夜景動画

TOP > 夜景・夕景 > 夜景動画

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEELの夜景

2009年2月に閉園したエキスポランド跡地の再開発事業として2015年11月にオープンしたEXPOCITY(エキスポシティ)ららぽーとEXPOCITYを中心に、海遊館が運営するNIFREL(ニフレル)等の体験型施設を組み合わせた大型商業施設です。

2016年7月には高さ日本一(123m)の大観覧車、Redhorse OSAKA WHEEL(オオサカホイール)が完成し、全ての施設が出揃いました。読者から過去に何件かリクエストを頂いていたので、遅ればせながら夜景を紹介しておきます。

エキスポシティ エントランス
大阪モノレールの万博記念公園駅から2分ほど歩くとエキスポシティのエントランスが見えてきます。写真は冬のイルミネーションが行われている時のもの。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 空の広場
エントランスから各施設へと結ぶ導線の中心にある空の広場Redhorse OSAKA WHEEL。手前にNIFREL(ニフレル)ポケモンEXPOジムがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 01
近未来的なRedhorse OSAKA WHEELのエントランス。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 02
乗り場へと続く通路。写真が歪んでいるようにも見える変わったデザインです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 乗り場
観覧車乗り場の様子。天井と足元がシースルーというゴンドラが大きな特徴。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 01
ゴンドラに乗り込むと徐々に景色が広がっていきます。手前の建物はニフレル

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 02
西方向、豊中市〜箕面市方面の夜景。中央に万博記念公園駅。右側に万博記念公園の自然文化園。モノレールに沿って東西に走る中国自動車道の光が綺麗です。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 03 太陽の塔
ライトアップされた万博記念公園のシンボル、太陽の塔。上空から眺められるのは中々新鮮です。バックには大阪大学の建物群や箕面方面の夜景が広がる。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 04
南西方向、吹田市中心部方面の夜景。眼下にはイルミネーションに包まれたエキスポシティ、遠くには大阪市内の光が見えます。小さいですがあべのハルカスも。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 05
東方向、高槻市〜茨木市方面の夜景。中国自動車道を跨ぐモノレールの分岐(本線と彩都線)や、名神高速近畿道と分岐する吹田ジャンクションが特徴的。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 06 吹田ジャンクション
吹田ジャンクションをズームアップ。中央奥から近畿自動車道、中央手前が中国自動車道、左右が名神高速道路という構造の重要なジャンクションです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 07 市立吹田サッカースタジアム
南東方向、茨木市〜摂津市方面の夜景。中央にガンバ大阪の本拠地、市立吹田サッカースタジアムが見える。サッカーの試合開催時には光り輝いているはず。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 ゴンドラ内
ゴンドラの内部。定員6名の広々としたキャビン。全ゴンドラにタブレットが完備されており、各種インフォメーションを表示。今後様々なアプリが提供されていく予定。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 REDHORSE MARUMIEPLAZA
観覧車を降りた所にあるMARUMIE PLAZA。オフィシャルグッズが買えるショップと観覧車を眺めながら食事ができるテラス席を備えたレストランがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 全景
北側から見るRedhorse OSAKA WHEELの全景。ライトアップには様々なパターンがあり、毎時0分など一定時間毎にしか見られないパターンもあるようです。

太陽の塔とRedhorse OSAKA WHEEL 2017
太陽の塔Redhorse OSAKA WHEEL。その間にモノレールの光軌。

最後は動画でお楽しみ下さい。観覧車内からの夜景撮影は制約が多くて大変ですが、何とか制作してみました。上記の写真がそのまま場面の解説になります。


YouTubeの動画ページへ

以上、Redhorse OSAKA WHEELの夜景でした。ベイエリアの開放感が特徴の天保山大観覧車や、都会のど真ん中でビルの間をすり抜けるHEP FIVE大観覧車とはまた違った趣のある夜景を楽しむことができます。冬場は大気が綺麗で見通しの良い日が多いので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 大阪府咲洲庁舎 コスモタワー展望台

大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)展望台の夜景動画を約5年ぶりにリニューアルしました。1995年に大阪ワールドトレードセンタービルディングとして開業した当時からある展望台で、これまでに何度か管理会社を変えながら営業継続されています。地上252m(ビル自体は256m)という現在でもトップクラスの高さから360度全方向に広がる大阪ベイエリアの夜景が大きな特徴となっています。

YouTubeの動画ページへ

南港ビル群のトワイライトから始まるオープニングは対岸の中央突堤臨港緑地から撮影、本編は大迫力の俯瞰夜景を中心に、天保山大観覧車などのランドマークを挟みながら構成しました。エレベーターのシーンは窓の汚れが酷く、視聴に耐えなかったので今回はその代わりにエスカレーターのシーンを挿入しています。

全編を通してゆったりと長めのカットで構成している為、静かな時間が流れるベイエリアの雰囲気を存分に楽しめると思います。5年前と比べて眺望自体に大きな変化があるわけではないのですが、やはり撮影機材が新しい分、画質は大幅に向上しており、その点だけでもリニューアルした価値はありそうです。

大阪府咲洲庁舎展望台は外国人観光客が急増している梅田スカイビルや、最新スポットのあべのハルカスと比べるとマイナーではありますが、その独特な逆四角錐の形状により眺望の見やすさは抜群で、海に囲まれた開放感という大きなアドバンテージがあります。都心からの距離というハンデに負けず頑張って欲しいと思います。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 東横堀川〜道頓堀川クルーズ(御舟かもめ)

先日、東横堀川探検クルーズの記事を書きましたが、運行元の御舟かもめさんを始め各所からの評判が良かったので、このたび動画を制作するべく再び乗船しました。今回は貸切クルーズではなく、通常運行されているバークルーズのルートに東横堀川が含まれていますので、そちらを利用させて頂きました。

バークルーズは夜間のみ運行されているコースで、八軒家浜から東横堀川を経由して道頓堀に向かう約1時間のプログラムです。大川で天満橋川崎橋天神橋のライトアップを楽しんだ後、東横堀川へ入り東横堀川水門で水位調整、そのまま南下し本町橋等を鑑賞、最下流で道頓堀川となり西進、えびす橋グリコネオンといった観光名所を通過し湊町リバープレイスへと至ります。

YouTubeの動画ページへ

動画ではルートに沿ってダイジェスト形式で編集しました。洗練された大川、ディープな東横堀川、派手な道頓堀川という、水都の3つの顔を楽しんで頂ければ幸いです。また以下のように、実に26本もの橋を通過し、大阪八百八橋(浪華八百八橋)という表現も大げさでないほど数多くの橋が架かっている様子が分かります。

■大川(旧淀川)の橋
天満橋〜天神橋(コースには川崎橋を含む)

■東横堀川の橋
葭屋橋〜今橋〜高麗橋〜平野橋〜大手橋〜本町橋〜農人橋〜久宝寺橋〜安堂寺橋〜末吉橋〜九之助橋〜東堀橋〜瓦屋橋〜上大和橋

■道頓堀川の橋
下大和橋〜日本橋〜相合橋〜太左衛門橋〜戎橋〜道頓堀橋〜新戎橋〜大黒橋〜深里橋〜浮庭橋

見所が多いコースですが、やはり阪神高速の高架と橋脚が迷宮のような風景を生み出している東横堀川は独特の雰囲気で面白いです。川辺の整備に力を入れている大阪市なので、いずれ東横堀川一帯もライトアップ等の整備が本格化するかもしれませんが、ここは無理に光で演出するよりも、この暗さを活かした方が面白いのではないかと思いました。興味がある方はぜひ乗船してみて下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

中之島リバークルーズ 堂島川の夜景

とんぼりリバークルーズなど、大阪で数多くの遊覧船を運行する一本松海運が、2016年7月より中之島西エリア初の観光遊覧船、中之島リバークルーズをスタートさせました。デジタルワイヤレスヘッドフォンによる音響効果と、ライトアップされた橋梁、レトロ建築、高層ビルの美しい景観がコラボする次世代型のクルーズとなっています。先日、撮影する機会がありましたので写真と動画を紹介しておきます。

中之島リバークルーズ ほたるまち港
チケットの購入と乗船はほたるまち港で行います。

中之島リバークルーズ 中之島3丁目の高層ビル群
最初は中之島3丁目の高層ビル群を眺めながら航行していきます。

中之島リバークルーズ 阪神高速中之島分岐 02
阪神高速中之島分岐の高架が大迫力。

中之島リバークルーズ 阪神高速中之島分岐 01
水都大阪ならではのダイナミックな光景が広がります。

中之島リバークルーズ 渡辺橋と中之島フェスティバルタワー
中之島フェスティバルタワーを眺めつつ渡辺橋をくぐります。

中之島リバークルーズ 阪神高速中之島分岐 03
ライトアップが美しい中之島ガーデンブリッジが見えてきました。

中之島リバークルーズ 中之島ガーデンブリッジ
中之島ガーデンブリッジをくぐります。

中之島リバークルーズ 大江橋付近
大江橋の手前、日本銀行大阪支店のあたりで折り返し。

中之島リバークルーズ 阪神高速中之島分岐 04
2009年からスタートした阪神高速橋脚のライトアップが良い演出になっています。

中之島リバークルーズ 中之島2丁目の高層ビル群
完成に近づいてきたフェスティバルシティ

中之島リバークルーズ 阪神高速中之島分岐 05
高層ビルや高架好きにはたまらない構図が続きます。

中之島リバークルーズ 阪神高速環状線池田線分岐
阪神高速の環状線池田線分岐

中之島リバークルーズ ほたるまち周辺
乗船したほたるまち港を通過していきます。

中之島リバークルーズ 玉江橋
クルーズ終盤の見所となっている玉江橋のライトアップ。

中之島リバークルーズ 堂島大橋
堂島大橋の手間、リーガロイヤルホテル付近でさらに折り返し。

中之島リバークルーズ ほたるまちと玉江橋
再び玉江橋をくぐり、ほたるまち港に到着してクルーズ終了です。

最後は動画でお楽しみ下さい。全航程を3倍速で収録しました。

YouTubeの動画ページへ

以上、中之島リバークルーズの乗船レポートでした。再開発が進む中之島西部エリアをじっくりと堪能できる素晴らしいクルーズだと思います。ヘッドフォンではBGMや観光ガイドが流れ、クルーズをより深く楽しむことができます。都市夜景ファンの方には確実にお勧めできますので、ぜひ乗船してみてはいかがでしょうか。

営業時間は17時〜21時の毎時00分と30分に出航。料金は大人900円(小学生以下無料)となっています。運行は2016年12月25日まで。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

※本記事の写真及び動画は全て許可を得て撮影しております

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 夜景動画

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top