大阪港・天保山

TOP > 夜景・夕景 > 大阪港・天保山

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

築港赤レンガ倉庫と親水護岸の夜景

大阪港の南側一帯には大正12年(1923年)に住友倉庫によって建設された赤レンガ倉庫群が建ち並びます。現在は大阪市によって活用策が検討されており、2013年度の公募によりクラシックカーミュージアムを中心とした集客拠点として整備されることが決定しました。2014年秋のオープンを予定しています。

築港 赤レンガ倉庫 夜景 01
現在の築港赤レンガ倉庫の様子。2000年には海岸通ギャラリーCASOがオープン。新施設の整備後はこの撮影場所が駐車場として使用されるようです。

築港 赤レンガ倉庫 夜景 02
右側が2階建ての旧200倉庫、左側が旧300倉庫です。おそらく旧200倉庫がカフェやレストラン、旧300倉庫がミュージアムや展示販売場になると思います。

築港 赤レンガ倉庫 夜景 03
現在、倉庫群の周囲はフェンスで覆われ非公開となっていますが、外観の一部がライトアップされており、かつての重厚な雰囲気を漂わせています。

築港 赤レンガ倉庫 親水護岸の夜景 01
赤レンガ倉庫の海側には安藤忠雄事務所設計の人工地盤と親水護岸が整備されました。再開発後には新たな賑わいが生まれるのではないかと思います。

築港 赤レンガ倉庫 親水護岸から港大橋の夜景
人工地盤から見る港大橋(阪神高速湾岸線)の夜景。

築港 赤レンガ倉庫 親水護岸の夜景 02
今は穴場的な夜景スポットですが、将来は人気のデートスポットになりそうです。

築港 赤レンガ倉庫 親水護岸から南港方面の夜景
南港コスモスクエア方面の夜景。

以上、築港赤レンガ倉庫の夜景でした。長年にわたって活用策を検討されてきたかつての産業遺産がようやく日の目を見ることになりそうで、新施設のオープンが今から非常に楽しみです。計画では天保山からのシャトルバスも運行されるそうで、天保山・築港エリアのポテンシャルがさらに発揮されるようになるのではと思います。

海遊館 ウィンターイルミネーション 2013-2014

大阪港の天保山ハーバービレッジで行われている、ちきゅうたいかんイルミネーション!の様子です。海遊館史上最大と銘打たれた今年は、巨大なシロナガスクジラをシンボルに、海をイメージしたブルー色のLEDで周辺を包み込んでいました。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 01
ペンギン達が出迎えてくれる氷山タワー。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 02
海底のプランクトンをイメージした街路樹のイルミネーションが続きます。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 03
海が波打つ様子をブルー&ホワイトのLEDで表現したシーストリートと、イベントのシンボルとなるシロナガスクジラの壁面イルミネーション。中々の迫力があります。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 04
壁面のシロナガスクジラはオレンジ色に変化したり、ピンクのスポットライトが入ったりと、シーストリートの波の動きと連動した光の演出を楽しめるようになっています。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 05
天保山大観覧とシーストリートのイルミネーション。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 06
海遊館エントランスのイルミネーション。階段の上にはジンベエザメのイルミネーションがあるようですが、海遊館に入場しないと撮影できないので今回はパスです。

海遊館 地球体感イルミネーション 2013 07
天保山マーケットプレース内のクリスマスツリー。

毎年のように個性的なイルミネーションを設置する海遊館ですが、今年も独特の世界を展開していました。この迫力は他では中々味わえないものだと思います。クリスマス以降も冬の間ずっと実施されますので、海遊館にお越しの際はぜひ御覧下さい。

開催日程など:大阪 クリスマス・イルミネーション情報

夜景動画 阪神高速 13号東大阪線〜4号湾岸線〜関西空港

夜景動画シリーズ、阪神高速 13号東大阪線〜4号湾岸線を公開しました。

阪神高速の中で1号環状線の次にリクエストの多かった4号湾岸線のドライブ夜景動画です。13号東大阪線の水走インターから大阪都心部を経由して16号大阪港線4号湾岸線を通り、関西国際空港第1ターミナルへと至る約60kmのルートです。14分少々と長めの動画になりますが、もしよろしければ御覧下さい。


YouTubeの動画ページへ

全体を通して映像の速度は3.5倍速、関空連絡橋以降のみ4倍速となっています。環状線の動画と同じく、走行地点を判りやすくするために出口インター等の名称を表示し、ジャンクションでは現地の分岐標識をできる限り再現しました。ドライブ前にルートや走行車線を確認するといった用途にも使って頂けると思います。

さすがに関空までとなると、EOS 6Dの連続撮影可能時間30分の制限内では収まらないので、途中で一旦高速道路を降りて乗り直すという面倒なことをやっています。制限のないLUMIX GF2を使うことも考慮しましたが、今回は画質を優先しました。
(泉大津本線料金所の場面を注意深く見ると映像の繋ぎ目が分かります)

※現在、6号大和川線工事のため三宝出口は閉鎖されていますが、将来に再開された場合を考慮して、映像内ではテロップを表示しています。予めご了承下さい。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

大阪の夜景コレクション 2013 Vol.3

開設10周年記念動画の元素材写真集、続きです。
ラストは動画の場面転換として使用した大阪都心東部とベイエリアの夜景です。

大阪歴史博物館 大阪城 夜景 2013 01
大阪歴史博物館から見た大阪城とOBPの夜景。過去と現在のランドマークが調和するこの構図が記念動画のオープニングを飾るのに最も相応しいと思いました。

大阪歴史博物館 夜景 2013 02
大阪歴史博物館から南西方向の夜景。大阪の官庁街である谷町四丁目駅周辺の高層ビル群は、あまり取り上げられることの少ない構図だと思います。

松下IMPビル 夜景 2013
京橋OBP、松下IMPビル(パノラマスカイレストランアサヒ)からの夜景。水都大阪のイメージとして大川と高層ビル群の入るカットが欲しかったので採用しました。

ホテル大阪ベイタワー 夜景 2013
弁天町、ホテル大阪ベイタワーから西方向の夜景。夜景の綺麗なホテルランキングで堂々全国第1位を獲得したこともある地上200mからの眺望はまさに絶景です。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 01
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから東方向の夜景。地上252mというビルの展望台としては圧倒的な高さからの眺望は、街並みがミニチュアに見えるほど大迫力です。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 02
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから天保山周辺の夜景。動画のラストを締めくくったカットです。観覧車の動きを微速度撮影で見ると高速回転しているように見えます。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 03
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから南方向の夜景。南港から堺〜泉州方面の海岸線が延々と続きます。眼下の南港ポートタウンはシムシティの街並みのようです。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 04
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから見た大阪都心の超高層ビル群。超望遠域での微速度撮影は、ほんの少しのブレも許されないシビアな撮影が要求されます。

大阪府咲洲庁舎コスモタワー 夜景 2013 05
大阪府咲洲庁舎コスモタワーから見た港大橋なみはや大橋の夜景。大正内港の様子も分かります。バックには難波方面の高層ビル群が広がっています。

ホテル京阪ユニバーサルタワー USJ夜景 2013 01
ホテル京阪ユニバーサルタワーから見たUSJの夜景。美しいパークの街並み、稼働するアトラクションの様子や人の流れが見えて意外と面白いカットになりました。

ホテル京阪ユニバーサルタワー 夜景 2013 02
ホテル京阪ユニバーサルタワーから見た天保山〜南港方面の夜景。天保山大橋を見るたびに常時ライトアップして欲しいなぁと感じています。USJパーク内からの景観に配慮しているのかもしれませんが、夜景好きとしてはぜひやって欲しいです。

以上、動画で使用したほぼ全てのカットを3回に分けて紹介しました。正直、これをやってしまうと今後しばらく書くネタが無くなってしまいそうな予感がしますが、2013年現在の大阪夜景をまとめるという意図もあって記事にしてみました。今回は開業前のグランフロント大阪を外したので、またいつか改めて更新版を作ろうと思っています。

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪港・天保山

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top