生駒山系

TOP > 夜景・夕景 > 生駒山系

1 2 3 4 古い記事 >>

生駒山上遊園地の夜景(夏季ナイター営業)

2011年以来、久々に生駒山上遊園地に行ってきました。生駒山上遊園地は生駒山の山頂(標高642m)付近に設けられている歴史の古い遊園地で、夏季のナイター営業時には夜景スポットとしても楽しむことができます。車では信貴生駒スカイライン経由で、電車では近鉄生駒駅から生駒ケーブルでアクセスすることができます。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 01
昭和の雰囲気が残る園内の夜景。写真右奥に建つ飛行塔の裏側にあるSL列車アトラクションの敷地内に生駒山の一等三角点(642m)があります。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 02
園内の至る所から大阪側の夜景を楽しめるのが特徴。遠くには同じく関西で頑張っている老舗遊園地、ひらかたパークの観覧車がライトアップされています。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 03
かつては大人向けの絶叫マシンが複数建ち並んでいた時代もありましたが、現在はファミリーで楽しめる落ち着いた遊具が中心となっています。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 04
シンボルの飛行塔は園内のどこからでも目立ちます。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 05
飛行塔とイルミネーションのトンネル。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 06
1929年の開業以来、何度も改修されながら現役で動き続けている飛行塔は、現存する国内最古の遊具とされています。かつては派手にライトアップされていました。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 07
夜景をバックにサイクルモノレールを漕ぐ少年。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 08
回転遊具は長時間露光させると面白い絵になります。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 09
ケーブル生駒山上駅側の正面入口から続く街路樹のイルミネーション。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 10
噴水広場のイルミネーション。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 11
星の広場からの大阪夜景。木々が邪魔で市街地が遠くに感じられますが、生駒山系の夜景スポットの中では最も高い位置からの眺望になると思います。

生駒山上遊園地 夜景 2017年9月 12
夜の飛行塔。

以上、ナイター営業時の生駒山上遊園地でした。子供の頃によく連れて行ってもらった場所なので、来るたびにノスタルジックな気分になります。1980年〜1990年あたりの全盛期を知っているだけに、現状の来園者数には寂しさを感じることも事実ですが、現在でも頑張って営業が続けられていることは非常に嬉しいです。いつまでも子供たちの笑顔が絶えない場所であって欲しいと願っています。

大阪夜景のジグソーパズルが関西限定で発売

このたびジグソーパズル専門店のマスターピースから大阪夜景のパズルが発売されました。生駒山からの夜景を題材にした300ピースのパズルで、サイズは26x38cmとなります。写真は当方が提供し、エポック社が企画制作を行いました。

ジグソーパズル 大阪夜景 01
外箱はこんな感じです。

ジグソーパズル 大阪夜景 02
写真はパズル向けにキラキラ感を強調したものになっています。

ジグソーパズル 大阪夜景 03
撮影地は信貴生駒スカイラインの夕日駐車場。生駒にはもっと有名なスポットがあるのですが、パズルにした時の見栄えが一番良かったこの写真が選ばれました。

ジグソーパズル 大阪夜景 04
外箱の上面。

ジグソーパズル 大阪夜景 05
側面に堀寿伸のクレジットが入っています。

写真関係で仕事をやっていても、自分のパズルを出せる機会なんて中々ないと思いますので、今回は非常に良い経験になりました。価格は1,200円でマスターピースの大阪地区店舗限定販売です。三井アウトレットパーク大阪鶴見イオンモール四条畷にお店がありますので、興味のある方はぜひご購入下さい。製造個数があまり多くないと聞いておりますので、ご購入はお早めに。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景

生駒山のなるかわ園地らくらく登山道というハイキングコースがあります。この全長2.7kmのルートはもともと旧枚岡市(現在の東大阪市東部)が髪切自動車道として整備しようとしていたもので、綺麗な舗装と広々とした道幅、そして緩やかな勾配によって車椅子の方でもハイキングを楽しめるのが特徴となっています。

らくらく登山道には4つの展望スポットが整備されていますが、その中でもメインとなるのが枚岡神社の本宮(神津嶽)付近にあるみはらし休憩所です。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所の様子
みはらし休憩所の様子。木造の展望デッキと三角屋根の休憩所、トイレがあります。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夕景
大阪方面の夕景。その名の通り見晴らしは抜群で、180度の大パノラマが広がります。視界の広さは数ある生駒山のスポットの中でもトップクラスだと思います。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 01
眩いばかりに広がる大阪夜景。標高は約270m。有名なぼくらの広場(標高524m)のちょうど真下あたりなので、眺望の雰囲気は非常によく似ています。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 02
中心部を少しズームで。手前側は東大阪市の街並み。右側中央あたりが花園ラグビー場のある花園中央公園。よく見ると神戸方面の明かりまで見えています。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 03
東大阪市南部から天王寺・阿倍野方面にかけて。奥に向かって走るのが近鉄奈良線。手前の明るい所が枚岡エリアの中心となる近鉄瓢箪山駅です。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 04
東大阪市北部から大阪市中心部、梅田方面にかけて。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 05 大阪都心の高層ビル群
超望遠で捉える梅田〜中之島の高層ビル群。左奥に大阪城、手前に東大阪市役所や東大阪ジャンクションが見える。圧縮効果によるビル群の一体感が良い感じ。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 06 あべのハルカス
この地点の標高よりも高いあべのハルカス。その右側には通天閣が見える。

生駒山 なるかわ園地 みはらし休憩所からの夜景 07
ウッドデッキの様子。この展望台のポイントは、やはり山からとは思えないほど市街地が近くに感じられる所でしょう。まさに手に取るようにパノラマ夜景が楽しめます。

最後に動画を撮影しておきましたので、お時間宜しければご覧下さい。

YouTubeの動画ページへ

みはらし休憩所へのアクセスですが、はっきり言ってしまうと車で楽に辿り着けるルートはありません。らくらく登山道(らくらくセンターハウス)の駐車場は17時(12月〜2月は16時)で閉門してしまいますし、国道308号(暗峠)側のゲートにも駐車場は無く、また道幅が狭く急勾配なので車で気軽に行けるような場所ではありません。

今回の撮影で使ったルートは近鉄枚岡駅から枚岡山展望台〜神津獄〜ぼくらの広場へと至る神津嶽ハイキングコースです。大人なら小一時間程度で辿り着けますが、枚岡山展望台までは結構な勾配が続くので、ある程度は体力が必要です。また夜間は必ずライトを装備し、かつ二人以上で行くことをお勧めします。

他には瓢箪山駅から客坊谷ハイキングコースなるかわ谷ハイキングコースを使ってらくらく登山道へと合流する方法、また最初から全てらくらく登山道を使うルートもあります。ただ瓢箪山駅からゲートまで辿り着くだけでも大変ですし、麓の住宅街への違法駐車は厳禁ですので、やはり枚岡駅からのルートが推奨となるでしょう。

なるかわ園地 みはらし休憩所へのアクセス方法(参考ルート)

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

交野山 観音岩からの大阪夜景

今回は交野市の交野山(こうのさん)からの夜景です。標高341mの山頂に観音岩と呼ばれる巨大な岩があり、その上から大阪〜京都にかけての大パノラマが楽しめる絶景スポットとして有名です。夜間のアクセスが困難なのにも関わらず訪れる人が絶えないという点で、なるかわ園地のぼくらの広場と良く似ています。

交野山 観音岩 01
交野山、山頂の様子。左に見えるのが観音岩です。

交野山 観音岩 02
観音岩の側には交野山古代岩座阯という碑が立っています。

交野山 観音岩 03
岩の表面を見ると様々な文字が刻まれています。交野山が七夕伝説の発祥と言われる機物神社の奥宮であり、修行の地であったことを偲ばせます。

交野山 観音岩 04
それでは観音岩に登っていきましょう。最初は少し度胸が要ります。

交野山 観音岩 05
観音岩の先端。この先は完全に絶壁となっており、落ちたら大変なことになると思います。景色を見るだけならまだしも、写真を撮るのは正直かなり怖いです。

交野山 観音岩からの夜景 大阪方面
大阪市内方面の夜景。この写真の範囲で全景の4分の1程度。

交野山 観音岩からの夜景 交野市街
交野市街地。2010年に開通した第二京阪道路が夜景のアクセントになっています。手前に見えるグラウンドやドームは交野市の総合体育施設、いきいきランド交野

交野山 観音岩からの夜景 枚方方面 01
交野市北部〜枚方方面の夜景。

交野山 観音岩からの夜景 枚方方面 02
枚方〜高槻方面の夜景。

交野山 観音岩からの夜景 大阪市中心部
大阪市中心部を超望遠撮影。

交野山 観音岩からの夜景 あべのハルカス
あべのハルカスはどこからでも確認できます。

交野山 観音岩からの夜景 京都方面
京都市街。白く輝く京都タワーが見えます。

アクセス方法は昼間の場合、府道7号(枚方大和郡山線)沿いのいきものふれあいの里駐車場からハイキングコースを20分程度登るのが最短ルート。駐車場は午後4時15分に閉門するので、夜間はその手前あたりの道幅が広い場所に駐車するしかありません。府道7号はあまり道が良くないので運転にはご注意下さい。

地図を見ると交野カントリークラブまで行きたくなりますが、周辺道路は私道のため一般車両通行禁止となっています。ハイキングコースには案内板があり、良く整備されているので特に問題はありません。ただし山頂付近にハシゴのような階段を登る場所がありますので、運動靴の着用を推奨。もちろん夜間は懐中電灯が必須です。

交野山 観音岩へのアクセス方法(参考ルート)

1 2 3 4 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 生駒山系

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top