天王寺・阿倍野

TOP > 夜景・夕景 > 天王寺・阿倍野

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

再開発で変貌する大阪・阿倍野の夜景 2013年3月

現在、大阪で最も変化の激しい天王寺・阿倍野エリア。2011年4月に開業した大型商業施設、あべのキューズタウンを皮切りに、2012年2月にはあべのniniが開業、現在は天王寺MIOプラザ館の改装や阿倍野歩道橋の架替えが進んでおり、最後の目玉となる高さ日本一の超高層ビル、あべのハルカスの全面開業を2014年に控えています。(近鉄百貨店本店は2013年夏に先行開業する予定)。

天王寺公園から見るあべのハルカス 夜景 2013年3月 01
天王寺公園から見るあべのハルカス。高さ300mの超高層ビルは既に外観が完成し、ランドマークとして君臨しています。現在は内装工事が進められています。

天王寺公園から見るあべのハルカス 夜景 2013年3月 02
通天閣(新世界)方面から天王寺・阿倍野方面へ抜ける歩道から見たあべのハルカス。開業後は多数の観光客がこのルートを通ることになるでしょう。

あべのハルカス 夜景 2013年3月
阿倍野橋から見たあべのハルカス。近くから見上げると、その高さを体感することができます。当然、写真に収めると強烈なパース感を持つ構図になります。

新阿倍野歩道橋 夜景 2013年3月 01
架け替え工事が進む新しい阿倍野歩道橋。アルファベットの「a」の形をモチーフにした斬新なデザインに変貌しつつあります。複雑な形状をした屋根も付いています。

新阿倍野歩道橋 夜景 2013年3月 02
阿倍野歩道橋は2013年4月の完成が予定されており、現在でも一部通行することができます。右に見える天王寺MIOプラザ館では新しい大型ビジョンが点灯しました。

阿倍野 岸本ビル 夜景 2013年3月 01
あべのハルカスの南側で建替えが進んでいた岸本ビルも完成。徐々にテナントの稼働が始まっています。洗練されたデザインが、エリアの景観に溶けこんでいます。

阿倍野 岸本ビル 夜景 2013年3月 02
あべの筋側から見た岸本ビルの夜景。建替えにあたっては左隣のあべのハルカス近鉄本店の外観デザインを相当に意識したものと思われます。

あべのnini & あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべの筋の夜景。あべのniniあべのキューズタウンという新スポットが誕生。しばらく大阪を離れていた人には一体何処だか分からないのではないでしょうか。

あべのハルカス & あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべの筋の拡幅予定部分から見た夜景。エリアの人の流れを変えたあべのキューズタウンの開業によって、東側の商店街が古臭い印象になってしまいました。

あべのキューズモール 夜景 2013年3月
あべのキューズモールの外観的特徴となっている北側入口付近の大屋根。新しい吹き抜け空間は、どこか近未来的な景観のようにも見えます。

阿倍野 尼崎平野線 夜景 2013年3月
ターミナル西側(尼崎平野線)方面の夜景。築年数の古いアポロビルアベノセンタービル(左手前)の建替えが今後の注目ポイントになってくると思います。

あべのHoop 夜景 2013年3月 01
2000年の開業以来、阿倍野を新たな若者の街として注目させることに成功したあべのHoopの夜景。今見ても非常に斬新な外観デザインだと思います。

あべのHoop 夜景 2013年3月 02
あべのHoopの北側ではあべのハルカスと2階部分で接続させる工事が進んでいます。近鉄百貨店の別館として機能させることになるのかもしれません。

梅田、難波に続く大阪第3のターミナルでありながら、これまでそのポテンシャルを全く活かしきれていなかった天王寺・阿倍野エリア。最近の再開発スピードは、その遅れを一気に取り戻すかのごとく急激に進んでいるという印象です。名実ともに大阪の第3極として認知されるようになっていくのか、今後の街並みの変化に注目です。


ここ3回に渡ってお届けした阿倍野エリアの記事が、EOS 6Dでの初撮りとなりました。今回の記事の写真は全てISO3200での手持ち撮影です。ノイズレベルはEOS 7DISO400と同等の印象でした。EOS 6D+大口径レンズの組み合わせは、本格的な夜景撮影には三脚が必須というこれまでの常識を覆してしまうかもしれません。ここ数年のデジタル技術の進歩は本当に凄いものだと改めて実感しました。

あべのハルカスと四天王寺の夜景

四天王寺は593年(日本書紀による)に聖徳太子が建立を開始したとされる和宗総本山の寺院です。天王寺駅の名前の由来となっている通り、駅の北側600mほどの場所にあり、境内の至る所からあべのハルカスの威容を見ることができます。

四天王寺 五重塔とあべのハルカス 夜景
四天王寺五重塔あべのハルカス。新旧の塔が並び建つ様子は中々素晴らしいと思います。五重塔は節電の影響で最近ライトアップが自粛されているようです。

四天王寺 南鐘堂とあべのハルカス 夜景
南鐘堂あべのハルカス。工事の照明によって開業しているようにも見えます。

四天王寺 極楽門とあべのハルカス 夜景
極楽門あべのハルカス。夜の境内は本当に静かな時間が流れています。

四天王寺 金剛力士像(仁王像)ライトアップ
中門の仁王像は普段通りライトアップされていました。

谷町筋とあべのハルカス 夜景
谷町筋から見るあべのハルカス。航空障害灯が付いて夜でもビルの輪郭がはっきり分かるようになりました。法律により300mの頂上部から52.5m置きに設置されます。

以上、四天王寺の境内から見たあべのハルカスの夜景でした。節電の自粛が解除されて五重塔を含む中心伽藍が再びライトアップされれば、大阪城とOBPのように、新旧ランドマークの共演がより魅力的なものになるのではないかと思います。

天王寺ミオ プラザ館 外壁の大型ディスプレイが点灯

2012年11月の1階&中2階リニューアルに続き、2013年3月15日に2階&3階のリニューアルオープンが予定されている天王寺ミオ プラザ館(旧ステーションプラザてんのうじ)。耐震化工事と同時に行われている外壁改修も大詰めを迎えています。

天王寺ミオ プラザ館とあべのハルカス 夜景 2013年3月
天王寺ミオ プラザ館あべのハルカスの夜景。こちら側は以前に美装化工事が行われたので大きな変化はありませんが、南側(歩道橋側)に回ってみると…。

天王寺ミオ プラザ館 外壁ディスプイレイ 夜景 2013年3月 01
新しい大型ディスプレイが煌々と点灯していました。以前にあった小さな街頭ビジョンと比べて、格段に横幅が広く大型に、そして色鮮やかになりました。天王寺ミオ本館との谷間部分にもディスプレイが設置され、建物同士の繋がりが自然になりました。

天王寺ミオ プラザ館 外壁ディスプイレイ 夜景 2013年3月 02
ディスプレイは様々な絵柄に変化していきます。この時は桜が表示されていました。一枚の大型ビジョンとして、また左右に別々の映像を表示することもできそうです。

天王寺ミオ プラザ館 外壁ディスプイレイ 夜景 2013年3月 03
あまりドットが高密度なものではないので、細かい文字等を表示するのは難しいかもしれません。でもちょっとした映像ならそのまま流せるのではないでしょうか。

EOS 6Dの試運転を兼ねて阿倍野にやってきたのですが、まさかプラザ館の壁面が大型ビジョンになっているとは思いませんでした。ニュースで見たイメージではペイントによるデザインだと思っていましたので、実際に動いているのを見た時は驚きました。ますます華やかな都市景観になった天王寺駅前。今後の展開が楽しみです。

大阪の夜景コレクション 2013 Vol.2

開設10周年記念動画の元素材写真集、続きです。
今回は梅田地区の残りのスポットと、難波、阿倍野地区の写真です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 01
ブリーゼタワーから東方向の夜景。真っ直ぐに伸びる国道1号線&2号線、ターミナル近辺の高層ビル群、右側では北新地の歓楽街が強烈な光を放っています。

ブリーゼタワー 夜景 2013 02
ブリーゼタワーから南方向の夜景。目の前には堂島〜中之島の超高層ビル群が建ち並びます。ホテルエルセラーン大阪のライトアップが綺麗です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 03
ブリーゼタワーから南西方向の夜景。中之島3丁目、ほたるまち等、再開発された新しい街並みが広がります。関電ビルのライトアップはもう復活しないのでしょうか。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 01
大阪駅前第3ビルから西方向の夜景。古くから親しまれてきた展望スポットですが、西梅田地区の再開発によって本当に見違えるような眺望になりました。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 02
大阪駅前第3ビルから南東方向の夜景。独特な外観を持つフェニックスタワーの全景を入れてみました。梅田新道交差点の複雑な形状は都会的で大好きです。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 03
OBP(右)とOAP(左)、その間に国道1号線という構図。国道1号線が東天満あたりで左に曲がっていなければ、もっと良い構図になっていたのかもしれません。

スイスホテル南海大阪 なんばパークス 夜景 2013
スイスホテル南海大阪からの夜景。南海なんば駅なんばパークス、そして背後から回りこむように迫ってくる阪神高速環状線と、非常に迫力のある構図です。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 01
通天閣から南東方向の夜景。高さ日本一、地上300mのあべのハルカスが聳え立つ天王寺・阿倍野ターミナルと、静かに佇む天王寺公園との対比が面白いです。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 02
あべのハルカスの夜景。あまり動きがないカットで正直採用するかどうが迷いましたが、天王寺公園のイルミネーションが良いアクセントになってくれました。最新の大阪を見せる上で、やはりあべのハルカスを外すわけにはいきません。

通天閣からの夜景 2013 03
通天閣から難波方面の夜景。南海サウスタワーホテル(現スイスホテル)しか無かった時代が嘘のようです。通天閣からの夜景撮影は只でさえ難易度が高いうえ、さらに手間のかかる微速度撮影ということで非常に苦労したカットです。

あべのルシアスからの夜景 2013
あべのルシアスからの夜景。今回の動画にベタな通天閣のカットを入れるつもりはなかったのですが、外国人視聴者を意識して最後に少しだけ入れてみました。

梅田、難波、阿倍野という大阪を代表する3大ターミナルということで、撮影していると自然にテンションが上がっていきました。大都市を彩る繁華街の光、赤く明滅するビルの航空障害灯、そしてその間を走り抜ける車のライトが、近未来的な都市景観を作り出していました。次回(ラスト)は大阪ベイエリア他を巡ります。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top