お知らせ

TOP > お知らせ

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

夜景写真家 岩崎拓哉氏が撮影ガイド本を出版

古くから交流のある夜景写真家の岩崎拓哉氏が初の著作を出版しました。近年の夜景本は、高価格で部数が見込めない写真集から、手頃な価格で部数が見込めるガイドブック的なもの(当方の大阪夜景など)へとシフトしつつあり、またカメラ初心者をターゲットにした撮影の手引書も増えてきています。今回紹介する岩崎氏の本は、写真集、ガイドブック、撮影の手引書の全要素を持った新しいタイプの本となります。

岩崎拓哉氏の夜景本
岩崎氏の著作。左が「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック」、
右が「ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72」。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 01
まずは2016年2月19日出版の「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック」。日経ナショナルジオグラフィック社からの発行です。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 02
本の基本骨格となっている撮影地ガイドのページ例。北海道から沖縄まで全国の161スポットを、おすすめの撮影時間や方向、機材等の解説付きで紹介しています。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 03
大阪の定番スポットはこのような感じ。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 05
後半は撮影機材と撮影テクニックの解説となります。被写体は夜景を対象としていますが、内容的には風景撮影の基本を学ぶのにも使えると思います。

岩崎拓哉 プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック 04
夜景を印象的に見せる為のテクニックも充実。花火、紅葉、イルミネーション等の撮影シチュエーション別に、覚えておいて損はない技法を紹介しています。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 01
もう一冊は2016年8月25日出版の「ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72」。アスペクト社からの発行です。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 02
内容は前作の工場夜景特化版となります。工場夜景の歴史から鑑賞スタイル、アクセス方法、マナーに至るまで、長年の経験を活かして執筆されています。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 03
前半は撮影テクニック。前作と共通する部分もありますが、応用編ではより実践的に突っ込んだ内容となっています。こちらは中級者も対象にしている印象です。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 04
後半は北海道から九州まで、全国から厳選された72の工場夜景スポットを、アクセスガイド付きで紹介。こちらは工場夜景の代名詞にもなっている川崎のページ。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 05
こちらも全国屈指の工場夜景スポット、三重県四日市。地上から見る工場夜景だけではなく山や展望台からの撮影スポットを紹介されているのが非常に有り難い。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 06
関西では和歌山、尼崎、姫路を紹介。大阪人としては堺泉北が選出されなかったのは残念。夜景観光に対する地元の取り組みが遅れている証拠かもしれません。

岩崎拓哉 ゼロから学ぶ工場夜景写真術 撮影テクニックと全国厳選スポット72 07
巻末にはRAW現像講座を掲載。現在、夜景写真はRAW現像までを一つの流れとして完成させることが多いので、初心者の方には非常に参考になると思います。

以上、岩崎拓哉氏の本の紹介でした。私がウェブサイトを立ち上げたのとほぼ同時期から活動されていて、夜景サイトが文字による情報中心から、高画質な写真を含めたビジュアル志向へと移行していく真っ只中の時代を供に切磋琢磨した方が著作を出版されるというのは非常に感慨深いです。彼の著作をきっかけに多くの方が夜景撮影に親しみ、裾野が広がっていけば素晴らしいことだと思います。

岩崎拓哉氏の代表サイト 夜景info

超高層ビル情報誌 高層画報が創刊

超高層ビルを愛する者たちが集まるサークル「超高層ビルを愛でる会」から高層ビル情報誌「高層画報」が創刊されました。その中の特集の一つ、「山から高層ビルを見てみよう<関西編>」に当方が夜景写真の提供で参加しています。

高層画報 表紙
高層画報の表紙。300〜400m級が林立するドバイの空撮。

高層画報 特集1 ドバイ高層ビル観光のすゝめ
特集1は超高層ビビルシリーズで有名な中谷幸司氏による「ドバイ高層ビル観光のすゝめ」。ビル紹介と観光案内が分かりやすくまとめられています。

高層画報 特集2 山から高層ビルを見てみよう 1
特集2はすぴら氏(文)と当方(写真)による「山から高層ビルをみてみよう<関西編>」。大阪、神戸、京都エリアの山々から見た迫力のあるビル夜景を紹介しています。

高層画報 特集2 山から高層ビルを見てみよう 2
当方の撮影した神戸夜景は貴重なのでファンの方は必見かも(笑)。

高層画報 Buildboard JAPAN 2015 RANKING
2015年に日本で竣工した超高層ビルを高さ順に紹介する「Buildboard JAPAN 2015 RANKING」。中谷氏によるビルデータと解説付きです。

その他、数々の高層ビルや建造物を擬人化されているモエストロ氏による「ドバイ超高層ビル娘イラスト」など盛りだくさんの内容となっており、昨年12月に東京ビッグサイトで行われたコミックマーケット89ではかなりの数が出たそうです。

大阪では1月31日にインテックス大阪で行われるこみっく★トレジャー27の【カ14ab】ブースにて頒布する予定ですので、興味のある方はぜひご参加下さい。(もしかしたら私も当日ブースにいるかも!?) イベントに参加できない方は、メロンブックスとらのあなCOMIC ZINで委託販売されておりますので、ぜひご利用下さい。

大阪夜景のジグソーパズルが関西限定で発売

このたびジグソーパズル専門店のマスターピースから大阪夜景のパズルが発売されました。生駒山からの夜景を題材にした300ピースのパズルで、サイズは26x38cmとなります。写真は当方が提供し、エポック社が企画制作を行いました。

ジグソーパズル 大阪夜景 01
外箱はこんな感じです。

ジグソーパズル 大阪夜景 02
写真はパズル向けにキラキラ感を強調したものになっています。

ジグソーパズル 大阪夜景 03
撮影地は信貴生駒スカイラインの夕日駐車場。生駒にはもっと有名なスポットがあるのですが、パズルにした時の見栄えが一番良かったこの写真が選ばれました。

ジグソーパズル 大阪夜景 04
外箱の上面。

ジグソーパズル 大阪夜景 05
側面に堀寿伸のクレジットが入っています。

写真関係で仕事をやっていても、自分のパズルを出せる機会なんて中々ないと思いますので、今回は非常に良い経験になりました。価格は1,200円でマスターピースの大阪地区店舗限定販売です。三井アウトレットパーク大阪鶴見イオンモール四条畷にお店がありますので、興味のある方はぜひご購入下さい。製造個数があまり多くないと聞いておりますので、ご購入はお早めに。

アジアの夜景を網羅した写真集「亜細亜ノ夜景」が発売

河出書房新社より近年発展著しいアジア地域の夜景を網羅した写真集「亜細亜ノ夜景」が発売されました。これまで数々の夜景関連著書を発表している日本における夜景の第一人者、夜景評論家の丸々もとお氏と写真家の丸田あつし氏の最新作となります。早速ですがその一部を紹介していきましょう。

亜細亜ノ夜景 表紙
亜細亜ノ夜景の表紙を飾るのはベトナムの産業都市ダナンのハン川に架かるドラゴンブリッジ。ダイナミックなデザインと色使いが読者に鮮烈な印象を与えます。

亜細亜ノ夜景 シンガポール
東南アジア最大のビジネス都市、シンガポール。ライトアップされたマーライオンや高層ビル群、マリーナベイサンズ、シンガポールフライヤー等、夜景の見所が一杯。

亜細亜ノ夜景 マレーシア
マレーシアの首都クアラルンプールは観光都市、国際都市として急激に発展しつつある。市街のシンボル、高さ452mを誇るペトロナスツインタワーの夜景は圧巻。

亜細亜ノ夜景 マカオ
アジアを代表するエンターテインメントシティ、マカオ。米ラスベガスと並ぶカジノのメッカである。派手なネオンに彩られた夜の街並みはまさに原色の世界。

亜細亜ノ夜景 香港
言わずと知れた香港の摩天楼。日本の都市では絶対に見られない高層ビルの密集度と鮮烈なライトアップはアジア夜景のハイライトといっても過言ではないだろう。

亜細亜ノ夜景 上海
スモッグで霞む摩天楼がSF映画の世界を連想させる中国最大の都市、上海。その急激な発展により将来はアジアを代表する夜景都市となるかもしれない。

以上、全18都市の中から少しだけ抜粋してみました。

この他にも台湾や韓国、タイの主要都市をはじめ、ネパールのカトマンズやブルネイのバンダル・スリ・ブガワンなども紹介されています。いわゆる夜景の美しさで有名な都市だけではなく、これまであまり注目されてこなかった都市の夜景が紹介されているという点で、この亜細亜ノ夜景は新しい価値を生み出しています。

ページをめくっていて感じるのは、やはりアジア独特の空気感ですね。帯にも書かれている通り斬新でパワフルな夜景が次々と迫ってきます。確かにぶっ飛んだデザインの建築物や原色系のライトアップが印象に残るのは間違いないのですが、その中にも洗練された魅力を感じるのは、欧米による植民地時代の名残かもしれません。

写真集ですので文章量は多くありません。その代わりに余白のない迫力ある画面構成や、折り返しを使った4ページサイズのパノラマなど、とにかく言葉より目で見て楽しんで欲しいという思いが伝わってきます。ガイドブック的な要素は薄いですが、撮影地の情報は提示されているので、ネットで調べることは可能だと思います。

さて今回は編集者の繋がりが縁でレビューをさせて頂きましたが、本当に素晴らしい写真集に仕上がっていると思いました。本当にこれだけの都市を取材するのは大変だっただろうと思います。アジアに目を向けることで、日本の魅力を再発見することにも繋がると思いますので、興味のある方はぜひ入手してみてはいかがでしょうか。



亜細亜ノ夜景 & 日本夜景遺産
同氏の作品である日本夜景遺産と合わせて見れば日本とアジアの夜景の違いが分かって面白いでしょう。夜景を観光資源として活かすヒントが眠っているかも。

大阪夜景 カバー
さらにミクロな視点で当方の大阪夜景も宜しくお願いします。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > お知らせ

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top