大阪港・天保山

TOP > 夜景・夕景 > 大阪港・天保山

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

大阪築港 天保山ハーバービレッジの夜景

今回は久しぶりに大阪の夜景です。

大阪ベイエリアをテーマにした動画の素材準備をするため大阪港へやって来ました。昼間は大混雑する海遊館周辺も、夜になると人影はまばらで落ち着いて撮影することができます。まずは渡船に乗って対岸の桜島側へ。

天保山ハーバービレッジ 夜景 01
桜島渡船場から見た天保山ハーバービレッジの夕景。海遊館、天保山マーケットプレース、大観覧車の3点セットを撮影するには好都合なスポットです。

天保山ハーバービレッジ 夜景 02
天保山ハーバービレッジのエントランス。最近良く見かけるようになってきたミスト噴霧が行われていました。これだけでも体感温度はかなり変わります。

天保山ハーバービレッジ 夜景 03
天保山マーケットプレースの夜景。南港のATCと比べるとまだ活気があります。基本的に飲食店がここにしかないことと、海遊館の集客力の賜物だと思います。

天保山ハーバービレッジ 夜景 04
エントランス近くにある噴水のライトアップが綺麗です。

天保山ハーバービレッジ 夜景 05
海遊館天保山マーケットプレースの夜景。クリスマスシーズンは華やかなイルミネーションに包まれるこの場所も、普段はシンプルな夜景となります。

海遊館の夜景
海遊館の夜景。もはや定番すぎて語ることはないですね。手前のテントは炎天下での行列を避けるためのものです。テントは3階のチケット売り場まで続いています。

天保山大観覧車 夜景 01
天保山大観覧車の夜景。高さ112.5m、直径100mと完成当時は世界一の規模でした。記録は塗り替えられるもので、現在はシンガポール・フライヤー(高さ165m)が世界一となっています。30分おきに花火のようなイルミネーションが点灯します。

天保山大観覧車 夜景 02
間近から全体像を見ると迫力満点です。小さい子供からお年寄りまで誰もが楽しめる観覧車は本当に素晴らしいアトラクションだと思います。

天保山 明治天皇行幸記念碑
日本一低い山(4.53m)といわれている天保山の頂上です。山頂には1868年に明治天皇が日本初の観艦式を行った際の行幸記念碑が建っています。

天保山大橋とUSJ 夜景
天保山大橋USJの夜景。空まで届く光線はUSJの入り口にある地球(ユニバーサルグローブ)からのもの。ホテル群や主要アトラクションの外観も見えています。

クリスマスシーズン以外の天保山は久しぶりでした。サントリーミュージアムが2010年末に閉館してしまいましたが、周辺にはまだまだ活気があり全然大丈夫だと感じました。ただ現在は節電の影響か午後8時にはライトアップが消灯してしまうようです。電力事情はありますが、これはあまりにも早すぎるし寂しすぎます。どんな時でも最低限の街の彩りは必要だと思うのですが、どんなもんでしょうか。

大阪南港 シーサイドコスモ臨海緑地の夜景

大阪南港(咲洲)の玄関口、コスモスクエア駅のすぐ北側にシーサイドコスモと呼ばれる遊歩道があります。全長1.4kmにも及ぶ海辺の遊歩道には緑地が整備されていて、散策気分で大阪ベイエリアの風景を楽しむことができます。

大阪南港シーサイドコスモ 01
コスモスクエア駅近くから西方向を臨む。視線の先にはなにわの海の時空館。右奥には明石海峡大橋が見えています。

大阪南港シーサイドコスモ 02
天保山方面の夜景。左端にユニバーサルシティ天保山大橋を挟んで中央に海遊館天保山大観覧車、弁天町のビル群等も見えています。

大阪南港シーサイドコスモ 03
コスモスクエア駅方面の夜景。ベイサイドの静かな空気が流れていました。そのまま映画やドラマのロケにも使えそうな感じ。海辺のベンチにはムードがありますね。

大阪南港シーサイドコスモ 04
天保山の花火大会が行われていた時はよく見えるスポットでしたが無くなってしまったのが残念。大阪市中心部の明かりに照らされて遠くの空が本当に明るいです。

ローレルスクエア大阪ベイタワー 夜景
コスモスクエア駅前は地区の用途変更により高層マンションが多数建設されました。新しいものはどれも20階を越える大型マンションばかり。中央の一番高いマンションがローレルスクエア大阪ベイタワー(32階建て 高さ106m)です。

なにわの海の時空館とシーサイドコスモ 夜景
なにわの海の時空館とシーサイドコスモの夜景。夜の海に浮かぶ時空館のライトアップは本当に綺麗です。中に展示されている菱垣廻船の帆も見えていました。

コスモスクエア駅のデッキ 夜景
シーサイドコスモからコスモスクエア駅へと続くペデストリアンデッキ。中央には大阪府咲洲庁舎コスモタワー。コスモタワーへはここから歩いても近いです。

久しぶりに夜景写真での更新でした。冬場のベイエリアは寒くて撮影が大変なので、これからの季節はベイエリアも積極的に撮影したいと思っています。ベイエリアを舞台にした動画も1本つくりたいので、それと平行して進めていこうかなと考えています。

夜景動画 南港コスモタワー展望台からの大阪夜景

夜景動画シリーズ、南港コスモタワー展望台からの大阪夜景を公開しました。

現在、大阪府の第2庁舎(咲洲庁舎)となっているコスモタワー(旧大阪WTCビルディング)。55階の展望台(plat planet)からは360度全方向に渡って大阪湾岸の夜景を楽しむことができます。大阪市中心部を離れた場所から見られることや、地上256mという高さもあって眺望は本当に迫力があります。


YouTubeの動画ページへ

海辺の雰囲気を出したかったのでフェリータミナルやATC周辺の様子から始めました。エレベーターで昇って行く場面は時間の関係で2倍速になっています。このエレベーターは昇り一方通行の為、撮り直しができません。そのまま乗り続けて往復しても大丈夫なのかもしれませんが、そんな度胸はありませんでした…。

あと今回は実験的に超望遠撮影を多く取り入れてみました。梅田〜中之島周辺の様子や天保山大観覧車など、迫力のある絵が撮れたと思います。撮影条件はどんどんシビアになっていきますが、今後これをさらに発展させていきたいと思っています。

しばらく動画での更新が続いており、写真や再開発ニュース等の記事がなくて申し訳なく思っています。写真も動画も平行して撮影することは可能ですが、やはり集中して撮影するとなると動画だけで手一杯になってしまいます。記事が少ない分、内容の濃い動画を作っているつもりなので、もうしばらく見守ってやってください。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪南港 WTCコスモタワー(咲洲庁舎)からの夜景

今回はWTCコスモタワー(大阪府咲洲庁舎)からの夜景をご紹介します。

大阪の人には説明不要だと思いますが、WTCコスモタワーは大阪南港に建つ高さ256mの超高層ビルです。最近、大阪府が将来の府庁移転の為にビルを買取り、咲洲庁舎という名前になりました。WTCコスモタワーという名称が現状どうなっているのか良く分かりませんが、とりあえず元のまま表記しておこうと思います。

南港 WTCコスモタワー夜景
コスモスクエア駅から見たWTCコスモタワーの夜景。周りに建物があまり無いので、その高さが際立ちます。現在、東京都庁を抜いて日本一高い行政庁舎ということになります。一番上の赤い部分に展望台があります。

大阪ベイエリアの夕景 from WTC 01
南港コスモスクエアと大阪ベイエリアの夕景。市内の他の展望台とはやはりスケールが違うように感じます。さらに高い阿部野橋ターミナルビルの完成が楽しみです。

南港ポートタウン 夕景
堺方面の夕景。手前にはインテックス大阪南港ポートタウンが見えます。

大阪ベイエリアの夕景 from WTC 02
泉州方面の夕景。シャープの液晶工場が進出し活況を呈している大阪湾岸の工業地帯。右上の方には関西国際空港も見えています。

ミズノクリスタ俯瞰
ミズノクリスタ(ミズノ大阪本社)の俯瞰夜景。147mもある高層ビルなのですが、ここからだと完全に見下ろせてしまいます。

天保山ハーバービレッジの夜景 from WTC
天保山ハーバービレッジの夜景。海遊館と大観覧車のライトアップが綺麗です。

ユニバーサルシティの夜景 from WTC
USJの玄関口、ユニバーサルシティの夜景。USJのホテル群やドームの青いライトアップが見えます。有名なUSJの地球も小さいですが写ってます。

南港ATCの俯瞰夜景
アジア太平洋トレードセンター(ATC)の俯瞰夜景。とても幅の広い建物です。コスモフェリーターミナルが稼動を始め、大変便利になりました。

大阪・梅田の夜景 from WTC
大阪・梅田方面の夜景。高層ビル群と都市高速が織り成す夜景は大都市ならでは。まばゆい光の動きが都市の鼓動を感じさせます。

大阪・難波の夜景 from WTC
難波方面の夜景。市内でも難波〜心斎橋の繁華街は一際明るい光を放っています。

WTCコスモタワー展望台の様子
展望台の様子。展望目的に特化した展望台はやはり素晴らしいです。大阪では梅田スカイビルの空中庭園展望台と双璧をなすといった所です。窓際の良い位置にテーブルがあるので、夜景撮影の入門にもお勧めです。


残念なお知らせですが、またもや海外出張することになりました。一応ストック分の写真があるので更新は可能ですが、少しの間、新規の撮影ができなくなります。

決まってしまったことは仕方ないので、出張期間中にカメラとレンズをメンテナンスに出すことにしました。一眼レフのカメラ、レンズには個体差があって、正常に見えても厳密にテストすると微妙にピントがズレていることがあります。これをメーカーのサービスセンターに預けて微調整してもらうのです。保証期間外だと有料になりますが、これをやると見違えるほど写りが変わることもあります。

カメラは写真ブログの生命線ともいえる大事なパートナーですから、その機能に全幅の信頼をおいて撮影できるに越したことはありません。皆様により良い写真をお届けできるよう頑張りますので、今後とも応援宜しくお願いします。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪港・天保山

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top