梅田

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

10月中は台風による雨や曇りの日がほとんどで、中々撮影機会に恵まれませんでしたが、11月に入ってからは爽やかな秋晴れの日が増えてきました。この時期から冬場にかけては1年のうちで最も夕景〜夜景が綺麗な時期でもあるので、久々に生駒山地の麓から大阪方面を超望遠レンズで撮影してみました。
八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 2017年11月
大阪方面のトワイライト。素晴らしい染まり具合でした。撮影場所は八尾・十三峠線の入り口付近にあるヘアピンカーブ。住所的には八尾市楽音寺となります。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 あべのハルカス 2017年11月
天王寺方面の夕景を超望遠撮影。あべのハルカス通天閣天保山大観覧車が見えます。バックの山は神戸市須磨区の鉢伏山〜高取山あたりだと思います。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 大阪市中心部 2017年11月
大阪都心部〜梅田〜京橋方面の夕景を超望遠撮影。くっきりと見える六甲山地の稜線をバックに建ち並ぶ超高層ビル群は非常に壮観な眺め。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  01 2017年11月
夜になると高層ビル群の明かりがさらに際立ちます。標高は約125m。超望遠で高層ビル群を撮影する場合には、このくらいの標高からの方が写真に迫力が出ます。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  021 2017年11月
大阪城を中心にさらにクローズアップ。焦点距離800mm相当。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 パノラマ夜景 2017年11月
最後はパノラマ夜景です。どんどん増え続ける高層ビル群の様子が分かります。

以上、生駒山地から見る夕景〜夜景でした。山からの夜景撮影では基本的に光の絨毯的な写真が定番となりますが、超望遠レンズでスポットをピンポイントで捉えるのも非常に面白いですし、地形や街並みの特徴をより深く知ることができます。空気の澄んだ日が増えるこれからの季節にはピッタリの楽しみ方かもしれません。

梅田新道 フェニックスタワーのライトアップが再点灯

梅田新道のあいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー(高さ145m)の頂部が光っているとの情報がツイッターで入ってきましたので、早速確認してみたところ、本当に点灯していました。以前は毎週金曜日にライトアップが行われていましたが、ここ10年くらいずっと点灯することはなく、寂しく思っていましたので嬉しい限りです。

梅田新道交差点 夜景 2017年7月
梅田新道交差点の様子。右側がフェニックスタワー、見事に頂部が輝いています。左側は梅新第一生命ビル(高さ79.5m)。露天神社の参道を兼ねた空間があります。

あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー ライトアップ 2017年7月 02
ライトアップされたフェニックスタワー全景。

あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー ライトアップ 2017年7月 01
最上階とヘリポートの間に特徴的な空間が設けられた塔屋部をズームアップ。27階に和食の燦(さん)大阪店があります。このお店からの景色も素晴らしいです。

大阪駅前第3ビル展望室からの夜景 2017年7月
大阪駅前第3ビルから梅田新道交差点を見下ろす。フェニックスタワーのライトアップが加わることで、より一層華やかな夜景になったような気がします。

以上、フェニックスタワーのライトアップでした。以前は塔屋部だけでなくオフィス部分にライン状のライトアップが施されていたり、建物両サイドにもスポットライトのような装飾が行われていました(以前の様子)。願わくばそちらも復活してほしい所ですが、何より失われたライトアップが復活したという事実が重要です。まだ完全復活なのかどうかは不明ですが、ぜひ続けていって欲しいと思います。

梅田周辺のクリスマスイルミネーション 2016

梅田周辺の各施設では大規模なものから小規模なものまで様々なイルミネーションが行われています。数が多いので駆け足でざっと紹介しておきます。

ドイツクリスマスマーケット大阪2016 01
新梅田シティのドイツクリスマスマーケット大阪 2016。もはや毎年恒例となっているクリスマスのビッグイベントで、期間中は連日大変な賑わいをみせます。

ドイツクリスマスマーケット大阪2016 02
本場ドイツから空輸される木製のアンティーク・メリーゴーランド。

ドイツクリスマスマーケット大阪2016 03
梅田スカイビルの真下に建つ世界最大級のクリスマスツリー。

大阪ステーションシティ Twilight Fantasy 2016
大阪ステーションシティ 時空の広場のTwilight Fantasy 〜時空と光の贈り物〜。今年は赤いリボンの装飾でクリスマスプレゼントのようなイメージを表現。

大阪駅の大階段 イルミネーション 2016
うめきた広場へと続く大階段にはスノーマンのシルエット。

GRAND WISH CHRISTMAS 2016 02
グランフロント大阪のGRAND WISH CHRISTMAS 2016。ナレッジプラザでは永遠の華をモチーフにした高さ8mのクリスマスツリー、Timeless Blossomが輝く。

GRAND WISH CHRISTMAS 2016 01
15分おきにツリーが様々な色に変化するライティングショーが開催されます。

GRAND WISH CHRISTMAS 2016 03
けやき並木のシャンパンゴールドイルミネーション。うめきた広場と合わせて合計95本の樹木がシンプルなゴールドカラーに輝く様子はとても華やかです。

ウメダ★アイスリンク 氷deつるんつるん 2016
うめきた広場では気軽にアイススケートが楽しめるウメダ★アイスリンク 氷deつるんつるんがスケールアップして開催中。2017年2月18日まで。

Diamor Bright Christmas 2016
ディアモール大阪 ファッショナブルストリートのイルミネーション。一定時間おきに高さ6mのツリーの上から白い雪が舞い降りる演出があります。

ヒルトンプラザウエスト イルミネーション 2016
ヒルトンプラザウエストの吹き抜けには吊り下げ式のイルミネーション。

ハービスENT スノーマン 2016
ハービスENTには巨大なスノーマンと記念撮影できるスポットがあります。

ブリーゼブリーゼ クリスマスデコレーション 2016
ブリーゼブリーゼ メディアコートのクリスマス装飾。真っ赤なカーテンが印象的。

梅田阪急ビル 南北コンコース 0号線のPLATFORM 2016
梅田阪急ビルの南北コンコースでは、0号線のPLATFORMが2回目の開催。両サイドの柱を様々な色の光でライトアップする演出が追加されています。

阪急うめだ本店 ミラーボール・ヒンメリ 2016
阪急うめだ本店の祝祭広場に輝くミラーボール・ヒンメリ

HEP FIVE CHRISTMAS FANTASY 2016
HEP FIVE CHRISTMAS FANTASY。入口前では青く光り輝くクジラとクリスマスツリーのイルミネーション。館内の吹き抜け空間にも光の海をイメージした装飾を展開。

NU chayamachi イルミネーション 2016
NU茶屋町〜NU茶屋町プラスのイルミネーション。

ちゃやまちアプローズ イルミネーション 2016
ちゃやまちアプローズのクリスマスツリー。

以上、梅田周辺のイルミネーションでした。このような施設ごとのイルミネーションの他に、地区全体のイベントとして梅田スノーマンフェスティバル 2016が開催されており、様々な場所でスノーマンの装飾が行われています。新梅田シティを除いて一つ一つは小粒な印象ですが、街を散策しながら楽しめるのが良いと思います。

開催日程など: 大阪イルミネーション情報

梅田スカイビル 39階の新展望スペース 夜景

2016年9月16日、近年外国人観光客が急増している梅田スカイビルの39階に新しい展望エリアが誕生しました。以前は飲食店の一部として壁に覆われていたスペースを一般に開放したもので、ビルの設計を手掛けた原広司氏が「宇宙船が飛び立った跡」をイメージしたという空中庭園展望台の中心部を眺めることがでます。

梅田スカイビル 見上げ 夜景 2016年10月
下から見上げる梅田スカイビルの夜景。まるでSFの世界のようにも見えます。世界的にも評価されているこのビルの独創性は何年たっても色褪せることがありません。

梅田スカイビル 39F 売店 2016年10月
新エリアが整備された39階の様子。空中庭園展望台のチケット売り場とお土産コーナー、レストラン等があり、このフロアまでは無料で入ることができます。

梅田スカイビル 39F 空中クレーター説明文 2016年10月
空中クレーター 〜飛び去った宇宙船」と題された解説文。設計の核ともいえる空中庭園のデザインについて、原広司氏のコメントを交えて書かれています。

梅田スカイビル 39F 新回遊スペース 01 2016年10月
新設された展望スペースの様子。1周約65mの環状になっています。

梅田スカイビル 39F 新回遊スペース 02 2016年10月
すり鉢状の構造が良くわかります。

梅田スカイビル 39F 空中庭園の中心部 夜景 01 2016年10月
雨の水滴が付いていて微妙な写真となりましたが、窓からは空中庭園の中心部を見ることができます。屋上のスカイウォークを見上げる形になりダイナミックです。

梅田スカイビル 39F 空中庭園の中心部 夜景 02 2016年10月
空中を登るように架けられたエスカレーターが大迫力。

梅田スカイビル 39Fからの夜景 01 2016年10月
39階からは南側の景色を見ることができます。こちらは以前からある展望窓ですが、営業的には閉鎖されてもおかしくなかったので、残されたのは有り難いです。

梅田スカイビル 39Fからの夜景 02 2016年10月
西梅田方面の夜景。うめきた2期の進展も楽しみです。

梅田スカイビル 3D立体パズル
売店では梅田スカイビルの3D立体パズルが販売されていました。価格はお手頃ながら、完成後はかなり大きくなるので、飾る際は置き場所に困るかもしれません。

以上、梅田スカイビル新展望スペースの様子でした。屋上のスカイウォークと合わせて、特徴的なビルの構造をより深く楽しむことができます。このスペース自体の固有名称は無いようで、公式サイトのフロアマップでもshop SKY 39(売店)の一部という扱いになっているようです。新エリアの整備でさらに魅力が増した梅田スカイビル、今後も大阪を代表する観光スポットとして君臨していくのではないでしょうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 梅田

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top