中之島

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

<< 新しい記事 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 古い記事 >>

中之島ウエスト 冬ものがたり 2012

中之島西地区では中之島ウエスト 冬ものがたり 2012というイルミネーションイベントが初開催されています。各所で水と光のフェスティバルタウンをテーマにしたプログラムが行われており、OSAKA光のルネサンスと連続して楽しむことが可能です。終了間際での紹介になってしまいましたが、クリスマスの予定にぜひどうぞ。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 ほたるまち
メイン会場となっているほたるまちの様子。堂島川護岸のライトアップや朝日放送社屋壁面を使ったほたるまち光絵画が美しい水辺を演出しています。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 中之島ウォーターファンタジア 01
ほたるまち港で行われている音楽と噴水のショー、中之島ウォーターファンタジアのワンシーンです。約5分間のショーが1時間に数回実施されます。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 中之島ウォーターファンタジア 02
壮大な音楽に合わせて噴水とバックの投影映像がシンクロします。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 ほたるまち光絵画
朝日放送社屋の壁面に巨大な光のアートを映し出す、ほたるまち光絵画

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 堂島クロスウォーク 01
堂島クロスウォーク前広場の、フェスティバル・クール・デ・ルミエール

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 堂島クロスウォーク 02
堂島クロスウォーク、その2。サンタのソリに乗って写真撮影ができます。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 玉江橋ライトアップ
リニューアルされた玉江橋のライトアップ。通常のブルーライトアップ以外に、中之島ウォーターファンタジアのショーと連動して色が変わる演出があります。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 リーガロイヤルホテル
これはプログラム外ですが、リーガロイヤルホテルのイルミネーションも楽しめます。高さ77mの光の帯をサンタクロースが登っていく様子が楽しいイルミネーション。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 京阪中之島駅
ほたるまち会場の最寄駅、京阪中之島駅コンコースで行われいるフェスティバル・ステーション。ここを通ることでイベントへの期待感が高まっていきます。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 中之島ダイビル
中之島ダイビル前のイルミネーション。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 フェスティバルホール レリーフライイトアップ
2013年4月10日に新しく生まれ変わるフェスティバルホール。オープンに先駆け、牧神、音楽を楽しむの図のレリーフライトアップがスタートしました。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 光のフェスティバル 01
中之島フェスティバルタワーの開業記念プログラム、光のフェスティバルの様子です。13階スカイロビーの窓をスクリーンに映像をプロジェクター投射し、芸術をモチーフにした光の演出が楽しめます。さすがに写真では全然伝わらないですね。

中之島ウエスト 冬ものがたり2012 光のフェスティバル 02
光のフェスティバルは15分ごとに行われますが、各回100名の整理券制になっていますので、確実に見たい場合は一番先に整理券を入手しておくことをお勧めします。

以上、中之島ウエスト 冬ものがたり 2012の様子でした。定着しているOSAKA光のルネサンスと供に、中之島全体が盛り上がっていくのは素晴らしいことだと思います。来年以降も同じプログラムが開催されるのかは分かりませんが、ぜひ続けていって欲しいですね。中之島ウエスト 冬ものがたりは2012年12月25日まで開催。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

夜景動画 大阪都心ナイトドライブ (梅田〜難波〜天王寺)

夜景動画シリーズ、大阪都心ナイトドライブを公開しました。

大阪市の中心部を南北に走る主要道路(四つ橋筋御堂筋堺筋谷町筋)と東西道路の千日前通を3倍速で収録したドライブ夜景動画です。梅田心斎橋難波天王寺という主要繁華街を全て通っていますので、大阪都心の車載動画の決定版と呼べるものになっていると思います。お時間よろしければぜひご覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

今回の撮影は本当に試行錯誤の連続で、日時を変えて5回くらい同じルートを走行しました。夜景という観点からするとオフィス街の明かりがピークとなる平日夜の早い時間帯がベストなのですが、都心部の渋滞が酷い時間帯でもあり、中々思うような走行ができません。かといって時間帯を遅くすると突然道路工事が始まったり、オフィス街や店舗の明かりがどんどん消えていってしまうというジレンマがあります。

最終的に素材として採用したのは休日の夜7時半頃から撮影したテイクです。オフィス街の明かりは期待できませんが、繁華街は最も賑わう時間帯であり、なおかつ都心部は渋滞がほとんどありません。多少の心残りはありますが、夜景としての美しさとスムーズな走行状態との妥協点がおそらくこのあたりだろうと思います。

今回の動画と、以前紹介した梅田ナイトドライブを合わせてご覧頂ければ、大阪都心部の主要エリアをほぼ網羅できると思います。ですので中々次の企画が思い浮かばないのですが、またルートを思いついたら新しい車載動画を制作したいと思っています。もし何か面白いアイデアがありましたらぜひ教えてください。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪パノラマ夜景(生駒山 なるかわ園地より)

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場の続きです。山からの夜景はやはりパノラマ写真で見るのが一番だと思いますので、広角と望遠の2パターンを作成しました。

生駒山 なるかわ園地から見た大阪の夜景パノラマ
なるかわ園地からの夜景パノラマ。市街地が扇形のようになって非常に見映えが良いのが特徴。生駒山の展望台の中で最高峰と言われるのも良く分かります。

生駒山 なるかわ園地から見た大阪市中心部の夜景パノラマ
大阪市中心部のクローズアップ版です。天王寺〜難波〜梅田までの様子を収めました。梅田周辺と難波周辺の繁華街は他と際立って明るいですね。

生駒山から見る大阪の夜景は光量が半端ではなく、ぜひ一度は実際に見て欲しいです。今回紹介したなるかわ園地 ぼくらの広場以外にも、鐘の鳴る展望台十三峠展望広場生駒山上遊園地等があり、まさに夜景スポットの宝庫といえるでしょう。夜景の美しいこれからの季節、興味があったらぜひ訪れてみてください。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場からの大阪夜景

今回は酷道として有名な国道308号線の暗峠(くらがりとうげ)付近にあるなるかわ園地 ぼくらの広場からの夜景をご紹介します。ぼくらの広場の標高は524m、山頂よりも標高は低いですが、生駒山の中でも最大級の眺望を誇る夜景スポットです。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 01
なるかわ園地にあるぼくらの広場の様子。ハイキングコースですので、昼間であれば簡単に辿り着くことができますが、夜間は懐中電灯が必要です。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 02
ハイキングコースの各地点に標高が書いてある看板があります。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 03
昼間の眺望はこんな感じです。見通しが悪かったので他の写真はパスします。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 01
夜になると眩いばかりの光の絨毯が広がります。ここは本当に素晴らしいです。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 02
東大阪市内から難波方面へかけて。ちょうど近鉄奈良線が眼下を一直線に走っている形になります。一番手前は近鉄瓢箪山駅〜東花園駅周辺です。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 03
大阪市北部、大阪城〜梅田方面です。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 04
大阪市南部、天王寺〜堺方面です。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (梅田方面)
梅田中心部を超望遠撮影。京橋のOBPや天満橋のOAP周辺が重なっています。HEP FIVEの観覧車や、良く見ると大阪駅のドーム屋根も写っています。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (難波方面)
難波方面を超望遠撮影。京セラドーム大阪天保山大観覧車も写っています。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (大阪都心方面)
大阪城〜中之島方面を超望遠撮影。中之島フェスティバルタワーの照明テストが行われていたのか、一際明るい光の塔になっています。大阪城はさすがの存在感。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (天王寺・阿倍野方面)
天王寺・阿倍野方面を超望遠撮影。建設中のあべのハルカスの背後には南港の大阪府咲洲庁舎コスモタワー。大阪市内でNo.1とNo.2の高層ビルです。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (近鉄若江岩田駅周辺)
東大阪市内、近鉄奈良線沿線の様子。手前から花園駅〜若江岩田駅〜八戸ノ里駅〜小阪駅〜永和駅〜布施駅です。中央を左右に走るのは近畿自動車道です。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 (近鉄八尾駅周辺)
八尾市内の様子。手前にあるオレンジ色の光は近鉄八尾駅前の大型商業施設、アリオ八尾。バックにはJR久宝寺駅前のメガシティタワーズが建っています。

生駒山 なるかわ園地 ぼくらの広場 夜景 05
木々の向こうに広がる大都会の光。

ぼくらの広場へのアクセス方法は2通り。信貴生駒スカイライン上にあるなるかわ園地駐車場から入る方法と、国道308号の暗峠から入る方法があります。国道308号の場合、大阪側よりも奈良側から登る方が比較的楽です。とはいえ初心者ドライバーの方にはなるかわ園地駐車場の利用を推奨します。

どちらを経由しても片道15分くらい山道を歩くことになります。道中に案内板のあるハイキングコースとはいえ、常識的に夜間に歩く道ではないので、必ず2人以上で懐中電灯(と予備電池)を持参の上、歩きやすい靴を着用のこと。そしてできれば昼間に下見を行っておいた方が無難です。辿り着くのに少し苦労が必要ですが、眩いばかりの夜景を目にすれば、きっとその苦労を忘れるくらい感動するはずです。

なるかわ園地 ぼくらの広場へのアクセス方法(参考ルート)

<< 新しい記事 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top