大阪城

TOP > 夜景・夕景 > 大阪城

1 2 3 4 5 古い記事 >>

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017

大阪城公園で行われる恒例のイベント、大阪城西の丸庭園 観楼ナイターを訪れました。普段は昼間しか開放されていない西の丸庭園ですが、この期間中は夜間まで開放され、ライトアップされた600本の桜を楽しむことができます。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 01
夜桜を楽しむ人々。ちょうど満開の時期だったので大盛況でした。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 02
メインの内濠沿いは混雑しますが、西側の外周付近は落ち着いた雰囲気。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 03
大阪城と夜桜。西の丸庭園からは天守閣が綺麗な角度で見えます。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 04
大阪城の夜桜とOBP。休日なのでオフィスの窓明かりは少なめ。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 05
見ごたえのある夜桜。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 06
内濠ごしに見る大阪城天守閣と夜桜。

大阪城西の丸庭園 観楼ナイター 2017 07
西の丸庭園の北東端より。壮大な石垣が特徴的。

以上、西の丸庭園の夜桜でした。以前と比べれば少しライトアップされる本数が減ったような感はありますが、大阪城天守閣のライトアップとの共演はやはり素晴らしいです。また来年も素晴らしい桜を咲かせてくれることでしょう。

難波宮跡公園整備事業 大極殿復元の検討を開始

大阪府・大阪市は大阪城公園の南側に広がる飛鳥・奈良時代の宮殿跡(難波宮跡公園)の整備事業に、大極殿の復元可能性を検討する予算を計上しました。

大阪府と大阪市は、15年度に難波宮跡公園南部ブロック(大阪市中央区法円坂1)に大極殿の建物を復元できる可能性を検討する経費を15年度予算案に計上した。(引用元:日刊建設工業新聞)

難波宮跡公園 南部ブロック 夜景
大阪歴史博物館から見た難波宮跡公園の夜景。史跡公園として街灯が整備されている一角が南部ブロックと呼ばれている部分。大極殿と朝堂院があったとされており、大極殿の基壇は1980年までに復元されている。手前は法円坂交差点。

難波宮跡公園 北部ブロック 夜景
NHKの旧局舎等があった難波宮跡公園の北部ブロック。難波宮の内裏が存在していたとされている。現状は全く手付かずの状態だが、今回の2015年度予算に歴史を体感できる公園整備の基本設計費が盛り込まれた。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 02
参考までに奈良の平城宮跡に復元された第一次大極殿の様子。幅44m、高さ27mの威容を誇る。調査から完成まで17年間の歳月と約180億円の総事業費を要した。

平城宮跡 第1次大極殿 ライトアップ夜景 05
平城宮第一次大極殿のライトアップ。もし難波宮の大極殿が復元されれば、大阪城との時代を超えた共演が楽しめる歴史ファンにはたまらないスポットになるだろう。

平城宮跡の大極殿のように、復元までのハードルは非常に高いと思われますが、ぜひとも実現させて欲しいプロジェクトです。古代史において大阪の地が果たしてきた役割の大きさと比較して、その認知度はあまりにも低いという現状を変えるきっかけになるかもしれません。一般から寄付を募ることも検討する価値がありそうです。

大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション 2014-2015

新年あけましておめでとうございます。

2015年度も大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーションからスタートします。今回はハウステンボスさんからの依頼で公式の写真を撮影させて頂くことになり、個人のブログ内で写真を公開することは難しいのですが、プライベートで撮影した動画は公開許可を頂くことができました。イベント全体の様子に加えて、大阪城3Dマッピングをフルバージョンで収録しておりますので、ぜひ楽しんで頂ければと思います。


YouTubeの動画ページへ

内容は基本的に前年度を踏襲していますが、大阪城3Dマッピングジュエルイルミネーションの2大プログラムのリニューアルに加え、巨大なピラミッドツリー(こちらもプロジェクションマッピングあり)や、青い光の海の上を歩いているような体験ができる光のブリッジが追加され、全体を通してかなりボリュームアップしています。

またプレミアムカフェやフードコート等の休憩スペースをさらに充実させており、格段にホスピタリティが改善されている印象でした。子供からお年寄りまでゆっくり楽しめるイベントに成長していると思います。昨年度は60万人が来場したそうですが、今回もそれを超える入場者数が期待できるのではないでしょうか。

開催は2015年3月1日まで。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル


さて2014年度は「大阪夜景」の出版という個人的に大きな転機を迎えた一年でした。 おかげさまで写真集の方は好評を頂いておりまして、近年の夜景本の中では最大のヒット作となっているようです。しかしそれに伴って仕事の依頼が急増し、ウェブサイトやブログへの注力が難しくなったことが反省点でもありました。今年は仕事と個人のバランスを上手く取りながら活動していきたいと思っております。

今年も大阪 at Nightを宜しくお願い致します。

大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション 写真&動画

新年あけましておめでとうございます

さて2014年は大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーションからスタートです。今回が初開催となるこのイベントは、長崎にあるテーマパーク、ハウステンボスと大阪観光局が共同で開催するもので、大阪城西の丸庭園を舞台にした壮大なイルミネーションショーと大阪城天守閣が七変化する3Dプロジェクションマッピングが最大の見所となっています。開催期間の3ヶ月間で50万人の来場を目標にしています。

大阪城 イルミネーション 2013 光の回廊 01
入場するとまず目に飛び込んでくるイルミネーションのゲート。3Dプロジェクションマッピングがメインかと思いきや、イルミネーションとしての規模も相当なものです。

大阪城 イルミネーション 2013 光の回廊 02
延々と続く豪華な光の回廊。開場後すぐは本当に大混雑でした。

大阪城 イルミネーション 2013 光の回廊 03
動物園のようなイルミネーションを取り囲むように光の回廊は続いていきます。

大阪城 イルミネーション 2013 光の回廊 04
光の回廊と大阪城天守閣。これは新鮮な組み合わせで感動しました。

大阪城 イルミネーション 2013 光のビッグブルー
光の回廊を抜けると青い光が海のように波立つイルミネーション、光のビッグブルーが出現します。さすが有料イベントと誰もが納得する圧倒的なスケールです。

大阪城 イルミネーション 2013 光のキューブ
日本初という立体イルミネーション、光のキューブ。立方体の中に何本もの光の棒があり、それらを組み合わせて立体的な絵柄を表現する斬新なイルミネーション。

以下、メインイベントの大阪城3Dマッピングの様子です。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 01
プロジェクションマッピングによって、くっきりと輪郭が浮かび上がった大阪城。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 02
ステンドグラスのモザイク画のようなイメージ。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 03
これは純和風といった感じですね。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 04
炎上する大阪城。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 05
全体的にリアル系の映像が多いのですが、中にはポップな絵柄も登場します。

大阪城 3Dマッピング スーパーイルミネーション 2013 06
滝と蝶。宣材で使われているように、このシーンが一番綺麗だと思います。

最後は映像でお楽しみ下さい。西の丸庭園を包みこむイルミネーションの様子と大阪城3Dマッピングの両方を収録した編集版です。画質、音質を含め、細部まで徹底的にこだわり抜いて制作した動画ですので、お時間よろしければぜひ御覧下さい。

YouTubeの動画ページへ

大阪城3Dマッピングは基本的にノーカットですが、K-POPの楽曲が使用されている場面(約50秒)のみ、権利関係のクレーム回避のためカットしてあります。

さて大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション、いかがだったでしょうか。入場料が高額なので迷われている方も多いと思いますが、個人的にはかなり満足の行くものでした。公式サイトのチケット販売状況を見ると、1月中旬以降は当日券でもかなり余裕があると思いますので、この機会にぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催は2014年2月16日まで。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 4 5 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪城

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top