天満橋・OAP

TOP > 夜景・夕景 > 天満橋・OAP

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

夜景動画 大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012

夜景動画シリーズ、大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜を公開しました。

毎年恒例となっている造幣局 桜の通り抜けの夜桜ライトアップの模様を動画としてまとめてみました。全長560mに渡って珍しい品種の桜を一堂に見学できる博覧会のような趣がありますので、ぜひ映像でも楽しんで頂ければ幸いです。


YouTubeの動画ページへ

造幣局の夜桜は街灯による上からの白い照明は強すぎ、またぼんぼりによる間接照明は弱すぎて、メインとなる桜が影になって目立たないという中々撮影するのが難しいライトアップではあります。上手く光源がミックスされた桜が映える構図を探して撮影してみましたが、このあたりはまだまだ改善の余地がありそうです。

今回の通り抜けは日程の後半が悪天候になってしまいそうなので、早めに撮影しておいて良かったです。今年は大阪城と造幣局の2ヶ所を撮影しましたが、来年はまた違うスポットを訪れたいと思っています。リクエストがあればぜひお寄せ下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012

毎年大阪市北区の造幣局で行われている春の風物詩、桜の通り抜けに行ってきました。昨年は震災の影響で夜間のライトアップが自粛されていましたが、今年は通常通り行われています。個人的には2009年以来の撮影となりました。

天満橋ライトアップ 2012年4月
2011年7月にリニューアルされた天満橋のライトアップ。現在は桜をイメージしたピンク色になっています。桜の通り抜けの入り口に最も近いのは天満橋駅です。

桜之宮公園の露店 2012年4月
大川の桜之宮公園沿いには露店が立ち並んでおり、お祭りのような雰囲気。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 01
毎年のことですが凄い人出です。平日でこれなので休日は入場制限がかかるかも。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 02
個人的には広いメインの通路よりも一つ脇の通路がおすすめ。少し狭いですが木々の密度が高いので、より桜の通り抜けの雰囲気が味わえます。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 03
造幣局の桜は希少品種のオンパレード。一般的なソメイヨシノよりも大ぶりで色鮮やかな品種が多く見る者を飽きさせません。とりあえず一見の価値ありです。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 04
添え木が必要なほど大きな木々もあります。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 05
桜門付近にある見事な白い桜。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 06
今年の花に指定されている小手毬(こでまり)。

大阪造幣局 桜の通り抜け 夜桜 2012 07
こちらは造幣局を代表する希少品種の大手毬です。

2012年の桜の通り抜けは4月23日(月)の午後9時まで開催されています。日が落ちてライトアップが映えるのは夜7時以降です。遠方からも大勢の観光客が訪れるので週末はかなりの混みようになると思いますが、無理をしてでも見る価値はあると思います。興味のある方はぜひ見学してみて下さい。詳細は公式サイトへ。

大阪市中心部の夜景パノラマ 2012

お久しぶりです。新年に入ってから出張続きで大阪にいる時間が少なく、中々更新ができる状態ではありません。ただずっとブログを放置するのも申し訳ないので、少し前に撮影した上石切第二公園からの写真を使ってパノラマ画像を作成しました。便宜上タイトルに2012と付けていますが、実際は2011年末の撮影です。

生駒山から見た大阪市中心部の夜景パノラマ

天王寺・阿倍野から都心部を挟んで中之島、梅田周辺までを繋いでいます。あべのハルカス中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪等の再開発ビルが新たに加わっている様子が良く分かると思います。やはり街並みに変化があるのは楽しいものですね。また現地でウォッチングしていきたいと思っています。

夜景動画 大阪の摩天楼 夕景 微速度撮影

夜景動画シリーズ、大阪の摩天楼 夕景 微速度撮影を公開しました。

生駒山の麓、東大阪市の上石切第二公園から見た大阪の高層ビル群を微速度撮影したものです。日が落ちて夕景〜夜景へと変化する様子をシームレスに見せることを目標に作成しました。個人的に区切りとなる30本目の動画ということで、写真と動画の良い部分を融合させた大阪 at Nightの集大成的な作品になっています。


YouTubeの動画ページへ

今回は3秒ごとに1枚の写真を90分間に渡って連続撮影しています。高層ビル群の照明や空の明るさ、色合いが刻々と変わっていく非常に難しいシチュエーションなので、カメラに付きっきりでリアルタイムに設定変更を繰り返さなければならず、かなり骨の折れる作業になりました。その分、情景がダイナミックに変化していく過程を表現でき、見ていて飽きさせない映像になっているのではないかと思います。

動画内では構図を変えて3パターンの見せ方をしていますが、全て同じカットを使用しています。微速度撮影は素材が写真データなので、高解像度で撮影しておけば、大胆な構図変更を行ってもフルハイビジョンの解像度が保てるという大きなメリットがあります。そういう意味では非常に自由度が高く、奥が深い撮影手法だと思います。

大阪の摩天楼 夕景 2011年11月

素材となった写真の一部をご紹介します。このような写真を1,800枚使用して今回の微速度撮影動画が作成されています。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル


2011年11月27日、40年ぶりのダブル選挙で大阪維新の会が圧勝し、橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が誕生しました。大阪維新の会が提唱する大阪都構想に対して、大阪市民、大阪府民はYESの判断を下したわけです。特筆すべきは60.92%という市長選の投票率です。とにかく現状を打破して欲しいという民意が反映された今回の選挙結果は、間違いなく大阪の新しい歴史の1ページとなるでしょう。壮大な構想をどうやって実現していくのか、新市長、新知事の手腕に期待です。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 天満橋・OAP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top