京橋・OBP

TOP > 夜景・夕景 > 京橋・OBP

1 2 3 4 5 古い記事 >>

松下IMPビル パノラマスカイレストランアサヒからの夜景

OBPの松下IMPビル最上階にあるパノラマスカイレストランアサヒは梅田方面やOAPが非常に良い角度で見られることで有名なのですが、新ビルの建設によって今後その眺望の一部が失われてしまいそうなので、最後に撮り納めをしておきました。

OBPと松下IMPビル 夜景 2016年9月
OBP 大阪ビジネスパークの夜景。中央の幅広いビルが松下IMPビル(高さ125m)。パナソニックに社名変更した後もビル自体の名称は変わっていません。

松下IMPビル 夜景 梅田方面 2016年9月
北方向の眺望。目の前で(仮称)新MID大阪京橋ビルが建設中です。高さ116mになるということで、将来ほぼこの目線の高さまで伸びてくることになります。

新MID大阪京橋ビル 夜景 2016年9月
(仮称)新MID大阪京橋ビル、建設工事の様子。建設計画では2017年9月末の竣工となっています。ここまで来ると最上階まで組み上がるのは時間の問題でしょう。

松下IMPビル 夜景 2016年9月
大川沿い、桜ノ宮〜都島方面の夜景。

松下IMPビル 夜景 OAP 大阪アメニティパーク 2016年9月
OAP 大阪アメニティパークの夜景。手前の銀橋を含めOAPが最も綺麗に見える角度だと思います。ただあと一歩遅く、クレーンが下に写り込んでしまいました。

松下IMPビル 夜景 梅田の超高層ビル群 01 2016年9月
梅田方面の夜景。横に大きく広がる超高層ビル群の見栄えが非常に良いです。グランフロント大阪がちょうど空白を埋めたような感じになっています。

松下IMPビル 夜景 梅田の超高層ビル群 02 2016年9月
西梅田〜JR大阪駅方面の夜景。将来、(仮称)梅田1丁目1番地計画ビル(高さ188.9m)や(仮称)梅田曽根崎計画(高さ193m)が建てばさらに迫力が増しそうです。

松下IMPビル 夜景 梅田の超高層ビル群 03 2016年9月
JR大阪駅〜グランフロント大阪方面の夜景。ここ数年で大きく変貌しました。右端には建設中のOIT梅田タワー(大阪工業大学梅田キャンパス)が仲間入り。

松下IMPビル 夜景 梅田の超高層ビル群 04 2016年9月
茶屋町方面の夜景。手前側の中崎町〜南森町周辺にはタワーマンションが急増中。

松下IMPビル 夜景 都島のタワマン 01 2016年9月
桜ノ宮〜都島方面。シティタワー大阪天満(左)と桜宮リバーシティ ウォータータワープラザ(右)の間に新大阪のビル群が見えるという中々面白い構図。

松下IMPビル 夜景 ツイン21 2016年9月
OBPのシンボル的存在となっているツイン21

松下IMPビル 夜景 東方向 2016年9月
KDDI大阪第2ビルが加わった東方向の夜景。

以上、パノラマスカイレストランアサヒからの夜景でした。少し前までOBPに新ビルが建つことなんて想像すらできませんでしたが、KDDI大阪第2ビル(仮称)新MID大阪京橋ビルに続き、これからシアターBRAVA跡地一帯で読売テレビ新社屋の建設がスタートします。しばらくはOBPが新世代へと生まれ変わる過渡期になりそうです。

通天閣から見た大阪の夕景 2013年6月

夏至にあたる6月21日前後から7月初頭くらいまでは一年のうちで最も日が長く、日没が19時以降となります。当然、夜景を撮影できる時間は短くなるので、夜景サイト運営者としては悩ましい時期でもあるのですが、仕事帰りでも夕景から撮影を始められるという良い面もあります。そんなわけで今回は通天閣からの夕暮れを紹介します。

あべのハルカス 夕景 from 通天閣 2013年6月
あべのハルカスの夕景。通天閣からの眺望といえば難波やベイエリア方面が中心でしたが、ハルカス効果で現在はこちら側を見ている人が多いような気がします。

上本町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
上本町方面の夕景。駅南側のタワーマンション群にローレルタワー夕陽丘のツインタワーが加わり、以前よりもさらに見栄えのするスカイラインになりました。

大阪城&OBP方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪城方面の夕景。バックには大阪ビジネスパークの高層ビル群が建ち並ぶ。左端のNHK大阪放送局は上町台地の標高差で実際の高さ以上に高く見えます。

松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景。いつの間にかタワーマンションが大幅に増えていました。何本も重なっていて解説を加えるのが難しいです。

東大阪 生駒山方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
東大阪と生駒山方面の夕景。

梅田方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
心斎橋〜中之島〜梅田方面の夕景。中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪梅田阪急ビルなど、横幅の広い高層ビルが増えました。

難波方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
難波方面の夕景。こちら側は距離が近いので迫力があります。

弁天町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
弁天町方面の夕景。六甲山に日が沈む直前の様子。

京セラドーム大阪 夕景 from 通天閣 2013年6月
京セラドーム大阪方面の夕景。

大阪ベイエリア 夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪ベイエリア方面の夕景。南港や港大橋、天保山大観覧車などが写っています。

以上、通天閣からの夕景でした。大阪に住んでいると当たり前すぎて気付かないものですが、西側に海が開けた大都市というのは珍しく、夕陽丘という地名が残っているように、昔の人々も海に沈む夕日の美しさを堪能していたのだろうと思います。まさに地形の偶然が生んだとも言える大阪の景観、大事にしていきたいものです。

大阪の夜景コレクション 2013 Vol.3

開設10周年記念動画の元素材写真集、続きです。
ラストは動画の場面転換として使用した大阪都心東部とベイエリアの夜景です。

大阪歴史博物館 大阪城 夜景 2013 01
大阪歴史博物館から見た大阪城とOBPの夜景。過去と現在のランドマークが調和するこの構図が記念動画のオープニングを飾るのに最も相応しいと思いました。

大阪歴史博物館 夜景 2013 02
大阪歴史博物館から南西方向の夜景。大阪の官庁街である谷町四丁目駅周辺の高層ビル群は、あまり取り上げられることの少ない構図だと思います。

松下IMPビル 夜景 2013
京橋OBP、松下IMPビル(パノラマスカイレストランアサヒ)からの夜景。水都大阪のイメージとして大川と高層ビル群の入るカットが欲しかったので採用しました。

ホテル大阪ベイタワー 夜景 2013
弁天町、ホテル大阪ベイタワーから西方向の夜景。夜景の綺麗なホテルランキングで堂々全国第1位を獲得したこともある地上200mからの眺望はまさに絶景です。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 01
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから東方向の夜景。地上252mというビルの展望台としては圧倒的な高さからの眺望は、街並みがミニチュアに見えるほど大迫力です。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 02
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから天保山周辺の夜景。動画のラストを締めくくったカットです。観覧車の動きを微速度撮影で見ると高速回転しているように見えます。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 03
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから南方向の夜景。南港から堺〜泉州方面の海岸線が延々と続きます。眼下の南港ポートタウンはシムシティの街並みのようです。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 04
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから見た大阪都心の超高層ビル群。超望遠域での微速度撮影は、ほんの少しのブレも許されないシビアな撮影が要求されます。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 05
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから見た港大橋なみはや大橋の夜景。大正内港の様子も分かります。バックには難波方面の高層ビル群が広がっています。

ホテル京阪ユニバーサルタワー USJ夜景 2013 01
ホテル京阪ユニバーサルタワーから見たUSJの夜景。美しいパークの街並み、稼働するアトラクションの様子や人の流れが見えて意外と面白いカットになりました。

ホテル京阪ユニバーサルタワー 夜景 2013 02
ホテル京阪ユニバーサルタワーから見た天保山〜南港方面の夜景。天保山大橋を見るたびに常時ライトアップして欲しいなぁと感じています。USJパーク内からの景観に配慮しているのかもしれませんが、夜景好きとしてはぜひやって欲しいです。

以上、動画で使用したほぼ全てのカットを3回に分けて紹介しました。正直、これをやってしまうと今後しばらく書くネタが無くなってしまいそうな予感がしますが、2013年現在の大阪夜景をまとめるという意図もあって記事にしてみました。今回は開業前のグランフロント大阪を外したので、またいつか改めて更新版を作ろうと思っています。

開設10周年記念動画 大阪の夜景 微速度撮影 総集編

夜景動画シリーズ、大阪の夜景 微速度撮影 総集編を公開しました。

おかげさまで2012年8月1日に大阪 at Nightはサイト開設から10周年を迎えました。さらにYouTubeで公開している夜景動画チャンネルの総再生回数が100万回を突破したこともあり、これまで応援して頂いた方々への感謝の気持ちと、活動の集大成的な意味を込めて、時間をかけてじっくりと制作を進めてきたのが今回の動画です。


YouTubeの動画ページへ

撮影スポットは12ヶ所、使用した写真の総数は約1万枚という大掛かりな作品となりました。カットは高層階からの眺望のみで構成し、光の動きや時間の流れが楽しめる構図を厳選して収録。街明かりを鮮烈に描写しながら黒を引き締め、さらに階調が欲しい部分は残すという部分HDR的な処理をカットごとに行なっています。

今回は光輝く大都会というコンセプトなので、道頓堀、通天閣、大阪城といった大阪的な記号は極力排除し、それらが含まれる構図でもあくまで夜景の一部として取り入れるというスタンスをとっています。よって大阪のイメージ固定化に躍起になっている東京メディアへのアンチテーゼ的な作品という側面もあります。

微速度撮影は非常に手間がかかることや、カメラのシャッターユニット耐久回数の問題があり、積極的に取り入れるのは中々難しいのですが、また何らかの区切りがあれば制作しようと思っています。どこまで続けられるか分かりませんが、皆様の応援を励みにして頑張りますので、これからも宜しくお願いします。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 4 5 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 京橋・OBP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top