神社仏閣・歴史建築

TOP > 夜景・夕景 > 神社仏閣・歴史建築

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

若草山からの奈良夜景(新日本三大夜景)

奈良の夜景シリーズ、締めくくりは若草山の山頂からの眺めです。

奈良公園の東端に位置する若草山は標高342m、なだらかな斜面が芝全に覆われており、奈良を代表する景観となっています。有料の奈良奥山ドライブウェイを経由することで若草山高円山の山頂にアクセスすることができます。山頂からの夜景は有志団体によって新日本三大夜景に認定されました。

若草山 山頂からの風景 01
若草山山頂の風景。芝生に覆われた山頂はとても開放的でのどかな空間です。もちろん奈良のシンボル、鹿たちも伸び伸びと暮らしています。

若草山 山頂からの風景 02
奈良市街の風景と鹿たち。一度撮ってみたかった構図です。

若草山 夕景 01
生駒山に沈みゆく夕日。とてもダイナミックで感動的な時間です。

若草山 夕景 02
奈良市街の夕景。日が落ちて徐々に街の明かりが浮かび上がってきました。

若草山から生駒市方面の夕景
生駒山とその麓の夕景。学園前駅〜生駒駅周辺は大阪のベッドタウンとして発展著しいエリアです。山上へと続く生駒ケーブルの光も見えています。

生駒山上遊園地と電波塔 夕景
生駒山頂の夕景。関西一円をカバーするテレビ電波塔群と生駒山上遊園地が見えています。遊園地に立つ飛行塔は日本最古の飛行塔でもあります。

若草山から見た奈良の夜景 01
若草山からの夜景。この時間になると眼下には眩いばかりの光の絨毯が広がります。大阪側からの光によって生駒の山並みが浮かび上がります。

若草山から見た奈良の夜景 02
奈良市中心部の夜景。左下付近が奈良駅、中央付近が新大宮駅です。

若草山から見た奈良駅周辺の夜景
奈良駅周辺の夜景。手前の青くライトアップされている建物が奈良県庁、中央の明るいビルが近鉄奈良駅、その左上にJR奈良駅が見えています。

若草山から見た新大宮駅と朱雀門の夜景
近鉄新大宮駅周辺の夜景。左側中央にイトーヨーカドー奈良店、右側中央にはライトアップされた平城宮跡の朱雀門が見えます。手前の道路は奈良バイパス。

若草山から見た西大寺駅と大極殿の夜景
近鉄大和西大寺駅方面の夜景。右上の大きな建物が日本初の2核型ショッピングセンター、ならファミリー(近鉄百貨店奈良店とイオン奈良店)です。その手前には広大な平城宮跡とライトアップされた大極殿が見えています。

若草山から見た薬師寺の夜景
西ノ京駅周辺と薬師寺のライトアップです。超望遠で何とか写真に収めてみました。肉眼ではほとんど見えないので場所を探すのが大変でした。

若草山から見た奈良の夜景 03
山頂展望台の様子。たまたま居合わせたカップルに勝手にモデルになってもらいました。本当に雰囲気の良いロマンチックな夜景スポットです。

さすが新日本三大夜景に選ばれただけあって素晴らしい夜景でした。摩耶山からの神戸夜景や生駒山からの大阪夜景にも決して負けていません。これは奈良という歴史ある土地の雰囲気が作り出す力なのかもしれません。涼しくなるこれからのシーズン、夜のドライブにぜひどうぞ。必ず感動する夜景に出会えるはずです。

浮見堂と奈良国立博物館のライトアップ夜景

ライトアッププロムナードならの続きです。

前回までの記事でライトアップが行われている主要な神社仏閣を紹介できましたので、今回はその他のプログラムとなら燈花会の様子を紹介しようと思います。

奈良 浮見堂 ライトアップ夜景 01
奈良公園の鷺池に浮かぶ浮見堂のライトアップ夜景。水面に映る光が幻想的な夜景です。貸しボートもあり、奈良では有数のデートスポットとして有名です。

奈良 浮見堂 ライトアップ夜景 02
浮見堂のライトアップ夜景 その2。背後には高円山が見えていて、奈良大文字送り火との組み合わせも絶妙だそうです。ちょっと暗いですが写真の右上の方にある三角形の木々の無い部分に「大」が浮かび上がります。

奈良国立博物館 なら仏像館 ライトアップ夜景
奈良国立博物館 なら仏像館(本館)のライトアップ。フレンチルネサンス風の建築物で片山東熊の設計により明治27年に完成。国の重要文化財に指定されています。

奈良国立博物館 仏教美術資料研究センター ライトアップ夜景
奈良国立博物館 仏教美術資料研究センターのライトアップ。宇治の平等院鳳凰堂をモチーフに、玄関には唐破風、窓枠にはイスラム風の意匠を取り入れた個性的な建物です。こちらも国の重要文化財に指定されています。

なら燈花会 2011 01

なら燈花会 2011 02
毎年8月上旬に行われるなら燈花会の様子。奈良公園一面がろうそくの灯で照らされ、神秘的な雰囲気に包まれます。2011年の来場者数は92万7千人と過去最高を記録しました。もはや押しも押されもせぬ夏の風物詩です。

近鉄奈良駅前 行基像
奈良観光の起点になることの多い近鉄奈良駅前の夜景と行基菩薩像。行基は聖武天皇の治世、東大寺の大仏建立に尽力した僧で、日本最初の大僧正として知られています。行基像は絶好の待ち合わせスポットになっています。

数回に渡ってお届けしてきたライトアッププロムナードならですが、これで全てのプログラムを紹介できたと思います。個人的にもこれだけゆっくりと回ったのは初めての経験でした。ライトアッププロムナード自体は2011年9月25日まで開催されていますので、涼しくなってからゆっくり楽しむのもいいかもしれません。

東大寺 南大門・中門・大仏殿のライトアップ夜景

ライトアッププロムナードならの続きです。

東大寺は華厳宗の大本山であり、本尊として安置されている盧舎那仏(いわゆる奈良の大仏)は全国的に有名です。ライトアッププロムナードの期間中は南大門、中門、大仏殿といった主要な歴史的建築物がライトアップされます。

東大寺 南大門 ライトアップ夜景
東大寺 南大門のライトアップ夜景。現在の建物は正治元年(1199年)に再建されたものです。宋国から伝えられた大仏様(天竺様)といわれる建築様式で有名。

東大寺 金剛力士立像 阿形
南大門に安置されている金剛力士像(仁王像)です。こちらは左側にある阿形像で運慶快慶の作品。1988年からの解体修理によって正確な作者が判明しました。

東大寺 金剛力士立像 吽形
金剛力士像(仁王像)。こちらは右側にある吽形像で定覚湛慶の作品。

東大寺 中門 ライトアップ夜景
東大寺 中門のライトアップ夜景。両脇から伸びる回廊のライトアップも美しいです。現在の建物は享保元年(1716年)頃に再建されたものです。

東大寺 中門と大仏殿 ライトアップ夜景
鏡池越しに見る中門大仏殿のライトアップ夜景。いわゆる東大寺定番の構図として有名です。中門の手前にある木が少し邪魔なんですけどね。

東大寺 大仏殿 ライトアップ夜景
東大寺 大仏殿(金堂)のライトアップ夜景。中に安置されている大仏は743年、聖武天皇の詔によって造立を開始、752年に開眼供養が行われました。

やはり奈良観光の中心となる寺院だけあって、夜の風景も本当に見ごたえがあります。大仏も写真に収めたかった所ですが、いつも夜間特別拝観のタイミングを逃してしまうので、また次の機会に頑張ってチャレンジしたいと思っています。

奈良 興福寺五重塔 ライトアップ夜景

ライトアッププロムナードならの続きです。

興福寺は以前紹介した薬師寺と同じく法相宗の大本山であり南都七大寺の一つです。奈良公園周辺では東大寺、春日大社と並んで観光の中心となっている寺院で、ライトアップされた五重塔の様子が非常に美しいです。

猿沢池と興福寺ライトアップ
興福寺の夕景です。猿沢池から見る興福寺は定番の構図で、池の周りの柳もライトアップされています。燈花会の時期だったのでろうそくの火も灯っていました。

興福寺ライトアップ夜景 01

興福寺ライトアップ夜景 02
興福寺五重塔東金堂の夜景。五重塔は730年に創建、現在の塔は1426年頃に再建されたもので、高さは50.8mと京都の東寺五重塔に次ぐ2番目の高さです。

興福寺ライトアップ夜景 03

興福寺ライトアップ夜景 04
間近から塔を見られるのも興福寺の特徴。南側から白色の光、北側からオレンジ色の光でライトアップされているので、見る角度によって全く違った印象を受けます。

興福寺は昔から何度も訪れていますが、この周辺に来ると奈良に来たなぁという実感がわいてきます。観光客は多いのですが京都とはまた違うのんびりとした雰囲気が好きです。それは奈良が日本人の心の故郷のような場所だからかもしれません。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 神社仏閣・歴史建築

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top