通天閣・新世界

TOP > 夜景・夕景 > 通天閣・新世界

<< 新しい記事 1 2 3

通天閣ライトアップ サムライブルーバージョン

随分とご無沙汰してしまいました。仕事の都合と本格的な梅雨で中々撮影時間が取れませんでした。これだけ更新期間が空くと駄目ですね。

今回はワールドカップ日本代表ベスト16進出記念として通天閣のライトアップ、サムライブルー版の写真を掲載しておきます。この特別ライトアップは大会期間中に行われていたもので、通常時に光るサイドのラインを消灯し、下からブルーの間接照明を当てて通天閣を青く浮かび上がらせていました。

7月19日〜22日まで2022年ワールドカップの候補地としてFIFAの視察団が日本を訪れており、その一環として再びサムライブルーのライトアップが行われました。大阪では開幕戦、決勝戦の会場として梅田北ヤードに建設構想がある8万人規模の新スタジアム、梅田エコスタジアム(仮称)の計画地を上空から視察するなど、招致に向けてのアピールが行われたようです。

通天閣ライトアップ サムライブルー 01
通天閣の夕景。この時点だとブルーのライトアップは良く分かりません。

通天閣ライトアップ サムライブルー 02
暗くなるにつれて少しずつブルーが浮かび上がってきます。

通天閣ライトアップ サムライブルー 03
展望台付近もブルーになっています。

通天閣ライトアップ サムライブルー 04
定番の構図。通天閣のサイドにづぼらやのフグとビリケン像、これほど分かりやすい構図はありませんね。グリコネオンと双璧を成すといった感じです。

通天閣ライトアップ サムライブルー 05
定番の構図 その2。繰り返されるホワイトとゴールドのライトアップは普段と同じです。

通天閣ライトアップ サムライブルー 06
定番の構図 その3。このくらいの暗さになるとブルーが綺麗に見えます。

通天閣ライトアップ サムライブルー 07
商店街の中から。相変わらず串カツ屋のアピール合戦が凄まじいです。

通天閣ライトアップ サムライブルー 08
今の新世界は観光客のために作られた大阪の姿なのかもしれません。

通天閣ライトアップ サムライブルー 09
少し角度を変えてみる。脚立に乗っている人はTV局のスタッフでしょうか。

通天閣ライトアップ サムライブルー 10
通天閣の真下から。下からの間接照明の様子が良く分かります。通天閣はそれほど大きなタワーではないので、周りの風景を構図に入れないと寂しい感じがします。

通天閣ライトアップ サムライブルー 11
おまけ 縦バージョン。

通天閣ライトアップ サムライブルー 12
おまけ 縦バージョン その2。

通常と違うブルーのライトップは中々新鮮でした。ただ大々的に告知されていたわけではありませんので、このライトアップの特殊性に気付いていた人は少なかったのかもしれません。隣で写真を撮っていた観光客の方も全く知らなかったそうです。こういうのは普段から見慣れてないと分からないものですね。

過去の大阪へタイムスリップ その3

過去の大阪夜景コレクション その3です。

旧 梅田阪急百貨店の夜景 2004年頃
2004年春の梅田阪急百貨店の夜景です。随分と長い間、梅田の顔として存在していたので、まだ現在の風景よりも馴染みが深いです。しかし時間の経過と共に少しずつ忘れられてしまうのでしょうね。

JR天王寺駅前の夜景 2002年頃
2002年クリスマスシーズンのJR天王寺駅です。ちょうどステーションビルの外壁改修が行われていて、その防護壁を利用した恐竜の巨大なイルミネーションが行われていました。当時はそれなりに話題になってましたが覚えてる人も少ないだろうなぁ。

南港コスモスクエア夜景 2002年頃
2002年冬の南港コスモスクエアの夜景です。「夢咲トンネル(当時は夢洲トンネルと呼ばれていた)」の大工事が行われていて、工事現場のクレーンと照明が印象的だったので撮影した一枚です。開通したのはつい最近のようですが、本当に必要だったんでしょうか?

アメリカ村 ピエロの看板 2002年頃
2002年頃のアメリカ村、トムズハウスのピエロ看板です。観光情報誌のアメリカ村の写真といえば、ほぼコレだったように思います。残念ですが今は無くなってしまいました。(ちなみに2009年の様子

フェスティバルゲートの夜景 2002年頃
2002年夏、在りし日のフェスティバルゲートです。最近でも土地信託方式の失敗例として散々報道されていましたが、この時期から既に破綻へのカウントダウンが始まっていたように思います。今思えば本当に贅沢な作りの都市型遊園地でした。メインアトラクションの「デルピス・ザ・コースター」は面白かったのですが・・・。

過去の大阪夜景コレクション、いかがだったでしょうか?懐かしい人には懐かしく、興味の無い人には本当につまらない企画だと思いますので、出来るだけ夜景写真単体として印象深いものを選んだつもりです。次にやる時は昼間の写真で構成してみようと思っています。

商都大阪の輝く摩天楼

夜景シリーズということで通天閣展望台から撮影した梅田方面の高層ビル群です。展望台の特性上、超望遠レンズでの撮影は困難なのですが、可能な限り拡大してみました。(ちょっとサイズは大きめで500KBくらいあります)

商都大阪の輝く摩天楼

手前側は日本橋の電気街、そして難波・道頓堀の繁華街、都心部〜中之島・梅田方面の高層ビル群と続いていく為、まるで街全体が光の海のように感じます。エコロジーな風潮や高層マンションの増加によって、派手なライトアップは敬遠される傾向にあります。しかし大都会大阪の中心部くらいは世界にアピールできるような美しい夜景があっても良いのではないかと思います。

橋下知事が推進する御堂筋イルミネーション、そして今年開幕の水都大阪2009を含め、大阪のナイトシーンがもっと明るくなることを期待しましょう。私もブログ、サイトを通じて少しでも大阪の魅力を発信していきたい、そんな気持ちでいっぱいです。

大阪新世界と通天閣の夜景

今年のゴールデンウィークも残り僅かになりました。高速1,000円ということで、ここぞとばかりに遠出をした人も多かったのではないでしょうか?私の場合、混雑が大嫌いなので遠出を避け、近場でのんびりと過ごすことにしました。世間では16連休を取らされたという方もいるようで、100年に一度と言われる大不況を実感する今日この頃です。

さて夜景ブログなのに夜景の記事がほとんどないじゃないか!というご指摘を頂きそうな予感がしてきましたので、今回は久々に夜景関連の記事です。メインサイトで通天閣展望台からの夜景を更新しましたので、ついでに新世界周辺を歩いてきました。

大阪・新世界の街並み 夕景
新世界の夕暮れです。通天閣のライトアップは下町のシンボルタワーとしての存在感を主張します。相変わらず観光客が多く、写真を撮っていると溶け込んでしまいます。

大阪・新世界の街並み 夜景
新世界の街並みと通天閣の夜景、定番の構図です。今はこんな所にも巨大なビリケンさんがいるんですね。「づぼらや」のフグ看板と張り合ってます。

大阪・新世界の街並み 夜景2
フグ看板の真下から。その奇抜さのおかげか、外人さんからの注目度も高いようです。

通天閣から見た難波の夜景
通天閣展望台から難波の夜景です。なんばパークスの高層ビルや、建設中のマルイト難波ビルが目立ちます。遠くには梅田の高層ビル群が広がっています。

この通天閣展望台ですが、ここからの夜景撮影はかなり難しいです。理由は3つあり、展望窓が傾斜していて三脚が使えないこと、窓がとても汚れていること、ガラスフィルムに空気が入ってまだら状になっていることです。これは他の展望台でも良くあることなのですが、通天閣の場合はタワーをライトアップしている強烈な光が、傾斜した窓の汚れに反射して白く写ってしまうのです。またガラスフィルムが綺麗に張られていないので、ピントも手ブレ対策もバッチリなのに、どこかピントが外れたようなボヤけた写真になることが多いです。

これが他の展望台と比べて通天閣からの(まともな)夜景写真を見る機会が圧倒的に少ない理由です。観光客には道頓堀と並んで大阪No.1と言えるほどの知名度があり、眺望もかなりのものであることを考えると非常に寂しいところです。(以前は営業時間の問題もありましたが、これは営業時間の延長によって解決されています)

通天閣展望台からの夜景撮影に挑戦しようという方は、上記のことを踏まえて装備品を整えていってください。特に吸盤型の固定用具は必須です。

<< 新しい記事 1 2 3

TOP > 夜景・夕景 > 通天閣・新世界

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top