天王寺・阿倍野

TOP > 夜景・夕景 > 天王寺・阿倍野

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

生駒山地から見る大阪の高層ビル群 夕景〜夜景

10月中は台風による雨や曇りの日がほとんどで、中々撮影機会に恵まれませんでしたが、11月に入ってからは爽やかな秋晴れの日が増えてきました。この時期から冬場にかけては1年のうちで最も夕景〜夜景が綺麗な時期でもあるので、久々に生駒山地の麓から大阪方面を超望遠レンズで撮影してみました。
八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 2017年11月
大阪方面のトワイライト。素晴らしい染まり具合でした。撮影場所は八尾・十三峠線の入り口付近にあるヘアピンカーブ。住所的には八尾市楽音寺となります。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 あべのハルカス 2017年11月
天王寺方面の夕景を超望遠撮影。あべのハルカス通天閣天保山大観覧車が見えます。バックの山は神戸市須磨区の鉢伏山〜高取山あたりだと思います。

八尾市楽音寺から見る大阪方面の夕景 大阪市中心部 2017年11月
大阪都心部〜梅田〜京橋方面の夕景を超望遠撮影。くっきりと見える六甲山地の稜線をバックに建ち並ぶ超高層ビル群は非常に壮観な眺め。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  01 2017年11月
夜になると高層ビル群の明かりがさらに際立ちます。標高は約125m。超望遠で高層ビル群を撮影する場合には、このくらいの標高からの方が写真に迫力が出ます。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 夜景  021 2017年11月
大阪城を中心にさらにクローズアップ。焦点距離800mm相当。

八尾市楽音寺から見る大阪の高層ビル群 パノラマ夜景 2017年11月
最後はパノラマ夜景です。どんどん増え続ける高層ビル群の様子が分かります。

以上、生駒山地から見る夕景〜夜景でした。山からの夜景撮影では基本的に光の絨毯的な写真が定番となりますが、超望遠レンズでスポットをピンポイントで捉えるのも非常に面白いですし、地形や街並みの特徴をより深く知ることができます。空気の澄んだ日が増えるこれからの季節にはピッタリの楽しみ方かもしれません。

あべのハルカス STAR LIGHT FANTASIA by NAKED

2017年3月7日で開業から3周年を迎えたあべのハルカス。展望台(ハルカス300)では3Dプロジェクションマッピングを使用したイベント「STAR LIGHT FANTASIA by NAKED -HARUKAS300-」が開催されています。今回は展望台内の4ヶ所で行われているマッピングの一部(南側の窓)を動画で紹介しておきます。

YouTubeの動画ページへ

斬新なのはやはり透明な窓に映像を投影しているという点でしょう。技術的にはほぼ透明な特殊スクリーンを窓に貼ることで実現しているそうですが、実際に目にすると凄く不思議な感覚です。また窓枠だけを避けて映像を投影することで、あたかも窓の向こう側に映像が浮かび上がっているような錯覚を起こさせています。

STAR LIGHT FANTASIAは「星空の都市」をテーマとしており、文字通り星々と夜景が融合したマッピングデザインとなっています。また大阪城や通天閣など大阪の観光名所が登場したり、壮大な夜景をバックに花火が打ち上がったりと、時間は短いながらも非常に充実したエンタテインメントショーに仕上がっていました。

開催は2017年3月31日まで。詳細は公式サイトへ。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

天王寺・阿倍野周辺のクリスマスイルミネーション 2016

天王寺・阿倍野エリアでは、あべのハルカスを中心とした各施設でイルミネーションが行われています。それぞれ少しずつですが紹介しておきます。

あべのハルカス 天空のイルミネーション2016 あべのべあフォトスポット
あべのハルカスでは天空のイルミネーションと題した館内外のイルミネーションを展開。写真は2階シャトルエレベーター入口の「あべのべあ」フォトスポット。

あべのハルカス 天空のイルミネーション2016 2階外周デッキ
ハルカス2階の外周デッキ。総延長300mの区間を約6万5千球のLEDで装飾。

あべのハルカス 天空のイルミネーション2016 16階ロビーのツリー
あべのハルカス16階ロビーのツリー。展望台にも巨大な「あべのべあ」のイルミネーションがあるのですが、かなり混雑していたので展望台の撮影は断念しました。

イルミネーションゲート in HOOP 2016 01
あべのHOOP前で行われているイルミネーションゲート in HOOP。一時は大阪を代表するイルミネーションイベントでしたが、今ではかなり規模が小さくなっています。

イルミネーションゲート in HOOP 2016 02
あべのHOOPの地下へと続く階段付近のイルミネーション。

あべのand イルミネーション 2016
あべのandエントランスのイルミネーション。

Welcoming あべてんウィンタープレゼント 2016
てんしば入口のWelcoming あべてんウィンタープレゼント。明滅する吹き抜け部分のイルミネーションと供に、動物のシルエットを地面に投影しています。

阿倍野歩道橋 イルミネーション 2016
阿倍野歩道橋のイルミネーション。内周部分の壁面を装飾。

あべのキューズモール イルミネーション 2016 01
歩道橋から続くあべのキューズモールのエントランス部分。

あべのキューズモール イルミネーション 2016 02
2階ウェルカムコートのツリーではキャラクターと一緒に写真が撮れます。

あべのキューズモール イルミネーション 2016 03
4階ガーデンテラスのイルミネーション。

あべのキューズモール イルミネーション 2016 04
あべのキューズモール全景。

天王寺MIO イルミネーション 2016 01
天王寺MIOのクリスマスツリー。

天王寺MIO イルミネーション 2016 02
大型ディスプレイの映像もクリスマス仕様に。

上本町YUFURA イルミネーション 2016
少し離れますが、上本町YUFURAのイルミネーション。

以上、天王寺・阿倍野エリアのイルミネーションでした。それぞれのイルミネーションは小規模なものですが、非常にコンパクトな繁華街なので、街全体でイベントを行っているような一体感があります。イルミネーション自体はクリスマス以降も継続されるものが多く、1月末まで(キューズモールは2月末まで)楽しむことができます。

開催日程など: 大阪イルミネーション情報


あべの・天王寺イルミナージュ 2015-2016

天王寺公園の大阪市立美術館一帯では今回で4回目となるあべの・天王寺イルミナージュが開催されています。祝!天王寺動物園100周年:イルミネーションZOOをテーマに、101匹のアニマル・イルミネーションと、真田幸村と真田十勇士などの個性的なイルミネーションが回遊型の会場で展開されています。

あべてん 光の音色 2015
てんしば入口で行われているあべてん 光の音色2015。リズミカルに明滅する吹き抜け部分のイルミネーションと、動物たちの光のシルエットを照射しています。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 01
あべの・天王寺イルミナージュ会場の様子。沢山の動物たちがお出迎え。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 02
迫力のある動物のイルミネーション。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 03
イルミネーションとあべのハルカス。草原のチーターは会場内を走り回る演出あり。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 04
トナカイのイルミネーション。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 05
シロクマとペンギンのイルミネーション。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 06
足元にはカエルのイルミネーションも。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 07
虹の回廊、いわゆる光のトンネルです。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 08
真田幸村と十勇士エリアのエントランス。和風のイルミネーションは新鮮です。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 09
真田幸村のみ甲冑を纏っています。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 10
会場内のツリー。通天閣もクリスマスカラー(もみの木)にライトアップされています。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 11
茶臼山古墳周辺に広がる河底池のイルミネーション。

あべの・天王寺イルミナージュ 2015 12
河底池とあべのハルカス。イルミネーションが水面に映る姿が幻想的でした。

あべの・天王寺イルミナージュは2016年1月31日まで開催。入場料1,000円(小人500円)となっています。イルミネーションの規模も中々大きいですし、有料ということもあって、あまり混雑することもなく落ち着いて楽しめると思います。お子様連れには特にお勧めのイルミネーションですので、この冬のお出かけにいかがでしょうか。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 天王寺・阿倍野

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top