中之島

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

平成OSAKA天の川伝説 2015

大川の天満橋から天神橋にかけて青く輝く光球(いのり星)を放流するイベント、平成OSAKA天の川伝説が今年も実施されました。今回でもう7回目、大阪の七夕を代表するイベントとして定着しています。当日は雨予報だったのですが、祈りが通じたのか夕方頃に雨が上がり、開始時には良いコンディションになりました。

平成OSAKA天の川伝説 2015 01 オープニング
大阪天満宮の宮司によるお祓いが行われたオープニングセレモニー。

平成OSAKA天の川伝説 2015 02 ひこぼしくん&おりひめちゃん
枚方市のひこぼしくんと交野市のおりひめちゃんがセレモニーに参加。

平成OSAKA天の川伝説 2015 03 七夕コンサート
恒例となっている七夕コンサート。歌唱はオペラ歌手の増田いずみさん。フルートは安藤史子さん。ピアノは平山朋子さんという豪華なユニット。

平成OSAKA天の川伝説 2015 04
日が落ちると水面は徐々にいのり星のブルーで埋め尽くされていきます。

平成OSAKA天の川伝説 2015 05
そして一夜限りの天の川に。

平成OSAKA天の川伝説 2015 06
天神橋と中之島の剣先公園を俯瞰。ダイナミックな構図です。

平成OSAKA天の川伝説 2015 07
こちらは天の川伝説の定番構図。残念ながら報道関係者用エリアです。

osaka_amanogawa2015_08.jpg
いのり星の数がMAXの状態。この時に船から見ると非常に綺麗だと思います。

平成OSAKA天の川伝説 2015 09
中之島の眺めと天の川のマッチングは最高です。

平成OSAKA天の川伝説はもう毎年のように取材していますが、本当に水都の夏を代表するイベントの一つになりました。新しく整備された八軒家浜と遊歩道、そして大川と中之島の景観を活かすという点で、これ以上に相応しいイベントはないでしょう。大変だと思いますが、これからも頑張ってずっと続けていって欲しいですね。

夜景動画 ブリーゼタワー 33F 展望フロアからの夜景

夜景動画シリーズ、ブリーゼタワー 33F 展望フロアを公開しました。

2008年、大阪ガーデンシティに誕生した高さ174mの超高層ビル、ブリーゼタワー。33階レストランフロア(タワーダイニング)に大型の展望窓があり、主に中之島〜大阪都心方面の眺望を楽しむことができます。ブリーゼタワーからのカットは様々な動画の中で使用していますが、今回は単体の動画として制作してみました。


YouTubeの動画ページへ

同じ国道2号線沿いということで、前回紹介した大阪駅前第3ビルの続きのような感覚で楽しんでいただけると思います。ブリーゼタワーは南側以外の視界がかなり限定されてしまうのですが、相当な高さがあるので全体的に広がりと迫力が感じられます。また足元まで展望窓が迫り出しているので真下が見えるのも大きな特徴です。

やはり梅田界隈の展望台は街の中心部だけあって撮影していて非常に楽しいですね。俯瞰で撮影すれば大都会の光の海が広がりますし、交差点やビル群などをピンポイントで切り取るのも面白いです。周辺ではまだまだ再開発が続いていくと思いますので、今後もダイナミックな変化が楽しめる展望スポットになりそうです。

夜景写真は過去記事へ→ ブリーゼタワー 33Fタワーダイニングからの夜景

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 大阪駅前第3ビル展望室からの夜景

夜景動画シリーズ、大阪駅前第3ビル 展望室を公開しました。

1979年から1986年まで西日本一の高さ(142m)を誇っていた大阪駅前第3ビル
32階と33階に展望台を備えており、梅田周辺の街並みを楽しめるスポットとして知られています。過去にオムニバス動画の中で紹介したことはありますが、今回は単体の動画として制作しました。梅田エリアの動画は結構久々になります。


YouTubeの動画ページへ

展望窓が東西の2方向のみであり、また構造的にあまり左右を広範囲に見渡すことができないということもあって、普通に撮影すると非常に短い動画になってしまいます。そこで様々なレンズを使って構図のバリエーションを増やしました。超広角のシーンで外壁が隅に写り込んでますが、迫力を出す為あえてそのままにしてあります。

ここでメインとなるのはやはり西側ですね。西梅田や中之島の再開発が続いていた時代は絶好の観察スポットでした。一方、東側は目立って大きな変化はありませんが、生駒山まで延々と続く市街地を見渡せるという意味では、こちらの方が展望台らしいと言えるかもしれません。梅田新道交差点を見下ろせるのもポイントです。

大阪駅前第3ビルは古くからある展望台ですが、眺望の魅力は今でも色褪せていません。建物はさすがに老朽化が目立っていますので、再開発の話題もちらほらと出てきているようです。区分所有のビルなので建て替えとなれば大変な道のりになると思いますが、将来的に大阪駅前の顔になるようなものを作って欲しいと思います。

夜景写真は過去記事へ→ 大阪駅前第3ビル展望台からの夜景

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

平成OSAKA天の川伝説 2014

大川に青く輝く光球(いのり星)を放流する平成OSAKA天の川伝説が今年も開催されました。今回でもう6回目ということで、大阪の七夕を代表するイベントとして定着しています。やはりこういったイベントは毎年続けていくというのが大事ですね。

平成OSAKA天の川伝説2014 01
開催前に行われた神事。天候が心配されましたが、夕方以降は持ち直しました。

平成OSAKA天の川伝説2014 02
セレモニーが終わると一気に放流がスタート。今年は実施計画が変更されたのか、日が落ちる頃には、既にいのり星が川面を埋めつくしていました。

平成OSAKA天の川伝説2014 03
上から見た天の川の様子。良い具合に広がっていました。

平成OSAKA天の川伝説2014 04
中之島公園とその周辺。今年は天神橋を超えて難波橋の手前辺りまで放流されていたので、例年よりも広範囲に及ぶ天の川を楽しむことができました。

平成OSAKA天の川伝説2014 05
天神橋の俯瞰夜景。

平成OSAKA天の川伝説2014 06
最後は新聞報道等でおなじみの構図。一般客は入れませんが最も絵になる角度でしょう。同じ構図は拙著「大阪夜景」の扉ページと背表紙にも使用しました。

今年の来場者数は4万8千人(主催者発表)。当初は地味だったこのイベントも、水都の夏を象徴するビッグイベントに成長しました。現在は様々な場所でいのり星の放流が行われていますが、やはり元祖となる平成OSAKA天の川伝説が一番です。

以下は素晴らしい空撮映像が紹介されている朝日新聞の記事。
水面に青く輝く天の川 大阪・大川でLED点灯

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top