ホテル夜景

TOP > 夜景・夕景 > ホテル夜景

1 2 3 古い記事 >>

レム新大阪(新大阪阪急ビル)からの夜景 後編

レム新大阪からの夜景 後編です。前回はホテルの外観と俯瞰夜景を中心に紹介しましたが、今回はさらにピンポイントな望遠夜景となります。新大阪は都心部から絶妙な距離にあるので、中々迫力のある構図で撮影することができました。

レム新大阪とコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション 夜景 2016年6月
新大阪駅北側に建つ2棟のホテル。レム新大阪(右)とコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(左)。手前は新御堂筋と地下鉄御堂筋線の高架。

キーエンス本社ビル 夜景 from レム新大阪 2016年6月
新大阪駅南側に建つキーエンス本社ビル(21階建て、高さ111m)。低層部は吹き抜け構造となっており、見る角度によって様々に表情が変わる斬新なデザインです。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 01
梅田方面の超高層ビル群。新御堂筋沿いに密集するオフィスビル群と相まって街の厚みが感じられます。右側手前は新大阪プライムタワー(21階建て、高さ約90m)。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 02
梅田中心部をクローズアップ。左側が阪急梅田駅周辺、右側がグランフロント大阪

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 03
阪急梅田駅周辺。ピンク色にライトアップされているビルが梅田阪急ビル(187m)。オレンジ色にライトアップされているビルが茶屋町アプローズタワー(161m)です。右奥には中之島フェスティバルタワー(200m)のツインビルが頭を覗かせています。

梅田の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月 04
角度的に重なっていますがグランフロント大阪です。

北浜〜天六方面の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月
北浜方面のビル群。手前は中崎町エリアとなります。中央で建設中のビルはシティタワー梅田東(46階建て、高さ146m)。右端奥にはあべのハルカスが見えます。

天満〜京橋方面の超高層ビル群 夜景 from レム新大阪 2016年6月
天満〜京橋方面のビル群。手前には淀川を渡る長柄橋

吹田〜摂津方面 夜景 from レム新大阪 2016年6月
吹田〜摂津方面。左側はメロード吹田(38階建て、高さ138m)、右端はパークタワー南千里丘(35階建て、高さ118m)。その間に高槻方面のビル群が見えます。

JR東海道本線(JR京都線) 新大阪駅 夜景 2016年6月
JR東海道本線(JR京都線)の新大阪駅。

新御堂筋 夜景 2016年6月
北大阪の大動脈、新御堂筋の夜景。右下が地下鉄御堂筋線の新大阪駅です。

最後は動画でお楽しみください。

YouTubeの動画ページへ

以上、レム新大阪からの夜景でした。新大阪駅周辺には夜景スポットと呼べる場所が無いので、とても新鮮な眺望を楽しむことができました。客室はやや狭いですが、新幹線駅直結で内装や設備が良く、お手頃な価格のプランもあるので、大阪旅行の際には大変お勧めできるホテルです。客室は全て高層階で、どの部屋に宿泊してもエレベーターホールから南側、北側両方の眺めを楽しむことができます。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

レム新大阪(新大阪阪急ビル)からの夜景 前編

久々のホテル夜景シリーズ、今回はJR新大阪駅に直結する新大阪阪急ビルの12階から17階にあるホテル、レム新大阪です。快眠をコンセプトとしたホテルということで、通常の倍の数のスプリングを使ったベッドや、全室完備のマッサージチェアなど、他のビジネスホテルとは一線を画した設備が特徴となっています。

新大阪駅 夕景 2016年6月
新大阪駅夕景。新幹線駅舎の背後に建つ横長のビルが新大阪阪急ビル

新大阪駅 夜景 2016年6月
JR新大阪駅と新大阪阪急ビルの夜景。ビルの高さは79.68m。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 01
近未来的なレム新大阪のホテルエントランス。ここだけを見ても普通のビジネスホテルではない、デザインにこだわったホテルだということが良く分かります。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 02
まるでSF映画に出てくるエレベーター、あるいはワープゾーンのよう。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 01
以下、16階客室からの夜景です。まずは南側方面。新大阪駅南側ロータリー左側にJR東海道本線(京都線)、右側に地下鉄御堂筋線(新御堂筋)という構図。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 02
眼下に見えるのが新幹線のホームです。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 03
新大阪駅前の夜景。新幹線の発着駅としてのみ注目されがちですが、大阪北部のジャンクション駅としても機能しており、オフィスビルやホテルが集積しています。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 04
新大阪駅南側で特に目立つビルは、左側のキーエンス本社ビル(21階建て、高さ111m)と右側の新大阪ワシントンホテルプラザ(23階建て、高さ約90m)です。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅ロータリー) 2016年6月
新大阪駅前のロータリー。高架部分はタクシー乗り場、地上部分は駐車場。

レム新大阪 南側 夜景 (新御堂筋) 2016年6月
梅田方面の夜景。2棟のビルの間から高層ビル群が見えます。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 01
北東側、吹田〜茨木〜摂津方面の夜景。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 02
北西側にはコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(旧ホテルラフォーレ新大阪)が建っていて、残念ながら景色はほとんど見えません。

レム新大阪からの夜景、後編に続きます。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸からの夜景 (明石海峡大橋)

神戸市垂水区のシーサイドホテル舞子ビラ神戸は明石海峡を臨む舞子公園のすぐ近くにあるシティホテルです。戦前は有栖川宮家の別邸があった場所で、現在でも敷地内にかつての面影を残す姫小松の庭園が残されています。先日プライベートで宿泊する機会がありましたので、ついでに夜景を撮影してみました。

舞子公園 2015年7月
舞子海上プロムナードから見た舞子公園。左上に建つ2つの建物がシーサイドホテル舞子ビラ神戸(左が本館、右が別館)です。手前は孫文記念館(移情閣)

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 舞子駅方面 夜景
舞子駅方面の夜景。手前には松林が広がっている。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 舞子駅 夜景
舞子駅周辺の夜景。屋上のアンテナ(避雷針?)が特徴的なティオ舞子(高さ101m)を挟んで左側がJR舞子駅、右側が山陽舞子公園駅となっている。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (ブルーグリーンライトアップ)
明石海峡大橋の夜景。土日祝の通常時はグリーンブルーのライトアップ。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (ルビーライトアップ)
毎時30分は誕生石カラーのライトアップ。撮影時は7月なのでルビーの赤。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (虹ライトアップ) 01
毎時0分は虹色。1時間に1回、5分間だけしか見ることができない。

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 明石海峡大橋 夜景 (虹ライトアップ) 02
明石海峡大橋の主塔は海面から298.3mの高さとなっている。あべのハルカスが2本建っているようなイメージだろうか。これが世界最長の吊り橋を支えている。

このように部屋から明石海峡大橋の夜景を楽しめるのは贅沢でした。館内の設備も整っており、気持良く滞在できるホテルです。実をいうと当日は大雨で、しばしば主塔の上方に雲がかかって見えなくなるほどでした。はっきり言って写真としては微妙ですが、天然のソフトフィルターだと考えれば逆に面白かったもしれません。

夜景動画 ホテル大阪ベイタワーからの夜景

夜景動画シリーズ、ホテル大阪ベイタワー(Bayside View)を公開しました。

大阪市港区の弁天町駅前に立地する複合施設ORC200内に建つ超高層ホテル、ホテル大阪ベイタワー。客室は全て30階以上の高層階になっており、どの部屋からでも素晴らしい夜景を楽しむことができます。海側と街側の選択で大きく眺望が変わりますが、今回は海側の大阪ベイエリア〜神戸方面を動画にしました。


YouTubeの動画ページへ

撮影場所は49階のデラックスダブルです。海側の客室ではスイートルームを除いて最も高層階に位置します。今回は昼景〜夕景〜夜景と順番に場面展開させることで時間の流れ、移ろいを表現しました。また全く印象の異なる3つのシーンを組み合わせることで、単一方向の眺望ゆえの単調さを回避しています。

地上200mに近い高さからの夜景は絶景で、ワインを飲みながらずっと眺めていたくなります。さすがは「夜景の綺麗なホテルランキング」の常連ですね。駅直結でアクセスが良く、シティホテルでありながらビジネスホテルに近い手頃な価格で宿泊できるプランもあり、単身者にも家族連れにもお勧めできるホテルです。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > ホテル夜景

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top