梅田

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

<< 新しい記事 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 古い記事 >>

グランフロント大阪の夜景 Vol.4 南館 ショップ&レストラン

グランフロント大阪の夜景シリーズ、第4回目は南館 ショップ&レストランです。

グランフロント大阪の商業施設は南館と北館に分かれており、そのうちファッションビルとしての機能を担うのが南館全体と北館の一部に入るショップ&レストランです。店舗面積は44,000屐日本初出店を含む266店で構成され、ターミナル立地の専門店街としては国内最大級の規模を誇ります。運営は阪急電鉄が行なっています。

グランフロント大阪 南館 夜景
大阪駅北口のアトリウム広場から見るグランフロント大阪 南館。JR大阪駅とは地上、地下、連絡橋で直結されており、商業フロアへダイレクトにアクセスできます。

グランフロント大阪 南館 ウィッシュボーン 夜景
南館正面に聳え立つ高さ43mの巨大な柱、ウィッシュボーン(Wish Bone)。5階にはウィッシュボーンの中心を通ることのできる空中回廊があります。

グランフロント大阪 南館 ショップ&レストラン 夜景 01
連絡橋から続く南館入口。メインとなる玄関口だけあって非常に明るいです。

グランフロント大阪 南館 ショップ&レストラン 夜景 02
館内の様子。南館は吹き抜け空間を挟んで左右に分かれるような構造になっています。右側は3フロアで展開するパナソニックセンター大阪。OBPから移転しました。

グランフロント大阪 南館 ショップ&レストラン 夜景 03
色遣いや案内表示のデザインを見ると、やはり阪急系列の商業施設だと感じます。

グランフロント大阪 南館 ショップ&レストラン 夜景 04
一直線に北館へと続いていく創造のみち

グランフロント大阪 南館 ショップ&レストラン 夜景 05
レストランフロアのうめきたダイニングから見下ろすと凄く立体的に見えます。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 01
9階に設けられた屋上庭園、南館テラスガーデンの夜景。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 02
全体的にライトアップは控えめで落ち着いた感じです。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 03
ビル風の影響か、屋上は物凄く風が強いです。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 04
南館テラスガーデンからの夜景。高さが無いので展望台としては今一です。1棟くらいはレストラン街などの形で最上階を開放しても良かったのではないかと思います。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 05
テラスガーデンに隣接するタワーAオフィスのスカイロビー。

グランフロント大阪 南館 テラスガーデン 夜景 06
JR大阪駅側から見る南館テラスガーデン。

以上、グランフロント大阪 南館の夜景でした。商業施設としては飛び抜けた何かがあるわけではありませんが、梅田全体の魅力がアップしたことは間違いありません。また都心の一等地でありながら、敷地に余裕を持たせて店舗を配置しているのが好印象でした。駅直結というアクセスの良さもあり、かなりの固定客を掴むのではないかと思います。次回はグランフロント大阪 北館の夜景を紹介する予定です。

グランフロント大阪の夜景 Vol.3 並木道&ザ・ガーデン

グランフロント大阪の夜景シリーズ、第3回目は並木道&ザ・ガーデンです。

グランフロント大阪の地上部分には前回までに紹介したうめきた広場の他にも多数のオープンスペースがあります。周辺道路沿いの並木道や本格的な庭園、ザ・ガーデンなど、四季の移ろいを感じられる休憩スペースを利用者に提供しています。

グランフロント大阪 けやき並木 夜景 01
南館と北館の間の道路沿いに設けられたけやき並木の夜景。都市再生特別措置法における道路占用許可の特例措置を利用したオープンカフェが設置されました。

グランフロント大阪 けやき並木 夜景 02
けやき並木の夜景 その2。公道を利用したオープンカフェの営業は新宿に続き国内で2例目。こういった事例は今後の街作りの手本になっていきそうです。

グランフロント大阪 せせらぎのみち 夜景 01
北館の西側には敷地内のセットバック空間を利用したせせらぎのみちが整備されました。公道上の歩道部分を合わせると幅20mの広さになります。

グランフロント大阪 せせらぎのみち 夜景 02
せせらぎのみちの水路。夏場には子供たちが水遊びをする姿が見られそうです。

グランフロント大阪 いちょう並木 夜景 01
せせらぎのみちと並行する歩道。3列のいちょう並木が500mに渡って続きます。2期開発が完了すれば、ここが南北のメインストリートになります。

グランフロント大阪 いちょう並木 夜景 02
いちょう並木の夜景。将来は第2の御堂筋になっているのでしょうか。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン 夜景 01
最後は北館と分譲マンションの間に設けられた庭園、ザ・ガーデンの夜景です。うめきた広場がオープンスペースを重視した分、こちらは本格的な庭園になっています。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン 夜景 02ザ・ガーデンの面積は約4,000屐ライティングデザインも洗練されています。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン 夜景 03
グランフロント大阪全体の傾向として、水景を重視しているのが良く分かります。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン 夜景 04
まだホテルやマンションがオープン前ということもありますが、周囲は車の通行も少なく、都心であるとは思えないほど静かな空間になっていました。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン 夜景 05
この辺りは新梅田シティの中自然の森を彷彿とさせます。

グランフロント大阪 北館 タワーC 夜景
ザ・ガーデンから見る北館タワーCの夜景。塔屋のライトアップが綺麗です。2013年6月5日にはインターコンチネンタルホテル大阪が開業します。

以上、並木道&ザ・ガーデンの夜景でした。これらの緑地帯は梅田の街並みに、ゆとりと潤いをもたらすことに成功しており、2期地区の開発にも影響を与えると思われます。次回はグランフロント大阪 南館の夜景を紹介する予定です。

グランフロント大阪の夜景 Vol.2 うめきたSHIP

グランフロント大阪の夜景シリーズ、第2回目はうめきたSHIPです。

うめきたSHIPは停泊する船をイメージしてデザインされたモニュメント的な施設で、うめきた広場の西端にあります。1階にはレストラン、2階にはうめきたSHIP HALLがあり、広場で行われるイベントと連動させる利用方法が想定されています。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 01
うめきた広場の全景。左奥に見えるのがうめきたSHIPです。手前は前回紹介したライトアップが美しい大階段ですが、こちら側から見ると普通の階段に見えます。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 02
うめきたSHIPを正面から。開業当初にはなかったパナソニックの看板が設置されていました。これはせっかくの凝ったデザインを台無しにしているかもしれません。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 03
流線型のフォルムが美しいうめきたSHIP。道路と広場を隔てる役割も担っており、広場から見える空白地帯(2期開発用地)を上手く隠しています。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 04
うめきたSHIPノースゲートビルディング

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 05
角度を変えてみると確かに船の先端部分のように見えます。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 06
うめきたSHIP南館。タワーのガラスカーテンウォールともマッチしています。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 07
かつての薄暗かった大阪駅北口を思い出すと、隔世の感があります。

グランフロント大阪 うめきたセラー  夜景 01
うめきたSHIPの両サイドには人工の滝が流れており、広場の中央部や地下のレストラン街から眺めることができます。まるでバブル期のような贅沢さです。

グランフロント大阪 うめきたセラー  夜景 02
滝の様子を反対側から。

グランフロント大阪 うめきたセラー  夜景 03
うめきた広場の地下にはうめきたセラーというデパ地下風の商業施設があります。

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 08
広場の水景に浮かぶうめきたSHIP

グランフロント大阪 うめきたSHIP 夜景 09
うめきたSHIPグランフロント大阪の全景。

以上、独特の形状を持つうめきたSHIPの夜景でした。うめきた広場の景観に華を添える素晴らしいデザインだと思います。次回は北側に整備された緑地、ザ・ガーデン、および周辺道路沿いのいちょう並木けやき並木の夜景を紹介する予定です。

グランフロント大阪の夜景 Vol.1 うめきた広場

過去2回は少し離れた場所から見たグランフロント大阪の夜景を紹介しましたが、今回からはグランフロント敷地内の夜景をシリーズでお届けします。まずは玄関口であり、駅前広場としては国内最大級の規模となるうめきた広場です。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 01 (ゲート)
東側(ヨドバシ梅田側)からの入口。ここからグランフロントの敷地であることを表したかったのだと思いますが、正直この柱は要らなかったのではないかと思います。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 02 (JR大阪駅北口との連絡橋)
JR大阪駅北口との連絡橋。巨大な弧を描く南館のライトアップが綺麗です。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 03
JR大阪駅とうめきた広場。新たな待ち合わせスポットとして定着しそうな場所です。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 04 (南館タワーA)
うめきた広場から見る南館タワーA。低層部の商業施設と高層部のオフィスを分けることで、延床面積のわりに圧迫感の少ない都市景観を作り出しています。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 05 (ショップ&レストラン)
グランフロント大阪 南館の夜景。187店舗を擁する9階構成の商業施設、ショップ&レストランが入居しています。単体百貨店並みの規模がある大型商業施設です。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 06
うめきた広場の様子。今後はここで各種イベントが行われていくのでしょう。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 07 (大階段)
JR大阪駅北口のアトリウム広場へと続く大階段のライトアップ夜景。うめきた広場で特に目立つためか、記念写真を撮影している人が沢山いました。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 08 (大階段)
大阪ステーションシティと大階段の相乗効果で素晴らしい夜景になりました。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 09 (大階段)
大階段のライトアップ その3。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 10 (JR大阪駅 ノースゲートビル)
うめきた広場から見るノースゲートビルディング。これまでは工事の関係で見ることができなかった構図。ようやく本来あるべき姿を見られたという感じです。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 11 (水景)
うめきた広場には水景を演出するために水路が張り巡らされています。場所によって運河のようであったり、池のようであったり、かなり気合を入れて作られています。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 12 (水景)
JR大阪駅のライトアップが水面に映え、幻想的で美しい癒しの空間を創造しています。人工的ではありますが、水都大阪の新しい名所となってくれそうです。

グランフロント大阪 うめきた広場 夜景 13 (水景)
駅前の超一等地でありながら、非常に贅沢に敷地を使って水路を配置しています。

以上、グランフロント大阪の玄関口となるうめきた広場の夜景でした。ここまで凝っていると単なる駅前広場という概念を超えていますね。これまで大阪駅周辺の地上部分には広場と呼べる場所が無かったので、色々な意味で貴重な空間になりそうです。次回はうめきた広場の続きで、うめきたSHIPの夜景を紹介する予定です。

<< 新しい記事 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top