大阪その他

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルからの夜景

今回は箕面山の麓に建つ箕面観光ホテルからの夜景をご紹介します。

関西人には箕面温泉スパーガーデンと言った方が分かりやすいかもしれません。2012年に実質経営破綻しましたが、現在は大江戸温泉物語をスポンサーとしてリニューアルされ、昔のように歌謡ショーや大衆演劇も上演されています。

箕面大滝 2014年7月
箕面といえばもちろん箕面大滝。滝周辺は夏場でも涼しくて良いです。

箕面観光ホテルからの夜景 01
連絡橋からホテル館内へと続くスペースが展望台のようになっています。後で調べるとサンセットヒル展望台という名称が付いているようです。

箕面観光ホテルからの夜景 02
箕面市街〜大阪都心方面の夜景。駅から徒歩で行ける山夜景のスポットという点では東大阪の上石切第二公園と双璧をなすかもしれません。

箕面観光ホテルからの夜景 03
かつて箕面駅方面とホテルは箕面鋼索鉄道線という無料のケーブルカーで結ばれていましたが、現在はこの展望エレベーターがその役割を担っています。

箕面観光ホテルからの夜景 04
展望エレベーターとホテルを結ぶ連絡橋内部のイルミネーション。

箕面観光ホテルからの夜景 05
こちらはホテル館内からの夜景。ある程度の標高があるので中々の眺望です。

箕面観光ホテルからの夜景 06
阪急箕面駅周辺の夜景。遠くにはあべのハルカスも。

展望台には施設利用者以外も入ることはできるようですが、連絡橋には100円の通行料が必要です。駅からも近く穴場的な夜景スポットだと思いますので、興味のある方はぜひ訪れてみてください。宿泊の価格もお手頃なので、家族でゆったりと日頃の疲れを癒やすのも良いと思います。もちろん日帰りの温泉利用も可能です。

夜景動画 交野山 観音岩からの大阪夜景

夜景動画シリーズ、交野山 観音岩からの大阪夜景を公開しました。

交野市の北東部に聳える交野山(標高341m)から見た大阪夜景の動画バージョンです。山頂から突き出すように鎮座する古代遺跡(観音岩)の様子と、その上から眺める交野〜枚方方面の夜景を収録しました。夏場なので遠方の見通しは今一つでしたが、大まかな雰囲気は伝わるのではないかと思います。


YouTubeの動画ページへ

観音岩に辿り着くには、やや険しいハイキングコースを登る必要があります。標高はそれほど高くありませんが、大阪〜京都市街にまで及ぶ視界の広さは特筆すべきもので、また古代の岩場というその特殊性もあって、一度は見ておきたい夜景スポットの一つに挙げられると思います。機会があればぜひ訪れてみて下さい。

交野山 観音岩へのアクセス方法(参考ルート)

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

交野山 観音岩からの大阪夜景

今回は交野市の交野山(こうのさん)からの夜景です。標高341mの山頂に観音岩と呼ばれる巨大な岩があり、その上から大阪〜京都にかけての大パノラマが楽しめる絶景スポットとして有名です。夜間のアクセスが困難なのにも関わらず訪れる人が絶えないという点で、なるかわ園地のぼくらの広場と良く似ています。

交野山 観音岩 01
交野山、山頂の様子。左に見えるのが観音岩です。

交野山 観音岩 02
観音岩の側には交野山古代岩座阯という碑が立っています。

交野山 観音岩 03
岩の表面を見ると様々な文字が刻まれています。交野山が七夕伝説の発祥と言われる機物神社の奥宮であり、修行の地であったことを偲ばせます。

交野山 観音岩 04
それでは観音岩に登っていきましょう。最初は少し度胸が要ります。

交野山 観音岩 05
観音岩の先端。この先は完全に絶壁となっており、落ちたら大変なことになると思います。景色を見るだけならまだしも、写真を撮るのは正直かなり怖いです。

交野山 観音岩からの夜景 大阪方面
大阪市内方面の夜景。この写真の範囲で全景の4分の1程度。

交野山 観音岩からの夜景 交野市街
交野市街地。2010年に開通した第二京阪道路が夜景のアクセントになっています。手前に見えるグラウンドやドームは交野市の総合体育施設、いきいきランド交野

交野山 観音岩からの夜景 枚方方面 01
交野市北部〜枚方方面の夜景。

交野山 観音岩からの夜景 枚方方面 02
枚方〜高槻方面の夜景。

交野山 観音岩からの夜景 大阪市中心部
大阪市中心部を超望遠撮影。

交野山 観音岩からの夜景 あべのハルカス
あべのハルカスはどこからでも確認できます。

交野山 観音岩からの夜景 京都方面
京都市街。白く輝く京都タワーが見えます。

アクセス方法は昼間の場合、府道7号(枚方大和郡山線)沿いのいきものふれあいの里駐車場からハイキングコースを20分程度登るのが最短ルート。駐車場は午後4時15分に閉門するので、夜間はその手前あたりの道幅が広い場所に駐車するしかありません。府道7号はあまり道が良くないので運転にはご注意下さい。

地図を見ると交野カントリークラブまで行きたくなりますが、周辺道路は私道のため一般車両通行禁止となっています。ハイキングコースには案内板があり、良く整備されているので特に問題はありません。ただし山頂付近にハシゴのような階段を登る場所がありますので、運動靴の着用を推奨。もちろん夜間は懐中電灯が必須です。

交野山 観音岩へのアクセス方法(参考ルート)

茨木市 竜王山展望台からの大阪夜景

おかげさまで、以前から進行していた大阪 at Nightの書籍を今年中頃に出版できる見通しとなりました。大阪の夜景に特化したガイドブック&写真集は日本初ということで、出版社側としてもかなり挑戦的な企画のようです。サイトの内容や写真の品質、アクセス数などを考慮して、世に出す価値があると判断されたのだと思います。

現在、スポットの選定と写真撮影を進めている真っ最中のため、今年前半はブログや動画の更新がほとんどできなくなると思います。その分、多くの方々に大阪の魅力を再発見して頂けるような本を出せるように頑張りますので、何卒宜しくお願いします。


さて今回は茨木市北部、北摂山系の竜王山(標高510m)からの夜景です。竜王山は山麓に忍頂寺、山頂付近に宝池寺を抱える北摂屈指の霊峰として崇拝されてきました。アクセスはやや困難ですが山頂からは大阪平野を一望することができます。

茨木市 竜王山展望台 01
竜王山の山頂付近にある木造の展望台。

茨木市 竜王山展望台 02
展望台の様子。ハイキングではここでお弁当を食べると気持ちよさそうです。

竜王山展望台からの夕景
明るいうちはモヤがかっていて遠くまで見通せなかったのですが、日が落ちてしばらく経つと街明かりが浮かび上がり良い雰囲気になってきました。

竜王山展望台からの夜景
竜王山からの夜景。大阪平野は光量が凄いです。左奥には生駒山が見えます。

竜王山展望台 茨木市街 夜景
茨木市中心部の夜景。視線の先は摂津市、淀川を越えると守口市です。

竜王山展望台 府道46号 桑原大橋 夜景
東西に名神高速道路。手前は府道46号茨木亀岡線、安威川に掛かる桑原大橋

竜王山展望台 生駒山方面 夜景
生駒山方面をクローズアップ。手前は寝屋川市〜四條畷市の辺りでしょうか。

竜王山展望台 大阪都心部 夜景
大阪市中心部の高層ビル群。

竜王山展望台 あべのハルカス 夜景
中央にあべのハルカス、その両サイドに大阪城通天閣、右下に太陽の塔の背中という大阪のランドマークを一同に集めた面白い構図になりました。

アクセス方法は、忍頂寺小学校前から林道竜王山線を経由して宝池寺の手前まで車で登ることができます。そこから徒歩で宝池寺の境内を抜け、5〜10分くらい登れば到着です。登山道はほぼ一本道なので迷う心配はありません。案内板の車作方面と書いてある方向へ進めばOKです。林道竜王山線はかなり細いので大型車は通行が難しいかもしれません。また日没後は懐中電灯が必要ですのでご注意下さい。

竜王山展望台へのアクセス方法(参考ルート)

<< 新しい記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP > 夜景・夕景 > 大阪その他

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top