梅田

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

レム新大阪(新大阪阪急ビル)からの夜景 前編

久々のホテル夜景シリーズ、今回はJR新大阪駅に直結する新大阪阪急ビルの12階から17階にあるホテル、レム新大阪です。快眠をコンセプトとしたホテルということで、通常の倍の数のスプリングを使ったベッドや、全室完備のマッサージチェアなど、他のビジネスホテルとは一線を画した設備が特徴となっています。

新大阪駅 夕景 2016年6月
新大阪駅夕景。新幹線駅舎の背後に建つ横長のビルが新大阪阪急ビル

新大阪駅 夜景 2016年6月
JR新大阪駅と新大阪阪急ビルの夜景。ビルの高さは79.68m。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 01
近未来的なレム新大阪のホテルエントランス。ここだけを見ても普通のビジネスホテルではない、デザインにこだわったホテルだということが良く分かります。

レム新大阪 エントランス 2016年6月 02
まるでSF映画に出てくるエレベーター、あるいはワープゾーンのよう。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 01
以下、16階客室からの夜景です。まずは南側方面。新大阪駅南側ロータリー左側にJR東海道本線(京都線)、右側に地下鉄御堂筋線(新御堂筋)という構図。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 02
眼下に見えるのが新幹線のホームです。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 03
新大阪駅前の夜景。新幹線の発着駅としてのみ注目されがちですが、大阪北部のジャンクション駅としても機能しており、オフィスビルやホテルが集積しています。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅前) 2016年6月 04
新大阪駅南側で特に目立つビルは、左側のキーエンス本社ビル(21階建て、高さ111m)と右側の新大阪ワシントンホテルプラザ(23階建て、高さ約90m)です。

レム新大阪 南側 夜景 (新大阪駅ロータリー) 2016年6月
新大阪駅前のロータリー。高架部分はタクシー乗り場、地上部分は駐車場。

レム新大阪 南側 夜景 (新御堂筋) 2016年6月
梅田方面の夜景。2棟のビルの間から高層ビル群が見えます。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 01
北東側、吹田〜茨木〜摂津方面の夜景。

レム新大阪 北側 夜景 2016年6月 02
北西側にはコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(旧ホテルラフォーレ新大阪)が建っていて、残念ながら景色はほとんど見えません。

レム新大阪からの夜景、後編に続きます。

阪急梅田駅周辺のイルミネーション 2015

本年度の阪急グループ各施設のイルミネーションを集めてみました。

阪急梅田駅コンコース イルミネーション 0号線のPLATFORM 01
梅田阪急ビルのコンコースでは新企画、0号線のPLATFORMを開催。

阪急梅田駅コンコース イルミネーション 0号線のPLATFORM 02
かつての阪急グランドドームをオマージュした光のアーチ

阪急梅田駅コンコース イルミネーション 0号線のPLATFORM 03
列車の出発を告げる時計の歯車部分を表現しているそうです。

阪急うめだ本店 祝祭広場 イルミネーションミラーボールヒンメリ 01
阪急うめだ本店の祝祭広場では恒例のイルミネーション、ミラーボールヒンメリが輝いていました。アート集団、MIRRORBOWLERSによる作品です。

阪急うめだ本店 祝祭広場 イルミネーションミラーボールヒンメリ 02
フィンランドの伝統装飾ヒンメリと北欧オブジェのネーベルスロイドの組み合わせ。

阪急うめだ本店 祝祭広場 イルミネーションミラーボールヒンメリ 03
祝祭広場に光が降り注ぐ様子が素晴らしい。

HEP FIVE CHRISTMAS FANTASY イルミネーション 2015
HEP FIVE前のイルミネーション。今年はツリーに見立てたメリーゴーランドが中心。

Nu茶屋町 イルミネーション 2015 01
NU茶屋町のクリスマスツリー。

Nu茶屋町 イルミネーション 2015 02
NU茶屋町プラスへと続く通路のイルミネーション。

茶屋町アプローズ イルミネーション 2015
最後は茶屋町アプローズの巨大ツリーです。

以上、阪急梅田駅周辺のイルミネーションでした。今年は見た目の派手さよりも、落ち着いたシンプルさの中に丁寧なこだわりを感じられる装飾だったと思います。クリスマスは終わってしまいましたが、雰囲気だけでも感じ取って頂ければ幸いです。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

大阪ステーションシティ Twilight Fantasy 2015-2016

大阪ステーションシティの時空の広場では毎年恒例となっているイルミネーション、Twilight Fantasy(トワイライトファンタジー)が行われています。2015-2016年度は光が奏でる水のハーモニーをテーマに、流れる水を表現したアクアハープと水の支柱をイメージしたアクアポールによって、広場一帯に水の世界を表現しています。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー 2015 01
時空の広場を上から見下ろす。期間中はドーム屋根の照明を抑えることによって、イルミネーションが映えるように配慮されています。それでもまだ明るいですが。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー 2015 02
上側カーテン状のイルミがアクアハープ、下側に並んでいるのがアクアポールです。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー 2015 03
30分に1回、音楽に合わせて輝きを変える演出があります。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー 2015 04
立ち並ぶアクアポール。雫が流れ落ちて下に幻想の泉ができているという設定です。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー 2015 05
梅田の各所にスノーマンが設置される梅田スノーマンフェスティバルに協賛。

今年は少し規模が小さくなったような印象を受けましたが、クールなブルー基調の幻想的なイルミネーションが展開されていました。2016年2月14日のバレンタインデーまで行われていますので、お買い物のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

旧大阪中央郵便局跡 西梅田スクエア 夜景

大阪中央郵便局は2008年に高層化計画が発表されましたが、当時複数の大型プロジェクトが進行していたことによるオフィス需要の不安や、旧建築の保存運動の高まりなどもあって、2012年12月から3年間の暫定措置として西梅田スクエアが整備されました。もう暫定利用の期限が迫っており、再開発が動き出すと近々閉鎖されるかもしれませんので、記録として敷地内からの夜景を撮影しておきました。

西梅田スクエア 夜景 01
西梅田スクエア全景。様々なイベント会場として活用されてきました。開放感はあるのですが、やはり一等地の利用方法としては勿体無いと言わざるを得ません。

西梅田スクエア 夜景 02
この箱の内部に旧建物のエントランス部が保存されています。計画では新ビルの吹き抜けスペースに移築されるとのこと。上手に活かして欲しいものです。

西梅田スクエア 夜景 03 大阪中央郵便局
現在プレハブの仮設局舎となっている大阪中央郵便局。再開発が始まると隣接している大弘ビルの解体後、敷地の南西側へさらに仮設移転します。

西梅田スクエア 夜景 04 JR大阪駅
大阪ステーションシティの夜景。この角度から見られるのも最後かもしれません。

西梅田スクエア 夜景 05 大阪駅前1
西梅田スクエアから見る大阪駅前。

西梅田スクエア 夜景 06 大阪駅前2
ヒルトン大阪、ヒルトンプラザウエスト方面。

西梅田スクエア 夜景 07 大阪ガーデンシティ1
広場からだとハービスENTの全景が収められます。

西梅田スクエア 夜景 08 大阪ガーデンシティ2
オオサカガーデンシティ全景。以前は撮影できなかった構図です。

以上、西梅田スクエアの夜景でした。再開発が始まると西梅田周辺を開放的に撮影できるスペースがなくなってしまうので、将来は貴重な写真になるかもしれません。新しいビルが2019年完成という計画通りに進むかどうかは分かりませんが、大阪駅前の超一等地に相応しい建物になることを期待しましょう。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top