中之島

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

10月中は台風による雨や曇りの日がほとんどで、中々撮影機会に恵まれませんでしたが、11月に入ってからは爽やかな秋晴れの日が増えてきました。この時期から冬場にかけては1年のうちで最も夕景〜夜景が綺麗な時期でもあるので、久々に生駒山地の麓から大阪方面を超望遠レンズで撮影してみました。
八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 2017年11月
大阪方面のトワイライト。素晴らしい染まり具合でした。撮影場所は八尾・十三峠線の入り口付近にあるヘアピンカーブ。住所的には八尾市楽音寺となります。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 あべのハルカス 2017年11月
天王寺方面の夕景を超望遠撮影。あべのハルカス通天閣天保山大観覧車が見えます。バックの山は神戸市須磨区の鉢伏山〜高取山あたりだと思います。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 大阪市中心部 2017年11月
大阪都心部〜梅田〜京橋方面の夕景を超望遠撮影。くっきりと見える六甲山地の稜線をバックに建ち並ぶ超高層ビル群は非常に壮観な眺め。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  01 2017年11月
夜になると高層ビル群の明かりがさらに際立ちます。標高は約125m。超望遠で高層ビル群を撮影する場合には、このくらいの標高からの方が写真に迫力が出ます。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  021 2017年11月
大阪城を中心にさらにクローズアップ。焦点距離800mm相当。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 パノラマ夜景 2017年11月
最後はパノラマ夜景です。どんどん増え続ける高層ビル群の様子が分かります。

以上、生駒山地から見る夕景〜夜景でした。山からの夜景撮影では基本的に光の絨毯的な写真が定番となりますが、超望遠レンズでスポットをピンポイントで捉えるのも非常に面白いですし、地形や街並みの特徴をより深く知ることができます。空気の澄んだ日が増えるこれからの季節にはピッタリの楽しみ方かもしれません。

中之島 国立国際美術館のライトアップ夜景

中之島4丁目で一際目立つ国立国際美術館は、建築家シーザー・ペリの設計による、まるでモニュメントのような外観の美術館です。展覧会期間中の土日は21時までオープンしており、夜には特徴的なライトアップを楽しむことができます。

中之島 国立国際美術館 夜景 2017年8月 01
国立国際美術館を南側から。ステンレス製のワイヤーフレームを組み合わせて構成された伸びやかな外観は、建築物というよりは芸術作品のよう。

中之島 国立国際美術館 夜景 2017年8月 02
竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージしたという外観デザイン。展示スペースは全て地下構造、地上部分のエントランスはアトリウム空間になっています。

中之島 国立国際美術館 夜景 2017年8月 03
西側の大阪市立科学館前より。うさぎの耳のようなデザインが良くわかります。

中之島 国立国際美術館 夜景 2017年8月 04
地面には川イメージしたイルミネーションが加わり、夜景に華を添えています。

中之島 国立国際美術館 夜景 2017年8月 05
国立国際美術館とイルミネーション。

以前は毎日ライトアップを行っていたと記憶しているのですが、近年は上記のように、展覧会開催期間中の土日のみの演出となっているようです。国立国際美術館の北側一帯では大阪市による新美術館の建設計画や、大阪大学による中之島アゴラ構想、さらに京阪・大林 中之島共同開発などが控えており、将来は中之島の新たな文化発信拠点として発展していくことでしょう。

平成OSAKA天の川伝説 2017

大川の天満橋から天神橋にかけての区間に、約5万個の青く輝く光球(いのり星)が放流される七夕の定番イベント、平成OSAKA天の川伝説が今年も開催されました。

今回はOMMビル21階の屋上西側をチケット購入者向けに開放するという実験が行われ、そちらに招待して頂いたのですが、予想以上の大混雑で落ち着いた撮影は困難な状況でした。しかし関係者の御厚意で同フロアにある日本料理の樂待庵さんから特別に撮影させて頂くことができましたので、そちらからの写真を紹介します。

平成OSAKA天の川伝説 2017 01
樂待庵から眺める天の川。高度感があって素晴らしい眺望でした。

平成OSAKA天の川伝説 2017 02
北浜〜中之島〜梅田方面の高層ビル群と天の川のマッチング。

平成OSAKA天の川伝説 2017 03
今年は剣先噴水が稼働していませんでした。ライトダウンキャンペーンによるものですが、せっかくの集客イベントなのに何とかならないものかと思います。

平成OSAKA天の川伝説 2017 04
八軒家浜船着場。いのり星が良い具合に広がっていました。

平成OSAKA天の川伝説 2017 05
外壁が写り込んでしまいますが縦構図バージョン。

以上、OMMビル21階の樂待庵さんからの眺めでした。屋上よりもワンフロア高い位置にあるので、より広範囲に大川を見下ろすことができ、絶景と呼ぶに相応しい眺めを楽しむことができました。天の川伝説の日はこちらを予約して食事と供に楽しむのが最高の贅沢かもしれません。お値段以上の価値は十分にありそうです。

栴檀木橋 (せんだんのきばし) ライトアップ夜景

2017年4月3日より、土佐堀川に架かる栴檀木橋(せんだんのきばし)のライトアップがスタート。既にライトアップが完成している12ヶ所の橋梁や堂島川護岸のライトアップと合わせ、中之島一帯が光の帯で繋がり、水都大阪の魅力がさらに向上しました。

栴檀木橋 ライトアップ 2017年4月 01
みおつくしプロムナードから見る栴檀木橋。完成した中之島フェスティバルタワーウエストを始めとした高層ビル群がバックに広がる。

栴檀木橋 ライトアップ 2017年4月 02
栴檀木橋のライトアップ。サイドには水色と黄緑色のグラデーション。これまでの中之島の橋梁ライトアップと比べても特に爽やかで明るい色合いです。

栴檀木橋 橋上夜景 2017年4月
三休橋筋の一部となっている橋上の様子。橋にちなんで栴壇木橋筋(せんだんのきばしすじ)とも呼ばれているようです。両サイドには植樹が施されています。

栴檀木橋と大阪市中央公会堂 夜景 2017年4月 01
栴檀木橋から見る大阪市中央公会堂。欄干にはセンダンノキをモチーフにしたパネルが取付けられており、内側からもライトアップされている様子が分かります。

栴檀木橋と大阪市中央公会堂 夜景 2017年4月 02
栴檀木橋と大阪市中央公会堂のコラボレーションは見応え充分。

栴檀木橋と「緑の賛歌」像 夜景 2017年4月
みおつくしプロムナードに鎮座する「緑の賛歌」像(本郷新・作)と栴檀木橋。右側の大きなビルは淀屋橋スクエア(地上18階建て、高さ79.7m)。

以上、栴檀木橋のライトアップでした。大阪市中央公会堂の影に隠れて、これまであまり目立たない橋だったのですが、今回のライトアップが完成したことで大変身しました。残念ながら『大阪夜景 増補改訂版』にはページが足りなくて載せられませんでしたが、今後新たな夜景スポットとして親しまれていくことと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 中之島

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top