通天閣・新世界

TOP > 夜景・夕景 > 通天閣・新世界

1 2 3 古い記事 >>

通天閣から見た大阪の夕景 2013年6月

夏至にあたる6月21日前後から7月初頭くらいまでは一年のうちで最も日が長く、日没が19時以降となります。当然、夜景を撮影できる時間は短くなるので、夜景サイト運営者としては悩ましい時期でもあるのですが、仕事帰りでも夕景から撮影を始められるという良い面もあります。そんなわけで今回は通天閣からの夕暮れを紹介します。

あべのハルカス 夕景 from 通天閣 2013年6月
あべのハルカスの夕景。通天閣からの眺望といえば難波やベイエリア方面が中心でしたが、ハルカス効果で現在はこちら側を見ている人が多いような気がします。

上本町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
上本町方面の夕景。駅南側のタワーマンション群にローレルタワー夕陽丘のツインタワーが加わり、以前よりもさらに見栄えのするスカイラインになりました。

大阪城&OBP方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪城方面の夕景。バックには大阪ビジネスパークの高層ビル群が建ち並ぶ。左端のNHK大阪放送局は上町台地の標高差で実際の高さ以上に高く見えます。

松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
松屋町〜谷町四丁目〜天満橋方面の夕景。いつの間にかタワーマンションが大幅に増えていました。何本も重なっていて解説を加えるのが難しいです。

東大阪 生駒山方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
東大阪と生駒山方面の夕景。

梅田方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
心斎橋〜中之島〜梅田方面の夕景。中之島フェスティバルタワーグランフロント大阪梅田阪急ビルなど、横幅の広い高層ビルが増えました。

難波方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
難波方面の夕景。こちら側は距離が近いので迫力があります。

弁天町方面の夕景 from 通天閣 2013年6月
弁天町方面の夕景。六甲山に日が沈む直前の様子。

京セラドーム大阪 夕景 from 通天閣 2013年6月
京セラドーム大阪方面の夕景。

大阪ベイエリア 夕景 from 通天閣 2013年6月
大阪ベイエリア方面の夕景。南港や港大橋、天保山大観覧車などが写っています。

以上、通天閣からの夕景でした。大阪に住んでいると当たり前すぎて気付かないものですが、西側に海が開けた大都市というのは珍しく、夕陽丘という地名が残っているように、昔の人々も海に沈む夕日の美しさを堪能していたのだろうと思います。まさに地形の偶然が生んだとも言える大阪の景観、大事にしていきたいものです。

大阪の夜景コレクション 2013 Vol.2

開設10周年記念動画の元素材写真集、続きです。
今回は梅田地区の残りのスポットと、難波、阿倍野地区の写真です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 01
ブリーゼタワーから東方向の夜景。真っ直ぐに伸びる国道1号線&2号線、ターミナル近辺の高層ビル群、右側では北新地の歓楽街が強烈な光を放っています。

ブリーゼタワー 夜景 2013 02
ブリーゼタワーから南方向の夜景。目の前には堂島〜中之島の超高層ビル群が建ち並びます。ホテルエルセラーン大阪のライトアップが綺麗です。

ブリーゼタワー 夜景 2013 03
ブリーゼタワーから南西方向の夜景。中之島3丁目、ほたるまち等、再開発された新しい街並みが広がります。関電ビルのライトアップはもう復活しないのでしょうか。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 01
大阪駅前第3ビルから西方向の夜景。古くから親しまれてきた展望スポットですが、西梅田地区の再開発によって本当に見違えるような眺望になりました。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 02
大阪駅前第3ビルから南東方向の夜景。独特な外観を持つフェニックスタワーの全景を入れてみました。梅田新道交差点の複雑な形状は都会的で大好きです。

大阪駅前第3ビル 夜景 2013 03
OBP(右)とOAP(左)、その間に国道1号線という構図。国道1号線が東天満あたりで左に曲がっていなければ、もっと良い構図になっていたのかもしれません。

スイスホテル南海大阪 なんばパークス 夜景 2013
スイスホテル南海大阪からの夜景。南海なんば駅なんばパークス、そして背後から回りこむように迫ってくる阪神高速環状線と、非常に迫力のある構図です。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 01
通天閣から南東方向の夜景。高さ日本一、地上300mのあべのハルカスが聳え立つ天王寺・阿倍野ターミナルと、静かに佇む天王寺公園との対比が面白いです。

通天閣からの夜景 あべのハルカス 2013 02
あべのハルカスの夜景。あまり動きがないカットで正直採用するかどうが迷いましたが、天王寺公園のイルミネーションが良いアクセントになってくれました。最新の大阪を見せる上で、やはりあべのハルカスを外すわけにはいきません。

通天閣からの夜景 2013 03
通天閣から難波方面の夜景。南海サウスタワーホテル(現スイスホテル)しか無かった時代が嘘のようです。通天閣からの夜景撮影は只でさえ難易度が高いうえ、さらに手間のかかる微速度撮影ということで非常に苦労したカットです。

あべのルシアスからの夜景 2013
あべのルシアスからの夜景。今回の動画にベタな通天閣のカットを入れるつもりはなかったのですが、外国人視聴者を意識して最後に少しだけ入れてみました。

梅田、難波、阿倍野という大阪を代表する3大ターミナルということで、撮影していると自然にテンションが上がっていきました。大都市を彩る繁華街の光、赤く明滅するビルの航空障害灯、そしてその間を走り抜ける車のライトが、近未来的な都市景観を作り出していました。次回(ラスト)は大阪ベイエリア他を巡ります。

開設10周年記念動画 大阪の夜景 微速度撮影 総集編

夜景動画シリーズ、大阪の夜景 微速度撮影 総集編を公開しました。

おかげさまで2012年8月1日に大阪 at Nightはサイト開設から10周年を迎えました。さらにYouTubeで公開している夜景動画チャンネルの総再生回数が100万回を突破したこともあり、これまで応援して頂いた方々への感謝の気持ちと、活動の集大成的な意味を込めて、時間をかけてじっくりと制作を進めてきたのが今回の動画です。


YouTubeの動画ページへ

撮影スポットは12ヶ所、使用した写真の総数は約1万枚という大掛かりな作品となりました。カットは高層階からの眺望のみで構成し、光の動きや時間の流れが楽しめる構図を厳選して収録。街明かりを鮮烈に描写しながら黒を引き締め、さらに階調が欲しい部分は残すという部分HDR的な処理をカットごとに行なっています。

今回は光輝く大都会というコンセプトなので、道頓堀、通天閣、大阪城といった大阪的な記号は極力排除し、それらが含まれる構図でもあくまで夜景の一部として取り入れるというスタンスをとっています。よって大阪のイメージ固定化に躍起になっている東京メディアへのアンチテーゼ的な作品という側面もあります。

微速度撮影は非常に手間がかかることや、カメラのシャッターユニット耐久回数の問題があり、積極的に取り入れるのは中々難しいのですが、また何らかの区切りがあれば制作しようと思っています。どこまで続けられるか分かりませんが、皆様の応援を励みにして頑張りますので、これからも宜しくお願いします。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

夜景動画 ある静かな雨の夜

夜景動画シリーズ、ある静かな雨の夜を公開しました。

都はるみの大阪しぐれや欧陽菲菲の雨の御堂筋、天童よしみの大阪レインなど、数多くの歌の舞台となってきた雨の大阪。濡れた路面に反射する車のライトや街灯、霧がかかって霞むビル街やネオンなど、通常の夜景とはまた違った美しさが雨の夜にはあります。そんな雨に濡れる夜の大阪を映像化してみました。


YouTubeの動画ページへ

撮影場所は梅田北新地御堂筋道頓堀法善寺横丁新世界と、雨が良く似合う街並みを北から南へ順番に移動していく構成です。わずか1日での撮影は結構大変でしたが、たまにはこういった動画も趣向が違って新鮮かもしれません。

今回もPanasonic LUMIX GF2の実験を兼ねての撮影です。普通なら雨ガッパを着て三脚を立ててカメラに傘を差してという大がかりな装備が必要な雨天の撮影ですが、軽量なGF2なら片手に傘、片手にカメラという装備だけで撮影できます。そのおかげで雨の中の情景を自由に切り取ることができました。EOSと比べると高感度のノイズ耐性は厳しいのですが、機動力というメリットは非常に大きいと実感しました。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

1 2 3 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 通天閣・新世界

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top