梅田

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

<< 新しい記事 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 古い記事 >>

周辺ビルから見るグランフロント大阪の夜景

2013年4月26日の開業以来、大阪の新たなランドマークとして賑わいを見せているグランフロント大阪。多忙の中、ようやく撮影日程のメドが立ちましたので、完了した場所から少しずつ公開していきます。今回は大阪 at Nightらしい視点ということで、梅田地区の周辺ビルから見るグランフロント大阪の夜景をテーマに紹介します。

阪急グランドビルから見るJR大阪駅周辺 夕景
阪急グランドビルから見るJR大阪駅周辺の夕景。高層ビル群のライトアップが徐々に点灯し始め、華やかな繁華街の夜へと移り変わっていきます。

阪急グランドビルから見るJR大阪駅周辺 夜景
阪急グランドビルからの夜景。ここからの眺めも数年で大きく変わりました。

阪急グランドビルから見るグランフロント大阪 夜景
阪急グランドビルから見るグランフロント大阪の夜景。オフィスの入居率はまだまだですが、梅田阪急ビルのケースと同じく時間が解決してくれるでしょう。

阪急グランドビルから見る大阪ステーションシティ 夜景
大阪ステーションシティの夜景。こちらも開業当初はグランフロント大阪に負けないくらいの話題性がありました。劣勢が伝えられる三越伊勢丹にも頑張って欲しい。

JR大阪 アトリウム広場とグランフロント大阪 夜景
大阪ステーションシティから見るグランフロント大阪の夜景。アトリウム広場うめきた広場が一体化し、ようやく本来あるべき姿を拝むことが出来ました。

大阪ステーションシティから見るグランフロント大阪 夜景
大阪ステーションシティ和らぎの庭から見るグランフロント大阪の夜景。タワーAは塔屋だけではなく、各階にあるエアインテークのライトアップも綺麗です。

梅田スカイビルから見るJR大阪駅周辺 夜景
梅田スカイビルから見るJR大阪駅周辺の夜景。展望窓から撮影できるギリギリの範囲。うめきた広場が完成したことで、三越伊勢丹側が一段と明るくなりました。

梅田スカイビルから見る「うめきた広場」 夜景 01
アトリウム広場うめきた広場の夜景。周囲から浮いている感のあったノースゲートビルが、この状態を意図してデザインされたものだということが良く分かります。

梅田スカイビルから見る「うめきた広場」 夜景 02
うめきた広場をクローズアップ。大階段のライトアップがとても綺麗です。手前には停泊する船をイメージしてデザインされた商業棟のうめきたSHIPがあります。

梅田スカイビルから見るグランフロント大阪 夜景
梅田スカイビルから見るグランフロント大阪の夜景。空中庭園の構造物が邪魔で少し見づらい角度になりますが、真正面から4棟全てを見られる貴重なスポットです。

やはり最新スポットだけあって、ライティングデザインも凝っていますね。特にタワーAのエアインテークやタワーBのコーナーボイドのライトアップは斬新だと思います。どちらも同じく自然換気システムということで、デザインと機能性を両立させているのがポイントです。インターコンチネンタルホテル大阪オーナーズタワー(分譲マンション)の稼働が始まり、オフィスが埋まった時の夜景が非常に楽しみです。

淀川河川公園からの梅田夜景 with グランフロント大阪

グランフロント大阪の夜景をやって欲しいというリクエストを何件も頂いているのですが、開業直後というのは混雑する上、スタッフも不慣れで撮影許可の取得に時間がかかることが想像できる為、落ち着くまでしばらく静観しています。そのかわりと言っては難ですが、グランフロント開業後の淀川河川公園の夜景を撮影しました。

淀川河川公園の夜景 2013 01十三〜西中島南方間から見る梅田の夜景。以前はこの辺りがベストスポットでしたが、グランフロント大阪のビル群が縦に並ぶので、横の広がりがイマイチです。

淀川河川公園の夜景 2013 02グランフロント大阪と西梅田方面。中之島フェスティバルタワーも見えています。

淀川河川公園の夜景 2013 03 (梅田スカイビル)淀川河川敷からの眺めで特に存在感が際立つ梅田スカイビル

淀川河川公園の夜景 2013 04 (グランフロント大阪)現在は塔屋のライトアップのみとなっているインターコンチネンタルホテル大阪オーナーズタワーに灯が入れば更に眺めが良くなるでしょう。

淀川河川公園の夜景 2013 05 (グランフロント大阪)グランフロント大阪と阪急電車の架橋。鉄道ファンにもお勧めしたい構図です。

淀川河川公園の夜景 2013 06十三から西側に入ると、ビル群の並びが変化し、印象がガラッと変わります。

淀川河川公園の夜景 2013 07 (十三大橋)グランフロント大阪十三大橋の夜景。5連アーチのライトアップが美しい。

淀川河川公園の夜景 2013 08 (新十三大橋)新十三大橋と福島方面。梅田の高層ビル群はさらに広がっていきます。

淀川河川公園の夜景 2013 09 (新十三大橋)新十三大橋グランフロント大阪梅田スカイビルも良い角度で収まりました。

淀川河川公園の夜景 2013 10さらに西へ進み、十三と塚本の中間辺り。ここが現在のベストスポットだと思います。

淀川河川公園の夜景 2013 11 (梅田スカイビルとグランフロント大阪)グランフロント大阪梅田スカイビル、そしてHEP FIVEの観覧車とランドマークが揃い踏み。4棟それぞれに施された個性的なライトアップにも注目です。

最後は動画でお楽しみ下さい。上の記事本文がそのまま解説になります。

YouTubeの動画ページへ

前回に続くリニューアル動画の第二弾です。前作は撮影にかけた時間が少なく、やっつけ仕事で内容も薄かったのですが、今回は胸を張って淀川河川公園の夜景だと表に出せる作品になりました。あれから自身のスキルも撮影・編集機材も向上しているので、目標としている動く写真にかなり近づけたのではないかと思っています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 阪神高速1号環状線 ナイトドライブ 2013

夜景動画シリーズ、阪神高速1号環状線 ナイトドライブ 2013を公開しました。

夜景の新しい見せ方を追求しようと夜景動画の制作を開始してから早2年以上、大阪都心部は再開発によって刻一刻と景観が変わっている為、そろそろ初期作品の古さが目立つようになってきました。そこで少しずつ動画のリニューアルを進めていこうと計画しており、その第一弾が今回の阪神高速1号環状線となります。


YouTubeの動画ページへ

前作からの主な変更点としましては、走行ルート、再生速度を2倍速から3倍速に、画面のワイド化、左右視点の廃止、出口や分岐標識のビジュアル化となります。

走行ルートは新しく竣工した中之島フェスティバルタワーが良く見えるように11号池田線から進入し、通常ルート(ロングコース)と堺線分岐から西進するルート(ショートコース)の2周回分を連続で走行しました。ラストの梅田出口を降りた後は開業したばかりのグランフロント大阪の様子をオマケで収録しています。

3倍速にしたのは最近の作品に合わせる目的と、見る側の気持ち良さを重視したものです。左右視点は旧動画の特徴となっていたものですが、全体のテンポが悪いという意見もあり、今回はシンプルな前方視点のみとしました。その分、ワイド化することで映り込む情報量を増やしています。これらは賛否が分かれるかもしれません。

案内標識のビジュアル化ですが、これも視聴者からの要望が多かったものです。しかしネット上で標識の素材を探しても阪神高速のものは少なく、結局ほぼ全部イラストレーターで自作することになってしまいました。行き先の表記方法や路線マークはすべて実際のものに準拠しています。東大阪線は「奈良」、大阪港線は「天保山」など。

今後のリニューアル作品への提案等がありましたらぜひお寄せ下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪の夜景コレクション 2013 Vol.2

開設10周年記念動画の元素材写真集、続きです。
今回は梅田地区の残りのスポットと、難波、阿倍野地区の写真です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 01
ブリーゼタワーから東方向の夜景。真っ直ぐに伸びる国道1号線&2号線、ターミナル近辺の高層ビル群、右側では北新地の歓楽街が強烈な光を放っています。

ブリーゼタワー 夜景 2013 02
ブリーゼタワーから南方向の夜景。目の前には堂島〜中之島の超高層ビル群が建ち並びます。ホテルエルセラーン大阪のライトアップが綺麗です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 03
ブリーゼタワーから南西方向の夜景。中之島3丁目、ほたるまち等、再開発された新しい街並みが広がります。関電ビルのライトアップはもう復活しないのでしょうか。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 01
大阪駅前第3ビルから西方向の夜景。古くから親しまれてきた展望スポットですが、西梅田地区の再開発によって本当に見違えるような眺望になりました。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 02
大阪駅前第3ビルから南東方向の夜景。独特な外観を持つフェニックスタワーの全景を入れてみました。梅田新道交差点の複雑な形状は都会的で大好きです。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 03
OBP(右)とOAP(左)、その間に国道1号線という構図。国道1号線が東天満あたりで左に曲がっていなければ、もっと良い構図になっていたのかもしれません。

スイスホテル南海大阪 なんばパークス 夜景 2013
スイスホテル南海大阪からの夜景。南海なんば駅なんばパークス、そして背後から回りこむように迫ってくる阪神高速環状線と、非常に迫力のある構図です。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 01
通天閣から南東方向の夜景。高さ日本一、地上300mのあべのハルカスが聳え立つ天王寺・阿倍野ターミナルと、静かに佇む天王寺公園との対比が面白いです。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 02
あべのハルカスの夜景。あまり動きがないカットで正直採用するかどうが迷いましたが、天王寺公園のイルミネーションが良いアクセントになってくれました。最新の大阪を見せる上で、やはりあべのハルカスを外すわけにはいきません。

通天閣からの夜景 2013 03
通天閣から難波方面の夜景。南海サウスタワーホテル(現スイスホテル)しか無かった時代が嘘のようです。通天閣からの夜景撮影は只でさえ難易度が高いうえ、さらに手間のかかる微速度撮影ということで非常に苦労したカットです。

あべのルシアスからの夜景 2013
あべのルシアスからの夜景。今回の動画にベタな通天閣のカットを入れるつもりはなかったのですが、外国人視聴者を意識して最後に少しだけ入れてみました。

梅田、難波、阿倍野という大阪を代表する3大ターミナルということで、撮影していると自然にテンションが上がっていきました。大都市を彩る繁華街の光、赤く明滅するビルの航空障害灯、そしてその間を走り抜ける車のライトが、近未来的な都市景観を作り出していました。次回(ラスト)は大阪ベイエリア他を巡ります。

<< 新しい記事 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top