お知らせ

TOP > お知らせ

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

アジアの夜景を網羅した写真集「亜細亜ノ夜景」が発売

河出書房新社より近年発展著しいアジア地域の夜景を網羅した写真集「亜細亜ノ夜景」が発売されました。これまで数々の夜景関連著書を発表している日本における夜景の第一人者、夜景評論家の丸々もとお氏と写真家の丸田あつし氏の最新作となります。早速ですがその一部を紹介していきましょう。

亜細亜ノ夜景 表紙
亜細亜ノ夜景の表紙を飾るのはベトナムの産業都市ダナンのハン川に架かるドラゴンブリッジ。ダイナミックなデザインと色使いが読者に鮮烈な印象を与えます。

亜細亜ノ夜景 シンガポール
東南アジア最大のビジネス都市、シンガポール。ライトアップされたマーライオンや高層ビル群、マリーナベイサンズ、シンガポールフライヤー等、夜景の見所が一杯。

亜細亜ノ夜景 マレーシア
マレーシアの首都クアラルンプールは観光都市、国際都市として急激に発展しつつある。市街のシンボル、高さ452mを誇るペトロナスツインタワーの夜景は圧巻。

亜細亜ノ夜景 マカオ
アジアを代表するエンターテインメントシティ、マカオ。米ラスベガスと並ぶカジノのメッカである。派手なネオンに彩られた夜の街並みはまさに原色の世界。

亜細亜ノ夜景 香港
言わずと知れた香港の摩天楼。日本の都市では絶対に見られない高層ビルの密集度と鮮烈なライトアップはアジア夜景のハイライトといっても過言ではないだろう。

亜細亜ノ夜景 上海
スモッグで霞む摩天楼がSF映画の世界を連想させる中国最大の都市、上海。その急激な発展により将来はアジアを代表する夜景都市となるかもしれない。

以上、全18都市の中から少しだけ抜粋してみました。

この他にも台湾や韓国、タイの主要都市をはじめ、ネパールのカトマンズやブルネイのバンダル・スリ・ブガワンなども紹介されています。いわゆる夜景の美しさで有名な都市だけではなく、これまであまり注目されてこなかった都市の夜景が紹介されているという点で、この亜細亜ノ夜景は新しい価値を生み出しています。

ページをめくっていて感じるのは、やはりアジア独特の空気感ですね。帯にも書かれている通り斬新でパワフルな夜景が次々と迫ってきます。確かにぶっ飛んだデザインの建築物や原色系のライトアップが印象に残るのは間違いないのですが、その中にも洗練された魅力を感じるのは、欧米による植民地時代の名残かもしれません。

写真集ですので文章量は多くありません。その代わりに余白のない迫力ある画面構成や、折り返しを使った4ページサイズのパノラマなど、とにかく言葉より目で見て楽しんで欲しいという思いが伝わってきます。ガイドブック的な要素は薄いですが、撮影地の情報は提示されているので、ネットで調べることは可能だと思います。

さて今回は編集者の繋がりが縁でレビューをさせて頂きましたが、本当に素晴らしい写真集に仕上がっていると思いました。本当にこれだけの都市を取材するのは大変だっただろうと思います。アジアに目を向けることで、日本の魅力を再発見することにも繋がると思いますので、興味のある方はぜひ入手してみてはいかがでしょうか。



亜細亜ノ夜景 & 日本夜景遺産
同氏の作品である日本夜景遺産と合わせて見れば日本とアジアの夜景の違いが分かって面白いでしょう。夜景を観光資源として活かすヒントが眠っているかも。

大阪夜景 カバー
さらにミクロな視点で当方の大阪夜景も宜しくお願いします。

朝日新聞に「大阪夜景」についてのコラムが掲載

2015年1月13日付の朝日新聞(大阪本社版)夕刊に、神田誠司編集委員による「大阪夜景」(創元社)の紹介コラムが掲載されました。

「大阪の夜景は美しい」 朝日新聞 2014年1月13日 夕刊
朝日新聞(大阪本社版)夕刊 2015年1月13日付

今回は神田氏から直接取材の申し込みがあり、約1時間のインタビューにお応えしました。新聞の記事でも触れられていますが、いわゆる典型的な大阪のイメージを覆す「大阪夜景」のコンセプトに共感されたそうで、この本を自身のコラムで紹介して多くの人に知って頂きたいとのことでした。本当に有り難いことです。

またマスコミ内部でも東京中心の報道に対して憤りを感じている人がいるということで、大変有意義なお話を聞くことができました。以前に紹介した産経新聞の記事もそうですが、こういった記事をきっかけに、少しずつ人々の意識が変わっていけばと思っています。それこそ本を出した意義があるというものですね。

今回の記事はデジタル版でも読むことができますので、宜しければご覧下さい。
(葦)大阪の夜景は美しい 神田誠司 - 朝日新聞デジタル

超望遠レンズで撮る大阪の夜景

デジタルカメラマガジン 2014年12月号の「絶対に失敗しない超望遠ズームの撮り方」という企画内で夜景への応用編を執筆しました。400mm以上となると普段の撮影では使うことの難しい焦点距離ですが、上手く活用すれば非常に迫力のある構図が得られるという趣旨で、今回は主に都市のビル群をテーマに撮影しました。

デジタルカメラマガジン 2014年12月号
デジタルカメラマガジン2014年12月号。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports
今回の使用レンズはSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsです。レンズだけで約3kgという重さなので、剛性の高いハスキーの3段三脚を使用しました。

あべのハルカス&明石海峡大橋 夕景 from 生駒山 2014年10月
生駒山からあべのハルカス明石海峡大橋を撮影。大阪府咲洲庁舎通天閣といった関西を代表するランドマークを同時に写し込みました。

大阪の超高層ビル群 夜景 from 生駒山 2014年10月 01
生駒山から梅田方面の超高層ビル群を撮影。OBPやOAPと一体化しているように見えます。肉眼では捉えることのできない世界を切り取るのはやはり面白いです。

大阪の超高層ビル群 夜景 from 生駒山 2014年10月 02
大阪城と中之島方面。空気の状態が良かったので、くっきりと撮影できました。

大阪の超高層ビル群 夜景 from 咲洲庁舎展望台 2014年10月
大阪府咲洲庁舎から弁天町方面。視点の高さによって大きく印象が変わります。

大阪の超高層ビル群 夜景 from 箕面 2014年10月 01
箕面スカイアリーナから大阪市内の超高層ビル群を撮影。距離感が圧縮されて梅田〜中之島周辺からハルカスまで横一線に並んでいるように見えます。

大阪の超高層ビル群 夜景 from 箕面 2014年10月 02
上の写真からさらにクローズアップ。ここ数年で景観は大きく変貌しました。あべのハルカスが突出することによって、スカイラインに締まりが出たような印象です。

堺泉北臨海工業地帯 from 泉大津PA 2014年10月
最後は泉大津PAから堺泉北臨海工業地帯を撮影しました。工場からの排熱によって背後のビル群がぼやけ、ミニチュア写真のような効果が出ています。

以上、本の宣伝も兼ねて作例の一部を紹介してみました。やはり最新レンズの描写力は凄いです。ズームレンズでも単焦点レンズに迫る切れ味で、画質に妥協することなく超望遠の世界を楽しむことができます。最近になって各社から超望遠ズームが続々と発売されていますので、ぜひこの機会に入手してみてはいかがでしょうか。

産経新聞に「大阪夜景」出版についての記事が掲載

発売以来、おかげさまで好評を頂いているガイドブック写真集「大阪夜景」(創元社)ですが、産経新聞に今回の出版についての記事が掲載されました。ツイッターの方でも少しお伝えしましたが、ブログ記事として改めて紹介しておきます。

大阪夜景(産経新聞 大阪本社版 夕刊 2014年8月29日)
産経新聞(大阪本社版)夕刊 2014年8月29日付

今回の記事は本の紹介というよりは、東京のマスコミによる偏向報道と、在阪のマスコミによる自虐報道というダブルパンチによって自信を失っている大阪人に向けてのメッセージに近いものになっています。これまでこういった内容の記事が掲載されることは無かったはずなので、そういった意味でも画期的なものだと思います。

まだ記事が掲載されて数日ではありますが、読者の方々からも大きな反響があり、「良くぞ書いてくれた」、「まさにその通り」といった内容のメールを多数頂きました。それだけ日々の大阪報道に不満を募らせている方が多かったということでしょう。もちろん意図をありのままに掲載してくれた産経新聞さんにも感謝です。

こういった記事をきっかけに大阪の景観に興味を抱く方々が増えれば幸いですし、あべのハルカスの開業や、外国人観光客による梅田スカイビルの大盛況ぶりと相まって、大阪に夜景ブームのようなものが巻き起こることを期待しております。またそういった流れを作るべく積極的に活動していきたいと思っております。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 古い記事 >>

TOP > お知らせ

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top