大阪市その他

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪市その他

1

梅田東エリアの再開発(中崎町〜天六〜東天満) 2016年2月

梅田の東部(中崎町〜天神橋筋六丁目〜東天満)の再開発状況です。都心から少し外れたエリアで非常に利便性が高く、着々と高層マンションが増えています。

パークタワー梅田 2016年2月
中崎町駅至近のパークタワー梅田。地上31階建て、高さ115m、2013年11月竣工。東西側正面の撮影が中々難しいマンションで、写真は南側面となります。

ローレルタワー梅田 2012年4月
パークタワー梅田のすぐ北西側に建つローレルタワー梅田。地上38階建て、高さ130m、2008年07月竣工。中崎町駅にほぼ直結という好立地です。

シティタワー梅田東2016年2月 01
中崎町駅の北側、茶屋町と天神橋筋六丁目の中間辺りで建設中のシティタワー梅田東。地上44階建て、高さ146m、2016年10月竣工予定。

シティタワー梅田東 2016年2月 02
シティタワー梅田東を南側より。すぐ隣にアデニウムタワー梅田イーストスクエアという賃貸のタワーマンション(地上30階建て、高さ102.5m)が建っています。

シティタワー梅田東 完成予想図
シティタワー梅田東の完成予想図。

ジオタワー天六 2016年2月 01
天神橋筋六丁目交差点の北東側、天六阪急ビルの建替えプロジェクトとして2013年7月に完成したジオタワー天六。地上44階建て、高さ155.5m。

ジオタワー天六 2016年2月 02
南東側から見上げるジオタワー天六

ローレルコート与力町エルグレース 2016年2月
天神橋筋六丁目から南に下って天満エリアへ。これは少し古いですが2005年7月竣工のローレルコート与力町エルグレース。地上26階建て、高さ95.2m。

エルグレースタワー大阪同心 2016年2月
上記のすぐ東側、関電同心クラブ跡地に建設中のエルグレースタワー大阪同心。地上26階建て、高さ84.85m。エルグレースは関電不動産のブランド名です。

エルグレースタワー大阪同心 完成予想図
エルグレースタワー大阪同心の完成予想図。

エルヴェ東天満 2016年2月
東天満交差点南西側のエルヴェ東天満。25階建て、高さ84m、2013年3月竣工。

他にも扇町公園の南側で計画中の(仮称)大阪扇町計画新築工事(地上30階建て、高さ107.68m、2019年3月竣工予定)や、東天満二丁目で建設中のローレルタワー南森町ル・サンク(地上23階建て、高さ76.02m、2017年3月竣工予定)などがあります。これからも大規模な物件が増えていくのではないでしょうか。

森ノ宮 日生球場跡地に東急不動産の商業施設

1997年の閉鎖以来、長年に渡って放置されてきた森ノ宮駅前の日本生命球場跡地の再開発がようやく動き出します。先日、日本生命と東急不動産が土地の賃貸契約を結び、スポーツクラブ(東急スポーツオアシス)を核テナントとするショッピングモール型の複合商業施設を建設すると発表しました。2015年の開業を予定しています。

日本生命保険と東急不動産は28日、日本生命球場跡地(大阪市中央区)で商業施設を開発することで合意したと発表した。東急不動産は球場の歴史を残すデザインや名称を検討中で、平成27年の開業を目指す。(MSN産経)

森ノ宮 日生球場跡地 上空
Google MAPによる日生球場跡地の空撮。33,000屬箸い広大な敷地をどのように利用するのか楽しみです。内部にはまだフィールドの形が残っています。 

森ノ宮 日生球場跡地 2013年3月 01
敷地を北西側から。ちょうどバックネット裏スタンドのあった場所です。スタンドのあった部分は現在ほとんどが駐車場として利用されています。

森ノ宮 日生球場跡地 2013年3月 02
敷地を南西側から。ライト側内野席と外野席の間です。

森ノ宮 日生球場跡地 2013年3月 03
敷地の南側。ライト側外野スタンドのあった場所です。

森ノ宮 日生球場跡地 2013年3月 04
敷地を南東側から。ちょうどバックスクリーンのあたりです。

森ノ宮ピロティホール 2013年3月
敷地の東側に建つ森ノ宮ピロティホール。森ノ宮遺跡の遺構を保存するためにピロティ方式(高床式)となっています。2010年の改築で黄色い外壁になりました。

これまで中々再開発が進まなかった理由は、事前の発掘調査に多額の費用と期間を要する為とされてきました。北側に大阪城、西側に難波宮跡、東側に森ノ宮遺跡が存在しており、日生球場跡地にも何らかの遺跡が眠っているのはほぼ間違いないと言われています。一般企業が費用負担に難色を示すのは当然のことです。

東急不動産の契約が土地の譲渡ではなく賃貸契約となったのもそういった事情があるのかもしれません。契約期間は不明ですが、必然的に分譲マンション等は建てられないことになります。発掘調査に5年はかかると言われていましたが、2015年開業予定ということで、今回は簡易的な発掘調査で済ますことになるのでしょう。

日生球場では小さい頃に何度か近鉄バファローズの試合を見た記憶があります。都心からは少し不便だった藤井寺球場と比べて非常に便利でした。東急不動産は施設の外観に球場のイメージを取り入れるとしており、球場の記憶を継承しながら、人々に長く親しまれる施設を作って欲しいです。東急プラザ江坂箕面ヴィソラあべのキューズモールと、大阪でも実績のある企業なので期待しましょう。

玉造駅周辺の再開発 2011年7月

今回はJR大阪環状線と地下鉄長堀鶴見緑地線の玉造駅周辺の再開発です。

シティタワー天王寺真田山は玉造駅前に建設中のタワーマンションです。JR大阪環状線と日之出通り商店街に挟まれた、かなり密集した市街地に立地します。

シティタワー天王寺真田山 完成予想パース
シティタワー天王寺真田山の完成予想図です。地上34階建て、高さ118.605m、住友不動産のシティタワーシリーズということで、外観デザインはガラスを上手く配置したオフィスビルのようにスマートなものとなっています。2012年3月に竣工予定。

シティタワー天王寺真田山 2011年7月 01
玉造筋から見た建設中の様子です。撮影時点で25階〜28階程度まで組み上がっていました。玉造駅周辺は昔ながらの商店街やスーパー等もあり、都心部では比較的暮らしやすいエリアだと思います。大阪城公園にも徒歩圏です。

シティタワー天王寺真田山 2011年7月 02
デイリーカナートイズミヤの屋上駐車場から。周辺は建物が密集していて中々すっきりと全景を撮影できる場所がありません。ここからでも低層階は埋もれてしまいます。

清水谷ハウス 2011年7月
少し西側にある清水谷ハウスです。地上27階建て、高さ102.54m、2007年、NHKの光風荘跡地に完成したタワーマンションです。左手前にもクレアシティ大阪清水谷という20階建てのマンションがあります。正面は大阪府立清水谷高校。

D'グランセ上町台ハイレジデンス 2011年7月
さらに谷町六丁目駅寄りになりますが、D'グランセ上町台ハイレジデンスがあります。地上28階建て、高さ95.58m、2009年に完成しました。

京セラミタ R&Dセンター
玉造駅周辺で初の高層マンションとなった、プラネ・ルネ スプリングスタワー大阪(左 35階建て、高さ122.44m)と、京セラミタ R&Dセンタービル(中央 20階建て、高さ89.05m)です。周辺のビルを含めて京セラミタの本社となっています。

他にも玉造駅周辺では森下仁丹本社跡地の再開発プロジェクトがあり、大和ハウス工業が土地を取得していることもあって、50階規模の超高層マンションができると噂されています。現在、計画の進捗がどうなっているのか分かりませんが、もし実現すればこの界隈も立派な高層ビル群になるのではないかと思っています。

松屋町駅周辺の再開発 2011年7月

松屋町筋は堺筋と谷町筋の間を南北に走る主要道で、古くから人形店や玩具、駄菓子の問屋などが軒を連ねる個性的な商店街として有名です。最近になって松屋町交差点の周辺にタワーマンションが増えてきましたので、まとめて撮影してみました。

松屋町筋商店街 2011年7月
松屋町筋商店街です。大阪では親しみを込めてまっちゃまちと呼ばれています。しかし近年は問屋街の衰退が進んでおり、シャッターが目立つようになってきました。

松屋タワー 2011年7月
松屋町交差点の南東にそびえる松屋タワーです。29階建て、高さ103.73m、2009年に完成しました。地下鉄松屋町駅直結でとても利便性が高そうです。

松屋町交差点 2011年7月
交差点の東側を見るとさらに2本の高層マンションが見えます。ちょうど上町台地を登っていく坂になっているので、ここから見ると実際の高さ以上に迫力があります。

マストタワー安堂寺 2011年7月
2010年に完成したマストタワー安堂寺です。32階建て、高さ99.98m(最高部不明)。低層階の一部の角が取れたような変わった外観をしています。

エスリード長堀タワー 2011年7月
マストタワー安堂寺のすぐ近くに建設されたエスリード長堀タワーです。26階建て、高さ88.3m。施工会社の倒産により工事が中断されましたが、2011年1月にようやく完成しました。右側の建物は駐車場棟です。

松屋町筋商店街には子供のころ良く親に連れられて花火を買いにきた思い出があるので、昔ながらの店舗が消えていくのを見るのは辛いです。松屋町をはじめ、電気街の日本橋、難波の道具屋筋、繊維の船場センタービルなど専門的な商店街の存在は商都大阪の歴史そのものです。このような昔から根付いてきた文化を生かして観光資源にすることが、今後の大阪にとって重要なのではないかと思います。

1

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪市その他

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top