心斎橋・難波・道頓堀

TOP > 夜景・夕景 > 心斎橋・難波・道頓堀

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

大丸心斎橋店本館 建替え前の見納め 写真特集

大丸心斎橋店本館が、建て替えのため12月30日で一時閉館しました。建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの代表作であり、また大阪有数の名近代建築ということもあって、本館前には最後の見納めをしようと沢山の人が訪れていました。お別れの意味を込めて、昼と夜、両方の最後の勇姿を写真に収めておきました。

大丸心斎橋店本館建替え計画 完成予想パース
建て替え後のイメージパース。地上11階建て、高さ約60メートル。御堂筋側の外壁を保存し、高層部をセットバックさせることで、景観的調和を目指すとのこと。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 01
北西側から。威風堂々とした外観は心斎橋の顔として親しまれてきました。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 02
南西側から。建替え中は奥の北館にメインの売り場が集約されます。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 03
西側正面から。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 04
御堂筋側エントランス付近。多くの人が名残を惜しんでいました。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 05
エントランス前から見上げる。美しいアール・デコ様式。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 06
創業1717年のプレート。これを見るたびに大丸の歴史を感じます。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 07
エントランス上部のファサード。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 08
赤い屋根の間にはネオ・ゴシック様式のランタンが配置されています。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 09
1913年(大正2年)に商標登録された大丸マーク。七五三の髭文字を使用。

大丸心斎橋店 本館 2015年12月 10
御堂筋側エントランス内側の装飾。このほか内部の各所に凝った装飾が施されていて、さすが日本の百貨店建築史上の最高傑作といわれるだけのことはあります。

大丸心斎橋店 本館 夜景 2015年12月 01
以下、夜の様子です。北西側から。

大丸心斎橋店 本館 夜景 2015年12月 02
恒例となっている外壁のイルミネーション、心斎橋ラルーチェが開催。

大丸心斎橋店 本館 夜景 2015年12月 03
西側正面から。街路樹等があって中々全景を撮影するのが難しいです。

大丸心斎橋店 本館 夜景 2015年12月 04
御堂筋側エントランスのライトアップ。

大丸心斎橋店 本館 夜景 2015年12月 05
同じくエントランス付近のライトアップ。

以上、大丸心斎橋店本館の写真特集でした。内装も撮っている方が多数いらっしゃいましたが、原則的には許可がいるものだと思いますので、外観の撮影に留めておきました。取り壊しは残念ですが、イメージパースを見る限り、外壁部分の保存にはある程度期待できそうなので、ぜひ細部まで完全再現されることを期待しましょう。


本記事がおそらく今年最後の更新になると思います。2014年あたりから更新頻度が少なくなり大変恐縮なのですが、いつもご愛読いただき感謝しております。2016年度は新しい何かをお見せできるよう頑張りますので、何卒宜しくお願い致します。

夜景動画 なんば光旅 2013 〜こころ舞う冬の宴〜

南海なんば駅周辺で開催されている冬のイルミネーション、なんば光旅の動画バージョンです。本当は2年連続で同じイベントを撮影することはしない方針なのですが、なんばパークスのイルミネーションがあまりにも豪華になっているので、昨年の模様を紹介動画として使用するのは主催者に対して申し訳ないという判断です。


YouTubeの動画ページへ

BGMを含め全体的に昨年と似たような雰囲気の動画になっていますが、全て新規での撮影です。今年は過去最大規模と謳われているなんばパークス及びパークスガーデンのイルミネーションに重点を置いた構成となりました。あまり冗長な動画になるのも好ましくないので、その他のスポットは必要最小限に留めています。

なんばパークスの光の滝で使用されているようなブルー系のLEDはデジタルカメラのセンサーが特に苦手とする光源で、光の強さによっては極端に色が変化して記録されることがあります。今回からその問題を解決する新しい映像処理方法を導入しているので、過去の映像と比べるとブルー系の色再現がかなり良くなっているはずです。

今年のなんば光旅は非常に豪華で見応えがあり、他のエリアに負けてなるものかという南海電鉄グループの意気込みが感じられるイルミネーションです。キャニオンストリートやパークスガーデンでは来場者の誰もが感嘆の声をあげていました。難波にお越しの際は、ぜひこの冬ならではのイルミネーションを楽しんでみて下さい。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

なんば光旅 2013 〜こころ舞う冬の宴〜 後編

なんば光旅、後編はメイン会場のなんばパークスです。

なんば光旅 2013 なんばパークスのツリー 01
今年はキャニオンストリート入り口のクリスマスツリーが復活。音楽に合わせて段階的に色合いが変化する演出があります。やはりツリーはあった方がいいですね。

なんば光旅 2013 なんばパークスのツリー 02
背後に見えるパークスガーデンのイルミネーションと良くマッチしています。

なんば光旅 2013 なんばパークス キャニオンストリート
今年はキャニオンコート周辺にもイルミネーションが設置されました。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の滝 01
そしてなんば光旅を代表する大型イルミネーション、グレイシアコートの光の滝です。高さ、幅ともに昨年よりも大幅に拡大しました。素晴らしい出来栄えです。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の滝 02
3階から9階まで全ての壁面を使い、高さ50m、幅30mの滝を表現。その規模は日本最大級を誇ります。今年は音楽とイルミネーションが融合した光の演出も楽しめます。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 01
2階からパークスガーデンへと続く階段は光のトンネルに変貌していました。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 02
それではトンネルを通ってパークスガーデンへと向かってみましょう。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 03
パークスガーデンのイルミネーション、光の杜です。色の使い方が少し派手すぎるような印象はありますが、昨年とは比較にならないくらい豪華です。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 04
5階、せせらぎの森ではミラーボールを使ったイルミネーションが楽しめます。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 05
7階、キャニオン上に掛かる橋もイルミネーションに包まれています。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の杜 06
7階、花水木の広場のイルミネーション。

なんば光旅 2013 なんばパークス 円形劇場 01
8階、円形劇場では昨年に引き続き大型のイルミネーションが登場。

なんば光旅 2013 なんばパークス 円形劇場 02
ピンクとブルーが交互に変化します。また定期的に音と光の演出があります。

なんば光旅 2013 なんばパークス 光の滝 03
パークスガーデンのイルミネーションと光の滝の全景。

なんば光旅 2013 なんばパークス全景
なんばパークスのイルミネーションを上空から眺めてみました。施設全体が華やかなイルミネーションに包まれている様子が良く分かります。バックには通天閣も。

なんば光旅 2013 パークスガーデンの俯瞰
上から見るツリーとパークスガーデンの様子。

昨年よりも全体のLED数が3割増という発表通り、過去のイルミネーションと比較しても間違いなく最大規模のイルミネーションが展開されていました。梅田や阿倍野に比べると新しい話題に欠ける難波エリアですが、今年のイルミネーションは本当に凄いです。一部を除きクリスマス以降も継続されますので、ぜひ訪れてみてください。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

なんば光旅 2013 〜こころ舞う冬の宴〜 前編

南海なんば駅周辺の大規模なイルミネーション、なんば光旅の様子です。これまで南海系列の各施設が独自に行っていたイルミネーションを、一つの大きなイルミネーションイベントとして統合したもので、今年で2回目の開催となります。

なんば光旅 2013 南海ビル 01
南海ビル(高島屋大阪店)北側で行われているアンティーク調のイルミネーション。

なんば光旅 2013 南海ビル 02
このイルミネーションは重厚なビルの外観に良く似合っていると思います。

なんば光旅 2013 南海ビル 03
南海なんば駅への通路では蝶の妖精をモチーフにしたイルミネーションが続きます。

なんば光旅 2013 なんばCITY ガレリアコート 01
なんばCITY地下1階のガレリアコートでは国内外で活躍する新鋭アーティスト、金谷裕子氏が監修したポップな世界観のイルミネーションがお目見えしました。

なんば光旅 2013 なんばCITY ガレリアコート 02
グリーンとパープルのカラフルなライトが行き交う人々を照らします。

なんば光旅 2013 高島屋大阪店 屋上ガーデン 01
眦膕安膾綸垢離譽好肇薀鶻垢ら続く屋上ガーデンで行われている6万球のLEDを使用した大規模なイルミネーション。これは期間中だけではなく通年実施されています。

なんば光旅 2013 高島屋大阪店 屋上ガーデン 02
真っ暗な状態からイルミネーションが波のように広がる様子が綺麗です。

なんば光旅 2013 高島屋大阪店 屋上ガーデン 03
今年は手前の植え込み部分にもイルミネーションが拡張されました。

なんば光旅 2013 南海会館ビル 0
南海会館ビル南側では流れる水をイメージしたブルーのイルミネーションを展開。

なんば光旅 2013 南海会館ビル 02
南海会館ビルの建て替え工事に伴い、今年は2階デッキ部分に延長しています。

なんば光旅 2013 なんばカーニバルモール 01
なんばカーニバルモールのイルミネーション。

なんば光旅 2013 なんばカーニバルモール 03
イルミネーションのテーマはTour for IHATOV〜時空を駆ける列車〜

なんば光旅 2013 なんばカーニバルモール 02
イルミネーション全体が1つの物語のような構成になっているそうです。

なんば光旅 2013 なんばパークス 01
メイン会場となるなんばパークスのイルミネーションは次回の後編で紹介します。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 心斎橋・難波・道頓堀

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top