お知らせ

TOP > お知らせ

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

新型フルサイズ一眼 EOS 6Dを導入しました

ここしばらくEOS 7Dを中心に、ミラーレス一眼のLUMIX GF2を併用して撮影を行なってきました。しかし夜景動画を本格的に撮るようになり、APS-Cの高感度性能に限界を感じることも多くなってきたので、そろそろフルサイズ機に移行することにしました。といってもフィルム時代のフォーマットに戻るだけなので先祖返りとも言えます。

最初はEOS 5D Mark IIIを導入する予定だったのですが、昨年末に廉価版のEOS 6Dが発売され、店頭で触った印象が非常に良かったことからEOS 6Dを導入することに決定しました。EOS 5D Mark IIIと比べてさらに高感度性能が上がっていることや、GPS、Wi-Fi等の便利機能が搭載され、価格が大幅に安いのも理由でした。

Canon EOS 6D 01
EOS 6Dの外観。フルサイズセンサー搭載機で世界最小・最軽量を謳っているだけあって非常にコンパクトです。防塵防滴構造のマグネシウムボディでありながら大きさや重量はAPS-C中級機のEOS 60Dとほぼ同じ。EOS 7Dと比べると150gほど軽量になりました。大きい、重いというフルサイズ機の概念を一気に変えてしまいました。

Canon EOS 6D 02
EOS 6D最大の売りは常用ISO感度25600という超高感度性能です。EOS 7Dだと実用上はISO3200が限界だったので実に8倍の余裕があることになります。さらに中央のAFセンサーが低輝度限界EV-3と、プロ機をも凌ぐ暗部合焦性能を備えており、大口径レンズと組み合わせると、現時点で最高の夜景撮影カメラになりそうです。

Canon EOS 6D 03
EOS 6Dの操作パネル。ほとんどのボタンが右側に移動したので最初は戸惑いました。ただ慣れれば片手で操作できるので、こちらの配置の方が便利かもしれません。しかしサブダイヤルの内側にあるマルチコントローラーは非常に使い難いです。

Canon EOS 6D 04
EOS 6Dのモードダイヤル。7Dには無かった誤操作防止機構が付きました。このクラスのカメラを選択する人にフルオートやお手軽シーンモードが必要なのかという根本的な疑問はあります。どうせならカスタムモードを3つに増やして欲しかったです。

Canon EOS 6D 05
記録メディアがCF(コンパクトフラッシュ)からSDカードになりました。プロ機〜ハイアマ機ではCFが一般的ですが、最近はSDカードの記録速度も上がってきているので大きな問題はなさそうです。ただ信頼性はやはりCFの方に分があると思います。

Canon フォーカシングスクリーン Eg-D
フォーカシングスクリーン交換式の場合、真っ先に行いたいのがスクリーン交換です。ファインダーに方眼が入るだけで構図の決めやすさが全然違います。特に風景写真や直線部分の多いビル等を撮影する場合は必須といっても過言ではないでしょう。

2003年に登場したEOS 10Dおよびそれに続く初代EOS Kiss Digitalによって、ハイエンドコンパクトからデジタル一眼への大移動が起こったように、このEOS 6Dの登場は、APS-Cからフルサイズへと主流が移行する一つの転換点になると思われます。普及に貢献したとはいえ、APS-Cは黎明期の妥協の産物にすぎないからです。

しかし移行のネックとなるのがAPS-C専用レンズ(EF-Sレンズ)の存在です。EF-Sレンズはフルサイズ機に装着することができません。私の場合、EOS 7D時代と同じ画角を揃えるのにレンズ代だけで20万円以上の出費となりました。今後の市場動向によって、APS-Cはミラーレス機しか残らない可能性もありますので、ハイアマ層のユーザーはフルサイズ機への移行を見据えたレンズ選びが重要になりそうです。

以上、あまり撮影機材に関することは書かない方針なのですが、機材についての質問が寄せられることもあるので一応お知らせしておきました。今後はこのEOS 6Dでの作品づくりが中心になっていきます。機材の進化に負けないように、さらにクオリティの高い作品を提供していければと思っています。

大阪 at Night ブログ - プレイバック 2012

梅田のスカイライン 2012 from 淀川河川公園

2012年度も大阪 at Nightブログを応援して頂き本当にありがとうございました。年明けまでしばらく休暇に入ろうと思いますので、今年の更新も終わりとさせて頂きます。

振り返ると2012年度の大阪はどちらかといえば暗い話題が多かったように思います。原子力発電所の再稼働問題に伴う電力不足が震災復興を支えるべき関西経済の勢いを削ぎ、さらにシャープ、パナソニックという関西を代表する大企業の不振が、その技術力を支える中小企業の経営を直撃し、雇用状況も悪化しました。

一方で明るい話題といえば、全面開業し大盛況を見せる阪急うめだ本店、ピーチなどLCCの就航と第2ターミナル開業で過去最高の発着数を達成した関西国際空港、高さ日本一に到達したあべのハルカス等が思い浮かびますが、正直なところ暗い話題を払拭するほどではありませんでした。来年はグランフロント大阪が開業するうめきた元年、2期地区の再開発へ向けて勢いを付けたいところです。

政治では大阪維新の会による橋下大阪市長・松井大阪府知事による体制が本格的にスタート。年初あたりには非現実的ながらもどこか期待を抱かせるような政策が続々と報道されていましたが、維新の国政進出の動きが活発化すると市政、府政報道は職員の不祥事に関するものが増え、こちらも勢いを失ってしまった感があります。来年以降、両首長にはぜひとも大阪に腰を据えて頑張って欲しいところです。

個人としては写真に動画にと相当に多忙な一年でした。このブログの場以外でも数多くの企業や公共団体の方々と仕事をさせていただき、様々な媒体で自分の作品が世に出ていくという充実感が、制作活動の下支えになった一年でもありました。

また来年も大阪 at Night、および大阪 at Nightブログを宜しくお願いします。
それでは良いお年を!

LUMIX GF2 ミラーレス一眼を導入しました

普段、撮影にはEOS 7DやEOS 40Dといったデジタル一眼レフを使用しているのですが、標準レンズ1本を付けて1.5kg程度、さらにレンズ数本と三脚をプラスすると重量が簡単に5Kgを超えてしまいます。よって「今日は撮影に行くぞ」という明確な意思がないと持ち出すのに躊躇してしまうのが現状でした。つまり仕事帰り等にちょっと撮影というのが難しく、せっかくの撮影チャンスを逃してしまうことも多々ありました。

そんな時はコンパクトデジカメを使えばいいのですが、コンデジの小さなセンサーではどう頑張っても一眼の画質には敵いませんので、後で後悔するくらいなら一眼で…となってしまうわけです。そんなこんなで悶々としていた所、最近になってコンパクトなボディに一眼のセンサーを搭載したミラーレス一眼(マイクロ一眼)と呼ばれるジャンルのカメラが出てきましたので、遅ればせながらサブカメラとして導入してみました。

LUMIX GF2 + 14mm F2.5
導入したのは一つ前の型のLUMIX GF2です。キットのパンケーキレンズ(14mm F2.5)を付けると、ちょっと大きめのコンデジとサイズが変わりません。これなら普段から持ち運ぼうという気にさせてくれます。シンプルなデザインも好みです。

LUMIX GF2 + 14-42mm F3.5-5.6
ダブルレンズキットの3倍ズームレンズ(14-42mm F3.5-5.6)です。見ての通り、これを装着するとせっかくのコンパクトさが失われてしまいます。ミラーレスとはいえ、大きなセンサーに対応するズームレンズならこれが当たり前でした。

LUMIX GF2 + PZ 14-42mm F3.5-5.6
で、私にミラーレスの購入を決意させたのがこのレンズ(PZ 14-42mm F3.5-5.6)の存在です。沈胴式レンズ機構&電動ズームを採用することでパンケーキレンズと同等のサイズを実現した、まさに革命的なレンズです。コンデジとミラーレスの境界が無くなり、ついにズームレンズを付けた一眼がポケットに入る時代がやってきました。

LUMIX GF2 & EOS 7D
EOS 7Dと比較するとこんな感じ。重量は約3倍、大人と子供くらいの差があります。

LUMIX GF2 + EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
小さくても一眼ですので、マウントアダプタを介してキヤノンのEFレンズが装着できます。画角は2倍、マニュアルフォーカス、絞り開放のみとなりますが、思った以上に使えます。ボディが軽いのでレンズだけ持ち出して撮影しているような感覚になります。

LUMIX GF2 + EF 70-200mm F4L IS USM + テレコン
望遠レンズを付けるとこんな感じ。まぁここまでやる人は少ないかと…。

実際に使ってみると想像以上に体への負担が軽いことに驚きました。EOSで一日撮影すると肩や腕が痛くなったりするのですが、GF2だとそんなことは全くありません。やはりミラーレス一眼の機動力は抜群だといえそうです。操作に若干の癖はありますが、女性やこれからカメラを始めようという方には間違いなくお勧めできます。

肝心の画質ですが、前回紹介したあべのniniの記事で使用している写真は全てGF2で撮影したものです。実験的にキヤノンレンズ(EF-S 10-22mm)を使用していますし、天候と時間帯が良くないので単純な評価は難しいのですが、普通の一眼レフと遜色ない画質を得られそうな感じです。GF2はハイビジョン動画も撮影できますので、このカメラで撮影した動画もいずれ公開できればいいなと思っています。

毎日放送 MUSIC EDGE+Osaka Styleに写真提供

MBS 毎日放送のMUSIC EDGE+Osaka Styleに写真を提供しました。
2011年11月14日放送分の中で、石井竜也と巡る大阪の知られざるアートという企画があり、その中でなにわの海の時空館の夕景ショットを使用していただきました。

なにわの海の時空館 in MUSIC EDGE+Osaka Style
番組内での使用イメージはこんな感じです。

関西では10年以上の歴史を持つ番組なので、目をつけて頂いた時は素直に嬉しかったです。内容的にはなにわの海の時空館大阪市環境局舞洲工場という、それなりに有名なスポットだけだったので最初は少し期待外れという印象でした。

ただ大阪では無駄遣いの代表例、あるいは奇抜な建物として取り上げられることも多いこれらの施設ですが、双方とも建築学的に海外からの評価が凄く高いという点、また経済効率だけを重視していたら決して生まれなかった心の余裕を感じさせる建物だという点、これが知られざるアートの真意だったんですね。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

TOP > お知らせ

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top