大阪近郊

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪近郊

1 2 3 4 5 古い記事 >>

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 復路編

2017年1月21日に行われた阪神高速6号大和川線 三宝ジャンクション〜鉄砲出入口間の開通記念イベント(ハイウェイウォーク)の続きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 13
三宝ジャンクションの手前で折り返し、復路は東に向かって戻っていく形になります。トンネルには大和川第1トンネル(1164m)という名称が付いていました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 14
ここから復路がスタート。最初は下り坂になっています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 15
トンネル内の様子。一直線にどこまでも続いていきそうな感覚。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 16
途中から予想外のイルミネーション演出がスタート。歩行者天国 今日だけやで。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 17
天井から7色の光を照らすレインボーのイメージ。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 18
グリーンの照明をベースにプロジェクターで木漏れ日のような映像を写し出す。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 19
ミラーボールがくるくると回ってディスコのような空間に。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 20
特殊な投光機を使って幻想的な空間を演出。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 21
都市のような映像を写し出すプロジェクター。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 22
様々なイルミネーションに魅了されているうちに出口が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 23
鉄砲出口から差し込む光がまるでSF映画のワープゾーンのよう。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 24
鉄砲出口を出ると3kmのハイウェイウォークが終了。お疲れ様でした。

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。わずか数時間のイベントの為にここまでの演出をするとは思っていませんでした。今回のイベント全体を通して、普段は見ることのできない世界を体験することができ、非常に良い経験になりました。今後の未開通区間の進捗も非常に楽しみです。

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 往路編

大阪市と堺市を分ける大和川の南岸に沿って建設が進む阪神高速6号大和川線。2017年1月28日に三宝ジャンクション鉄砲出入口間が開通するのに合わせて、1月21日に記念イベントのクォーターマラソンとハイウェイウォークが実施されました。

阪神高速6号大和川線 整備効果
阪神高速大和川線の整備効果。全線開通後には西名阪道から環状線を経由せずに湾岸線へと入ることができるようになり、渋滞の緩和が期待されています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 01
ハイウェイウォークはイオンモール堺鉄砲町の北側からスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 02
西行きの鉄砲東出口となる予定のスロープを反対に下って高速道路の本線に入っていきます。先に見えるトンネルは未開通区間。上には南海本線が走っています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 03
Uターンして本線のウォーキングがスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 04
国道26号線の下を潜り、空が見える掘割方式で建設された区間を進んで行きます。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 05
トンネル内部の様子。この辺りは未開通区間なので、まだ照明も仮設で白線等も引かれていません。非日常な雰囲気がプンプンでワクワクします。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 06
ここからが2017年1月28日に開通する区間。照明や配管が化粧板で覆われておらず、設備が簡素化されている印象を受けました。メンテナンス性は高そうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 07
6号大和川線の標識。照明はスッキリとした白色のLED。個人的にはオレンジ色の高圧ナトリウムランプで照らされた昔ながらのトンネルのほうが好きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 081
トンネル内に気流を起こすことで排ガス対策を行うジェットファン。高速道路内の設備をじっくり撮影できる機会は中々ないので、こういったイベントはとても貴重です。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 09
いよいよ出口の標識が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 10
三宝ジャンクション手前の分岐標識です。神戸が左で関空が右という表示は構造上そうなっているのですが、土地勘のある人は逆に戸惑う可能性がありそうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 11
地上に出るとウォーキングの折り返し地点となります。残念ながら先の三宝ジャンクションに入ることは出来ませんでした。かなり期待していたのですが。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 12
入れないものは仕方ないので展示してあった三宝ジャンクションの模型。北側から見下ろしている状態になります。上下に走る道路が阪神高速4号湾岸線

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。往路では脚色のない素の状態の道路や付帯設備を楽しむことができました。またトンネル内では阪神高速の歩みを紹介するパネルが展示されていたり、緊急車両が展示されていたりと、非常に勉強になるものが多かったです。次回の復路編に続きます。

高槻市総合センターからの夕景 2014年1月

久々に高槻市総合センターの展望ロビーを訪れました。

JR高槻駅北東地区(MUSEたかつき)の再開発が大詰めを迎えていることもあって、景観がどのように変化しているのか確認するのが目的です。やはり冬場は空気が綺麗で見通しが良く、展望台からの俯瞰写真を撮影するには好都合な環境でした。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 01
JR高槻駅方面の夕景。ポンポン山を始めとする背後の山々が綺麗です。

JR高槻駅前 夕景 2014年1月 02
JR高槻駅周辺。左側にローレルスクエア高槻のツインタワー。右側にジオタワー高槻ミューズフロントと建設中のジオタワー高槻ミューズガーデンが建ち並ぶ。

MUSEたかつき 夕景 2014年1月
MUSEたかつきの夕景。この2棟に加えて、もう1本ジオ高槻ミューズスイートというタワーマンションが建つ予定でしたが、現在工事は中断されているようです。

阪急高槻市駅周辺 夕景 2014年1月
阪急高槻市駅周辺の夕景。視線の先は京都府になります。

高槻市役所から南方向 夕景 2014年1月
南側展望窓からの夕景。枚方市、寝屋川市といった北河内の市街地が広がる。

高槻市役所から大阪都心部を臨む 夕景 2014年1月
遠くには大阪市中心部の高層ビル群が見える。左側にはあべのハルカスも。

高槻市役所から西方向 夕景 2014年1月
西側展望窓からの眺望。茨木、吹田方面に沈みゆく夕陽が綺麗でした。

10月〜3月の間は18時に閉まってしまうので、夜景をゆっくりと鑑賞するには4月〜9月に訪れる必要があります。空気の綺麗な冬場に夜景を見られないのは残念ですが、この地域の展望台は貴重な存在なので、これからも大事にしていきたいですね。

生駒山 水呑地蔵院〜十三峠からの眺め 2012年6月

約1年ぶりに生駒山の十三峠方面へ足を伸ばしてきました。いつも時間帯が悪いので今回は朝一番から出かけることに。天候も良く中々見通しの良い写真を撮影することができました。夏場ならこれ以上は無理といっても過言ではないくらいのコンディションだったと思います。少し公開が遅れたので2ヶ月ほど前の写真となります。

水呑地蔵院 2012年6月
水呑地蔵院の本堂横にある弘法水の湧き出る祠。

水呑地蔵院から大阪方面 2012年6月
水呑地蔵院から大阪方面の眺め。この空気の状態なら望遠撮影も期待できそう。

水呑地蔵院から梅田方面 2012年6月 01
水呑地蔵院から梅田〜中之島方面を超望遠撮影。大阪城も高層ビル群もくっきり。

水呑地蔵院から梅田方面 2012年6月 02
同じく梅田〜京橋方面を超望遠撮影。グランフロント大阪が見えています。

水呑地蔵院から難波・弁天町方面 2012年6月
難波〜弁天町方面を超望遠撮影。バックには神戸市内の様子も。

水呑地蔵院から阿倍野方面(あべのハルカス) 2012年6月
阿倍野方面を超望遠撮影。この時点であべのハルカスは263mでした。

水呑地蔵院から八尾方面(メガシティタワーズ) 2012年6月
八尾市久宝寺駅前のツインタワーマンション、メガシティタワーズ

十三峠から梅田方面 2012年6月 01
水呑地蔵より少し標高の高い十三峠展望広場から大阪都心北部の全景。

十三峠から梅田方面 2012年6月 02
十三峠展望広場から見た梅田〜中之島方面と大阪城。迫力のある眺望です。

八尾市楽音寺付近から梅田方面 2012年6月
最後は標高を下げて八尾市楽音寺付近から。ここからの眺めが意外と良かったので、メインサイトでパノラマ写真を紹介しています。興味がある方はご覧下さい。

1年前にはまだ足下しか見えていなかったグランフロント大阪中之島フェスティバルタワーあべのハルカスが姿を現し、より密度を増した高層ビル群を楽しむことができました。今後しばらくは大きな変化が無さそうで少し寂しくもありますが、また意外なところから新規プロジェクトが出てくる可能性もありますので目が離せません。

1 2 3 4 5 古い記事 >>

TOP > 高層ビル・再開発 > 大阪近郊

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top