣・歴史建築

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top