大阪城

TOP > 夜景・夕景 > 大阪城

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6

大阪城天守閣展望台からの夕景・夜景

時間の経つのは早いもので、今年も慌しい師走の時期がやってきました。このブログも開設から2年になろうとしています。絶えず試行錯誤しながらの運営に付き合っていただいて本当に感謝しております。これからも頑張ります。

さて今回は大阪城天守閣の展望台から見た夕景・夜景をご紹介します。

大阪のシンボルである大阪城ですが、天守閣の開館時間は通常午後5時までとなっており、基本的に夜景を見られるスポットではありません。しかし夏季など特定の期間で開館時間の延長が行われることがあり、そういった時期を使えばギリギリ夜景を見られる時間まで鑑賞することができます。(2010年夏は午後7時まででした)

大阪城天守閣から都心の夕景
大阪城天守閣から見た大阪都心方面の夕景。この状態で午後6時、閉館時間の午後7時までにどこまで日が落ちてくれるか、まさに時間との勝負になります。

大阪城天守閣から梅田方面の夕景
大阪城天守閣から見た梅田方面の夕景。大阪城の標高は80mくらいだと思いますが、近くに高い建物が無いので見晴らしはかなり良いです。六甲山も見えています。

大阪城天守閣から北浜方面の夕景
北浜方面の夕景。中央に超高層マンション、The Kitahamaがそびえています。

大阪城天守閣から都心方面の夜景
大阪都心方面の夜景。まだ明るさは残っていますが、徐々に夜景らしくなってきました。しかし時間は午後6時45分、あと15分で撮影を終えなければなりません。カメラの設定に迷ってる時間は無いので、こんな場面では経験が物をいいます。

大阪城天守閣から梅田方面の夜景
梅田方面の夜景。高層ビル群のライトアップが灯り始める時間です。もう少し日が落ちて欲しい所ですが、これはこれで綺麗かもしれません。

大阪城天守閣から中之島方面の夜景
中之島方面の夜景。手前には大阪の官庁街、大手前地区。東京でいうと霞が関にあたるのでしょうか。街を歩くと普通のオフィス街とは異なった雰囲気があります。

大阪城天守閣から大阪府庁の夜景
こちらも官庁街、谷町4丁目駅周辺の夜景。手前には大阪府庁、映画のロケ地としても数多く登場する近代建築です。府庁を南港に全面移転させる動きがありますが、最近の近代建築保存の風潮から、移転しても単純に再開発はできないと思われます。

大阪城天守閣から大阪ビジネスパークの夜景
OBP 大阪ビジネスパークの夜景。今更ですがOBPは大阪で最も成功した副都心型再開発といえるでしょう。成功には様々な要因がありますが、大阪城公園の緑による環境の良さと京橋駅ターミナルの存在は大きいと思います。

大阪城天守閣から大阪アメニティパークの夜景
大川とOAP 大阪アメニティパークの夜景。今年は大阪城から天神祭花火の様子がTV中継されていましたが本当に絶景でした。ぜひ一般開放して欲しい所です。

大阪城天守閣からNHK大阪放送局の夜景
NHK大阪放送局大阪府警本部の夜景。左側の円筒形の建物は大阪歴史博物館。この辺りの建物は、お役所仕事とは思えないほど近未来的な外観をしています。

大阪城天守閣からの夜景、いかがだったでしょうか。時間的にはここまでですが、珍しい写真になったのではないかと思います。正直あと1時間延長してくれればもっと良かったんですけどね…。一応管理協会に要望は出してみます。

余談になりますが、大阪城では三脚の使用が禁止されています。こういう場面で重宝するのが手ブレ補正付きレンズ。今回の撮影ではTAMRONのSP AF 17-50mm F2.8 XR DiII VC (Model B005)というレンズを使用しました。

描写力は今回の作例を見ていただくとして、このレンズの手ブレ補正機能が素晴らしいのです。1/4秒〜1/2秒のシャッター速度でも高確率で手ブレを抑えられます。この性能は明らかに純正レンズを越えており、それでいて価格が純正の1/3程度ですから、夜景撮影のパートナーとして一押しのレンズであることは間違いありません。もし夜景用のレンズを検討されている方がいらっしゃいましたらぜひ参考にして下さい。

大阪城天守閣の夕景・夜景

パソコンの使いすぎで腱鞘炎になってしまい、しばらく更新ができませんでした。なるべくキーボードやマウス操作をしないように気をつけて少しマシにはなってきましたが、まだ痛みは残っています。どなたか良い治療法があったら教えてください・・・。

さて今回は久しぶりに大阪夜景の記事ということで、大阪のシンボル、大阪城の夕景・夜景をご紹介します。大阪城公園は昼間に訪れても素晴らしい観光名所なのですが、大阪城天守閣のライトアップが始まる時間になると、周囲が静寂に包まれ昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

大阪城天守閣 夕景 01
日没前の様子。この時間はまだ観光客が多く賑やかです。この付近に立っていると引っ切り無しに写真撮影を頼まれてしまいます。

大阪城天守閣 夕景 02
日が落ち始めると、まず内部と屋根の鯱(しゃちほこ)付近のライトアップが灯ります。季節によりますが、この状態が30分〜1時間ぐらい続きます。

大阪城天守閣 夕景 03
展望台付近のアップ。

大阪城石垣からの夕景
大阪城の石垣から見た大阪都心部の夕景。手前には外堀や公園が広がっています。この写真の左側に大阪府庁があります。夕焼けに染まった空が綺麗でした。

大阪城天守閣 夜景 01
夕景と夜景の中間くらいの時間帯。外側からの間接照明が追加され、白い外壁が浮かび上がります。夜景写真を撮るならベストな時間かも。

大阪城天守閣 夜景 02
別角度から。この時間になると人影もまばらになり、辺りは静寂に包まれます。

大阪城天守閣 夜景 03
極楽橋から見た大阪城。遅い時間になると空も真っ暗になります。大阪城のライトアップに合わせて撮影すると周囲が寂しい写真になるので、久しぶりにHDR(ハイダナミックレンジ)合成を行いました。より人間の見た目に近い写真になっています。

大阪城天守閣 夜景 04
こちらもHDR写真。石垣部分のディテールを出すには20秒くらい露光しないと駄目でした。大阪城はどこから撮影しても絵になりますね。

大阪城天守閣 夜景 05
さらにHDR写真。PC上で処理することなく、デジタルカメラ技術の進歩によって、こんな写真が簡単に撮影できる時代が来るかもしれません。
(追記)・・・と書いたら既にソニーの一眼レフにそういう機能があるみたいですね。

以上、時間帯によって変わる大阪城の様子を紹介してみました。大阪城観光といえば天守閣に入場できる昼間が中心となりますが、個人的には夜間の表情も楽しんで欲しいと思っています。泊りで大阪に来られる場合はぜひ予定に組み込んでみてはいかがでしょうか。

大坂橋からの風景 〜黄昏ゆく水都大阪

今回は大阪の夜景スポットの中でも特に趣のあるスポットをご紹介します。
大阪城公園と毛馬桜之宮公園を結ぶ歩行者専用橋「大坂橋」です。

大坂橋」は大阪城の北側にあり、東側では大阪ビジネスパークを挟む寝屋川と第二寝屋川が合流、そして大坂橋をくぐると大川と合流し、さらに中之島を構成する堂島川と土佐堀川に分岐するという、水都大阪のダイナミックな景観を楽しめるスポットです。文章で書くとややこしいですが地図を見ていただくと良く分かると思います。

大坂橋から見た中之島方面(京阪電車)01
大坂橋から見た中之島方面です。手前に走っているのは京都と大阪を結ぶ京阪電車。都市と鉄道はやっぱり似合いますね。

大坂橋から見た中之島方面(京阪電車)02
大坂橋から見た中之島方面その2。京阪中之島線の開業に合わせて従来の車両の塗り替えが進められています。一つ上の写真が従来のもの、この写真の車両が新カラーのものです。

大坂橋から見たOBP方面(大阪ビジネスパーク)
大坂橋といえばこの風景。「大阪ビジネスパーク(OBP)」です。水都大阪を代表する景観だと思います。水上バスのアクアライナーが通るのを待って撮影しました。

大坂橋から見た中之島方面の夕景2
黄昏ゆく中之島の高層ビル群。日が落ちるにつれてビルのライトアップや明かりが徐々に灯り始めます。

大坂橋から見た中之島方面の夕景
黄昏ゆく中之島の高層ビル群その2。中央に架かっている2階建ての橋が天満橋です。美しい夕景を見ていると時間を忘れます。

大坂橋から見た大阪城天守閣の夜景
大坂橋から見た大阪城天守閣です。日が落ちると、こちらもライトアップが始まります。今も昔も大阪のシンボルですね。

大坂橋から見たOBP方面の夕景
大坂橋から見た大阪ビジネスパーク(OBP)の夕景。この景観を見るためだけに来ても損はしないです。本当の大阪を知らない人が見たらイメージが180度変わるんじゃないかな?それくらいインパクトがあります。

大坂橋から見たOBP方面の夜景
大阪ビジネスパーク(OBP)の夜景。やはり一体的に開発された空間は統一感があります。それにしてもTWIN21の竣工からもう20年以上になるんですね。年をくうわけだ・・・。

大坂橋から見た天満橋方面の夜景
大坂橋から見た天満橋駅方面の夜景。右側のビルは「大阪マーチャンダイズマートビル(OMMビル)」。左側には日経新聞やテレビ大阪といったマスコミのオフィスが立地しています。大坂橋は寝屋川とともに府道168号線を跨いでいるので、こんな都市景観も楽しめます。

大坂橋から見た京橋方面の夜景
大坂橋から見た京橋駅方面の夜景。中央は「リバーカントリーガーデン京橋」という高層マンションです。この辺りは電線が地中化されていて綺麗です。電線は景観を台無しにするので、地中化はもっと進めて欲しいところです。

大坂橋の夜景
大坂橋の上です。歩行者(自転車)専用なので、落ち着いて夜景を楽しめるのもポイントです。車で通れないからこそ隠れスポットのようになっているのかもしれません。

このように「大坂橋」は、河川、緑、橋、高層ビル、鉄道、城など、都市景観を構成する要素がぎゅっと詰まった素晴らしいスポットです。ドラマやCMの撮影でも使えそうな感じです。興味がある方は気候が良くなったらぜひ訪れてみてください。

大阪城とOBPの夜景〜新旧の対比〜

最近寒くなったり暑くなったり、服装の選択に悩む今日この頃です。といってもスーツ姿を変える事は出来ず、中々温度調節がしづらいです。マスクも付けなきゃならないわで結構大変です。

さて今回は久々の夜景シリーズ、大阪ビジネスパークをバックにした大阪城のライトアップ夜景を取り上げてみます。(サイズ大きめなので注意)

大阪城とOBPの夜景

撮影場所は「大阪歴史博物館」、谷町四丁目駅前のNHK大阪放送局脇にある全国でも珍しい高層型の博物館です。眼下に大阪城公園や難波宮跡が広がり、現在の大阪の街並みと過去の大阪を比較しながら展示物を観覧することができる施設です。普段は午後5時で閉館しますが、金曜日のみ午後8時まで観覧が可能となっており、この日だけは夜景も同時に楽しむことができます。

撮影ポイントは何といってもOBPの高層ビル群をバックに輝く大阪城です。これを狙って建てたんじゃないか?と思わせるくらい綺麗な角度で撮影することができます。ただし大阪城のライトアップが強すぎて、露出を大阪城に合わせると全体が暗くなり、バックに合わせると大阪城が完全に白飛びしてしまうという中々設定に悩ませる被写体でもあります。

今の所持機材では完全に見た目を再現することは難しいので、今回はHDR(ハイダイナミックレンジ合成)と呼ばれる手法を採用することにしました。簡単に言えば、明るさを変えて撮影した複数の写真を合成して一枚の写真にしてしまうというものです。これで暗い部分から明るい部分までの階調(ダイナミックレンジ)が広い写真を生み出すことができます。

HDR(ハイダイナミックレンジ写真)元画像
この作例では上の3枚の写真を合成しています。

具体的な作成方法は省きますが、ソフトウェアは「Photomatix Pro」を使用しました。画像を読み込むだけでオートでHDR写真が作れる優れものですが、細かいバランス調整をすればより見栄えのする写真になります。デジタルカメラCCDの限界を超えた作例ができるのは中々面白いものです。ただし写真家としては邪道かもしれないですし、腕が鈍ってしまうような気がしますので多用は禁物ですね。

その他の写真はメインサイト

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6

TOP > 夜景・夕景 > 大阪城

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top